ジム・コンスタンティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジム・コンスタンティー
Jim Konstanty
基本情報
出身地 Flag of the United States.svgニューヨーク州ストライカーズヴィル
生年月日 1917年3月2日
没年月日 1976年6月11日(満59歳没)
身長
体重
6' 1.5" =約186.7 cm
202 lb =約91.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1944年6月18日
最終出場 1956年9月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジム・コンスタンティー(Casimir James "Jim" Konstanty、1917年3月2日 - 1976年6月11日)はアメリカニューヨーク州ストライカーズヴィル出身の野球選手投手、右投げ右打ち)。"Whiz Kids"と呼ばれた1950年のフィラデルフィア・フィリーズ救援投手として活躍し、同年ナショナルリーグ最優秀選手となった。

来歴・人物[編集]

シラキュース大学で学士号を取得した後、コンスタンティーはニューヨークのセントレジス・フォールズで体育の教官をしていたが、その後シンシナティ・レッズと契約して1944年にメジャーにデビューする。同年先発として6勝4敗の成績を残したが、1947年まではほとんどマイナーリーグで過ごしていた。1948年、31歳になってフィラデルフィア・フィリーズに移籍し、リリーフを専門でこなす投手となってから、ようやくメジャーに定着するようになった。

鋭いスライダーとチェンジアップを武器に1949年に9勝7セーブ、3.25の成績を残し、翌1950年にはリーグ最多となる74試合に登板し16勝7敗と22セーブ、防御率2.66を記録、この年のフィリーズのリーグ優勝に大きく貢献する。この年コンスタンティーはナショナルリーグの最優秀選手だけでなく、AP通信のアスリート・オブ・ザ・イヤーや、スポーティングニューズ紙のピッチャー・オブ・ザ・イヤー等の表彰を受けた。

しかし翌年はその反動からか4勝11敗9セーブと不振に陥り、1953年には再び先発投手となり14勝を挙げている。このときはすでに36歳になっていた。翌1954年シーズン中にフィリーズから放出され、ヤンキース、カージナルスに在籍し1956年に現役を引退した。

1976年にニューヨーク州オニオンタで死去。

通算成績[編集]

投手成績[編集]























防御率
433 36 945.2 66 2 48 74 268 957 88 269 5 8 364 3.46

獲得タイトル・記録[編集]

  • ナショナルリーグ最優秀選手:1950年
  • ナショナルリーグ最多セーブ:1950年
  • オールスターゲーム選出:1950年
  • ワールドシリーズ出場:1回(1950年)

打撃成績[編集]

  • 通算:433試合、202打数33安打、本塁打0、打点14、打率.163

出典・外部リンク[編集]