ジム・オルーク (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジム・オルーク
Jim O'Rourke
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コネチカット州ブリッジポート
生年月日 1850年9月1日
没年月日 1919年1月8日(満68歳没)
身長
体重
5' 8" =約172.7 cm
188 lb =約85.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 左翼手
初出場 1872年4月26日
最終出場 1904年9月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1945年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ジム・オルーク(James Henry O'Rourke, 1850年9月1日 - 1919年1月8日)は、19世紀のアメリカメジャーリーグの野球選手及び監督。主なポジションは左翼手。ほかすべてのポジションをこなしている。コネチカット州生まれ。右投げ右打ち。ニックネームは"Orator Jim"(弁士のジム)。

略歴[編集]

1872年からナショナル・アソシエーションのミドルタウンで野球を始める。1876年ナショナルリーグが創設されると、所属チームのボストンはリーグを移籍、オルークはナショナルリーグで最初の安打を記録した打者となった。

現役選手としての実働は1893年までの22年間で、それまでに2600安打以上を放つ(当時は現在よりも投手-本塁間の距離が短かった)。現役当時に遠投で365フィート(約111.2m)を投げることができたという(特筆すべきは、当時の野球のボールはまだコルク芯のない飛ばないボールだった事である)。

1894年以降はマイナーリーグでプレーしていたが、1904年に友人であったジョン・マグローの誘いで1試合だけナショナルリーグの試合に出場する機会を得る。最後にメジャーリーグの試合に出場したのは1904年9月22日だった。当時既にオルークは54歳だったが、その試合では4打数1安打1得点を記録している。同年現役を引退。その後はマイナーリーグのコネチカット・リーグの代表を務めていた。

1919年、69歳で他界。1945年、ベテランズ委員会がアメリカ野球殿堂入り選手に選出した。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は不明箇所があることを示す。

































O
P
S
1999 8503 2639 468 150 62 1729 1208 191* 360* 510 36* -- .310 .423 .352 .775

獲得タイトル・記録[編集]

  • 最多本塁打:3回 (1874,1875,1880年)
  • 最多安打:1回(1884年)
  • 最多得点:1回(1877年)
  • リーグ優勝:9回(1872-1875,1877,1878,1887-1889年)
  • ナショナルリーグ史上、最初の安打を記録した(1876年4月22日)。

監督としての戦績[編集]

※順位は年度最終順位



















1881 BUF NL 83 45 38 .542 3位 選手兼任
1882 84 45 39 .536 3位
1883 98 52 45 .536 5位
1884 115 64 47 .577 3位
1893 WHS1 130 40 89 .310 12位
通算成績 510 246 258 .488

出典・外部リンク[編集]