2001年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2001年の
ナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
アリゾナ・ダイヤモンドバックス 4
アトランタ・ブレーブス 1
シリーズ情報
試合日程 10月16日 - 10月21日
MVP クレイグ・カウンセル(ARI)
NLDS ARI 3-0 HOU
ATL 3-2 STL
チーム情報
アリゾナ・ダイヤモンドバックス(ARI)
監督 ボブ・ブレンリー
シーズン成績 92勝70敗(西地区優勝)
アトランタ・ブレーブス(ATL)
監督 ボビー・コックス
シーズン成績 88勝74敗(東地区優勝)

 < 2000
NLCS
2001

2002 > 

 < 2000
ALCS
2001

2002 > 
2001ワールドシリーズ

2001年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ2001 National League Championship Series, NLCS)は、2001年10月16日から10月21日まで行われたMLBナショナルリーグリーグチャンピオンシップシリーズである。

概要[編集]

2001年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズは西地区優勝のアリゾナ・ダイヤモンドバックスと、東地区優勝のアトランタ・ブレーブスとの対戦となった。結果は、4勝1敗でアリゾナ・ダイヤモンドバックスが初のリーグ優勝。ワールドシリーズへ進出した。

MVPは打率.381、8安打、4打点の成績を残したクレイグ・カウンセルが受賞した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1試合 10月16日[編集]

アリゾナ州フェニックス - バンク・ワン・ボールパーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブレーブス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
ダイヤモンドバックス 1 0 0 0 1 0 0 0 X 2 8 0
  1. : ランディ・ジョンソン (1-0)  : グレッグ・マダックス (0-1)  
  2. 観客動員数: 37,729人 試合時間: 2時間44分

第2試合 10月17日[編集]

アリゾナ州フェニックス - バンク・ワン・ボールパーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブレーブス 1 0 0 0 0 0 2 5 0 8 8 0
ダイヤモンドバックス 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5 1
  1. : トム・グラビン (1-0)  : ミゲル・バティスタ (0-1)  
  2. :  ATL – マーカス・ジャイルズ (1) B.J.サーホフ (1) ハビー・ロペス (1)
  3. 観客動員数: 49,334人 試合時間: 2時間54分

第3試合 10月19日[編集]

ジョージア州アトランタ - ターナー・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ダイヤモンドバックス 0 0 2 0 3 0 0 0 0 5 9 1
ブレーブス 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 4 1
  1. : カート・シリング (1-0)  : ジョン・バーケット (0-1)  
  2. 観客動員数: 41,624人 試合時間: 2時間59分

第4試合 10月20日[編集]

ジョージア州アトランタ - ターナー・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ダイヤモンドバックス 0 0 4 2 0 0 0 1 4 11 12 0
ブレーブス 1 1 0 0 0 0 1 1 0 4 13 4
  1. : ブライアン・アンダーソン (1-0)  : グレッグ・マダックス (0-2)  S: 金炳賢 (1)  
  2. :  ARI – ルイス・ゴンザレス (1)  ATL – アンドリュー・ジョーンズ (1)
  3. 観客動員数: 42,291人 試合時間: 3時間47分

第5試合 10月21日[編集]

ジョージア州アトランタ - ターナー・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ダイヤモンドバックス 0 0 0 1 2 0 0 0 0 3 6 1
ブレーブス 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 7 1
  1. : ランディ・ジョンソン (2-0)  : トム・グラビン (1-1)  S: 金炳賢 (2)  
  2. :  ARI – エルビエル・デュラーゾ (1)  ATL – フリオ・フランコ (1)
  3. 観客動員数: 35,652人 試合時間: 3時間13分

参考文献[編集]