デルモン・ヤング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デルモン・ヤング
Delmon Young
フリーエージェント
Young on September 13, 2014.jpg
ボルチモア・オリオールズ時代
(2014年9月13日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州モンゴメリー
生年月日 1985年9月14日(29歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2003年 ドラフト1巡目(全体1位)でタンパベイ・デビルレイズから指名
初出場 2006年8月29日 シカゴ・ホワイトソックス
年俸 $750,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デルモン・ダマルカス・ヤングDelmon Damarcus Young, 1985年9月14日 - )はアメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリー出身のプロ野球選手外野手)。現在はフリーエージェント

実兄は同じく元プロ野球選手のドミトリー・ヤング。父のラリー・ヤングは、アフリカ系アメリカ人最初のF-14戦闘機操縦士の一人で、現在はデルタ航空でパイロットをしている。

経歴[編集]

デビルレイズ時代[編集]

2003年、MLBドラフト1巡目(全体1位)でタンパベイ・デビルレイズから指名され、9月8日に総額625万ドルの5年契約を結んだ[2]

2004年3月11日にA級チャールストン・リバードッグスへ異動。A級では131試合に出場し、打率.320、本塁打25本、打点116の好成績を記録した。

2005年3月16日にAA級モンゴメリー・ビスケッツへ異動し、AA級で開幕を迎えた。84試合に出場し、20本塁打71打点25盗塁、打率.336と活躍。7月にAAA級ダーラム・ブルズへ昇格した。AAA級では6本塁打28打点7盗塁、打率.285だった。オフにベースボール・アメリカが選出するマイナーリーグの最優秀選手に選ばれた[3]

2006年3月16日にAAA級ダーラムへ異動し、AAA級で開幕を迎えたが、4月26日に行われたポータケット・レッドソックス戦で、球審の三振判定に不服を述べバッターボックスに居座ったため、退場宣告を受けるが、帰り際に投げつけたバットが球審に命中する。幸い球審にケガは無かった。翌日ヤングは代理人を通じて謝罪し、当てるつもりはなかったとも伝えたが、インターナショナルリーグから50試合の無給出場停止処分を受ける。処分に対して不服申し立てをする選択肢もあったがせず、裁定に服した。AAA級では86試合に出場し、8本塁打59打点22盗塁、打率.316だった。8月28日にジョニー・ゴームスが故障者リスト入りしたためメジャーへ昇格し[4]、8月29日のシカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビュー。8番・右翼として先発起用され、初打席は死球だったが、6回表1死一塁の場面で迎えた3打席目にフレディ・ガルシアからメジャー圧安打初本塁打となる、2点本塁打を放った。この日は3打数2安打(1本塁打)2打点1死球だった[5]。その後はゴームスが手術で長期離脱したこともあり、シーズン終盤まで右翼手として先発に固定され、この年は30試合に出場。3本塁打10打点2盗塁、打率.317だった。

2007年は前年まで正右翼手だったデーモン・ホリンズが退団したため、正右翼手に抜擢。全162試合に出場し、13本塁打93打点10盗塁、打率.288だった。しかし併殺打はリーグ最多の23本を記録した。新人王投票ではダスティン・ペドロイアに次ぐ2位だった。

ツインズ時代[編集]

2007年11月28日マット・ガーザジェイソン・バートレットエディ・モーランとのトレードでブレンダン・ハリスジェイソン・プライディと共にミネソタ・ツインズへ移籍した[6]

2008年は前年まで指名打者として出場していたジェイソン・タイナーが移籍し、左翼手のジェイソン・クベルが指名打者として起用されたため、ヤングは左翼手に転向した。この年は152試合に出場し、10本塁打69打点14盗塁、打率.290だった。

2009年2月12日にツインズと115万ドル2000ドルの1年契約に合意[7]。この年は忌引リスト入りなど欠場が増え、108試合の出場にとどまり、12本塁打60打点2盗塁、打率.284だった。

2010年1月19日にツインズと260万ドルの1年契約に合意[8][9]。この年は153試合に出場し、自己最高となる21本塁打112打点、打率.284を記録。

2011年2月16日にツインズと537万5000ドルの1年契約に合意[10]。開幕後は16試合に出場していたが、4月27日に胸郭の故障で15日間の故障者リスト入りした[11]。5月13日に復帰した[12]が、6月25日に右足首の故障で再び15日間の故障者リスト入りした[13]。7月10日に復帰[14]。ツインズでは84試合に出場し、4本塁打32打点1盗塁、打率.266だった。

タイガース時代[編集]

2011年8月15日にコール・ネルソン、後日発表選手[15]とのトレードでデトロイト・タイガースへ移籍[16]。移籍後は正左翼手のブレナン・ボッシュが故障で離脱していたため、左翼の定位置を獲得。タイガースでは40試合に出場し、8本塁打32打点、打率.274だった。

2012年1月17日にタイガースと672万5000ドルの1年契約に合意[17][18]。開幕前に指名打者のビクター・マルティネスが故障で長期離脱することが決まり、開幕後は指名打者兼左翼手として起用された。4月26日にニューヨーク・ヤンキース戦のため、ニューヨーク州マンハッタンヒルトンホテルへ移動したが、4月27日の早朝にホテル前で「悪質な嫌がらせ」を行った[19]として逮捕され、同日の夕方に保釈金5000ドルを支払い保釈が許可された。4月28日にタイガースはヤングの制限リスト入りを決定し、4月30日にMLB機構から7試合の出場停止処分を受けた[20]。5月4日に制限リストから外れた[21]。5月29日に事実審理前の証言録取のため、マンハッタンの裁判所に出廷[22]。同日のボストン・レッドソックス戦には出場している。この年は151試合に出場し、18本塁打74打点、打率.267だった。プレーオフのロースターにも加わり、ヤンキースとのアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズでは2本塁打6打点、打率.353を記録し、シリーズMVPを獲得[23]。オフの10月29日にFAとなった。ヤングは再契約を望んでいたが、タイガースはドラフト指名権を重要視し、1330万ドルのクオリファイング・オファーを提示せず[24]、デーブ・ドンブロウスキーGMも「来季はビクター・マルティネスが故障から復帰するため、ヤングが指名打者として出場することは厳しい」と話している[25]。11月7日の裁判で有罪判決となり、ニューヨークのミュージアム・オブ・トレランスで10日間の社会奉仕を命じられた[26]。11月10日に右足首の手術を受けた[27]

