ジョン・シャーホルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ジョン・シュアーホルツ
ジョン・シャーホルツ
John Schuerholz
アトランタ・ブレーブス
John Schuerholz 2010 CROPPED.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 メリーランド州ボルチモア
生年月日 (1940-10-01) 1940年10月1日(77歳)
選手情報
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
GM歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2017年
得票率 100.0%
選出方法 ベテランズ委員会選出

ジョン・シャーホルツ (John Schuerholz 1940年10月1日 - ) はメジャーリーグベースボールアトランタ・ブレーブスの球団社長。以前はカンザスシティ・ロイヤルズブレーブスの元ゼネラルマネージャーで両チームの世界一に貢献。ボルチモア出身。

経歴[編集]

1940年ボルチモアに生まれる。

1966年ボルチモア・オリオールズでキャリアを始める。1969年にエクスパンションでカンザスシティ・ロイヤルズが誕生し、シャーホルツはロイヤルズで働くこととなった。 1981年のオフシーズンにシャーホルツはロイヤルズGMに就任。当時最年少GMだった。シャーホルツはマイナーを強化し、ブレット・セイバーヘーゲンバド・ブラックダニー・ジャクソンデビッド・コーンマーク・グビザらが短期間で成長して戦力となった。1985年には念願の世界一に輝いた。

1990年、ロイヤルズを離れ、ブレーブスのGMに就任。ボビー・コックスの監督復帰、トム・グラビンジョン・スモルツの台頭、テリー・ペンドルトンの獲得により1991年に33年ぶりのリーグ優勝を果たすがワールドシリーズで激戦の末ツインズに敗北。翌1992年もリーグ優勝で2連覇を果たすも、再びワールドシリーズブルージェイズに敗れる。

世界一を目指し、オフにカブスからサイ・ヤング賞投手グレッグ・マダックスを獲得。投手陣をさらに強化、シーズン中にフレッド・マグリフをトレードで獲得するも1993年はリーグチャンピオンシップシリーズでフィリーズに敗れる。1994年はストライキがあったが、1995年チッパー・ジョーンズの活躍もあり、2年ぶりのリーグ優勝を達成、さらにワールドシリーズインディアンスを破り、38年ぶりの世界一に輝いた。

2007年でGMを辞し、球団社長に就任。

2016年、ブレーブス殿堂入りを果たす。

2017年アメリカ野球殿堂ベテランズ委員会により得票率100%で殿堂入りを果たす。

GM時代の実績[編集]

カンザスシティ・ロイヤルズ時代

  • 地区優勝3回、リーグ優勝1回、世界一1回

アトランタ・ブレーブス時代

  • 地区優勝14回、リーグ優勝5回、世界一1回

出典・外部リンク[編集]