マーカス・ジャイルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーカス・ジャイルズ
Marcus Giles
MarcusGiles.JPG
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンディエゴ
生年月日 1978年5月18日(36歳)
身長
体重
5' 8" =約172.7 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1997年 ドラフト53位(全体1511位)
初出場 2001年5月10日
最終出場 2007年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マーカス・ウィリアム・ジャイルズMarcus William Giles , 1978年5月18日 - )は、元MLB二塁手。右投右打。カリフォルニア州サンディエゴ出身。

経歴[編集]

1996年アトランタ・ブレーブスから53巡目(全体1511位)でドラフト指名を受け、1997年5月26日契約成立。

1998年、A級で135試合打率.329 ・ 37本塁打 ・ 108打点出塁率.425 ・ OPS 1.061 ・ 12盗塁と言うハイレベルな数字を叩き出し、サウスアトランティック・リーグMVPに輝く。

1999年、A+で126試合 ・ 打率.326 ・ 出塁率392 ・ OPS.905と好調を維持し、カロライナ・リーグのMVPに輝く。

2000年、AAに昇格。132試合 ・ 打率.290 ・ 17本塁打 ・ 出塁率.387 ・ 25盗塁をマークしサザン・リーグのオールスターに出場するなど、着実に成長を遂げる。

2001年5月10日にメジャー・デビュー。

2003年打率3割1分6厘、球団新記録の49二塁打MLBオールスターゲームに選出された。

2006年は、前年オフにそれまで1・2番、二遊間コンビを組んできたラファエル・ファーカルロサンゼルス・ドジャースに移籍したため、新たにリードオフマンに抜擢された。ピート・オーアマーティン・プラドの台頭もあり、同年オフ、兄のブライアン・ジャイルズが所属するサンディエゴ・パドレスFA移籍。

2007年は正二塁手として期待されていたが、開幕からスランプに陥り、わずか1年で解雇された。同年オフ、松井稼頭央がFAとなり、二塁手が手薄となったコロラド・ロッキーズとマイナー契約。しかし2008年シーズン開幕前に解雇されメジャー入りを果たすことはできずにフリーエージェントとなった。

2009年1月6日、フィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約。しかし、3月30日に解雇される。

選手としての特徴[編集]

ブレーブス時代は、ラファエル・ファーカルと二遊間、1・2番コンビを組んでいた。 二塁手以外に三塁手での出場経験がある。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2001 ATL 68 273 244 36 64 10 2 9 105 31 2 5 1 0 28 0 0 37 8 .262 .338 .430 .768
2002 68 242 213 27 49 10 1 8 85 23 1 1 1 1 25 3 2 41 5 .230 .315 .399 .714
2003 145 635 551 101 174 49 2 21 290 69 14 4 10 4 59 2 11 80 7 .316 .390 .526 .916
2004 102 434 379 61 118 22 2 8 168 48 17 4 3 7 36 0 9 70 6 .311 .378 .443 .821
2005 152 654 577 104 168 45 4 15 266 63 16 3 4 4 64 1 5 108 14 .291 .365 .461 .826
2006 141 626 550 87 144 32 2 11 213 60 10 5 5 3 62 0 6 105 12 .262 .341 .387 .728
2007 SD 116 476 420 52 96 19 3 4 133 39 10 3 6 3 44 0 3 82 10 .229 .304 .317 .621
通算:7年 792 3340 2934 468 813 187 16 76 1260 333 70 25 30 22 318 6 36 523 62 .277 .353 .429 .782
  • 2008年度シーズン終了時

外部リンク[編集]