フィリーズ時代[編集]

2013年1月22日にフィラデルフィア・フィリーズと75万ドル+出来高[28]の1年契約を結んだ[29]。犯罪行為や過去の素行不良などが影響し、前年の年俸から600万5000ドル減の契約となった。フィリーズの外野手はメジャー4年目のドモニク・ブラウン、同じく4年目のベン・リビア、5年目のジョン・メイベリー・ジュニアと比較的若い選手が在籍しており、ルーベン・アマロ・ジュニアGMは「経験が豊富なデルモンが外野の競争に加わることで、経験の浅い選手に良い影響を与えるだろう」と話している[30]。前年11月に行った右足首の手術後はスプリング・トレーニングには間に合うと予想されていたが、スプリング・トレーニング前にヤングは「右足首の調子は良いが、私は医者ではないので開幕に間に合うかはわからない」と話し[31]、結局スプリング・トレーニングには参加せず、3月27日に15日間の故障者リスト入りした[32]。リハビリでA+級クリアウォーター・スレッシャーズに異動し3試合に出場後、4月24日にAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスへ昇格。4月30日に故障者リストから復帰し[33]、同日のクリーブランド・インディアンス戦で移籍後初打席にザック・マカリスターから本塁打を放つなど[34]、好調なスタートを切った。その後は主に右翼手や指名打者として起用されていたが、80試合の出場で、8本塁打31打点、打率.261と落ち込み、8月9日にDFAとなり[35]、8月14日にヤングがマイナー契約を拒否したため、放出された[36]

レイズ復帰[編集]

2013年8月22日に古巣・レイズとマイナー契約を結んだ[37]。移籍後はAA級モンゴメリー・ビスケッツで7試合に出場し、1本塁打3打点、打率.233だった。9月1日にレイズとメジャー契約を結んだ[38]。昇格後は主に指名打者や代打として起用され、23試合に出場。3本塁打7打点、打率.258だった。オフの10月31日にFAとなった。FA前にヤングは「チームのオフシーズンの計画はわからないが、来年もレイズに戻りたい」と話していた[39]が、レイズは当時外野手がロースターに5人在籍しており、一塁手のバックアップを必要としていたため、構想外となった。

オリオールズ時代[編集]

2014年1月13日にボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ[40]。メジャーへ昇格した際は、100万ドル+出来高75万ドルの契約となる[41]。スプリング・トレーニングでは17試合の出場で、1本塁打5打点、打率.298と結果を残し、3月30日にオリオールズとメジャー契約を結んだ[42]。開幕後は主に指名打者として起用されたが、オリオールズには指名打者兼左翼手のネルソン・クルーズが在籍していたため、83試合の出場にとどまり、7本塁打30打点2盗塁、打率.302だった。オフの10月30日にFAとなった。

2015年1月9日にオリオールズと225万ドル+出来高[43]の1年契約で再契約した[44][45]。7月1日にDFAとなり[46]、9日に自由契約となる。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 TB 30 131 126 16 40 9 1 3 60 10 2 2 0 1 1 0 3 24 0 .317 .336 .476 .812
2007 162 681 645 65 186 38 0 13 263 93 10 3 0 7 26 2 3 127 23 .288 .316 .408 .723
2008 MIN 152 623 575 80 167 28 4 10 233 69 14 5 1 5 35 7 7 105 19 .290 .336 .405 .741
2009 108 416 395 50 112 16 2 12 168 60 2 5 0 5 12 1 4 92 17 .284 .308 .425 .733
2010 153 613 570 77 170 46 1 21 281 112 5 4 0 9 28 5 6 81 16 .298 .333 .493 .826
2011 84 325 305 26 81 16 0 4 109 32 1 0 0 2 18 2 0 55 12 .266 .305 .357 .662
DET 40 178 168 28 46 5 1 8 77 32 0 0 0 3 5 0 2 30 7 .274 .298 .458 .756
'11計 124 503 473 54 127 21 1 12 186 64 1 0 0 5 23 2 2 85 19 .268 .302 .393 .695
2012 151 608 574 54 153 27 1 18 236 74 0 2 0 7 20 1 7 112 20 .267 .296 .411 .707
2013 PHI 80 291 272 22 71 13 0 8 108 31 0 0 0 2 14 0 3 69 7 .261 .302 .397 .699
TB 23 70 62 8 16 3 0 3 28 7 0 0 0 1 6 0 1 9 1 .258 .329 .452 .780
'13計 103 361 334 30 87 16 0 11 136 38 0 0 0 3 20 0 4 78 8 .260 .307 .407 .715
通算:8年 983 3936 3692 426 1042 201 10 100 1563 520 34 21 1 42 165 18 36 704 122 .282 .316 .423 .739
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 26 (2006年 - 同年途中, 2007年 - 同年途中)
  • 35 (2006年途中 - 同年終了, 2007年途中 - 同年終了)
  • 21 (2008年 - 2012年)
  • 3 (2013年 - 同年途中)
  • 15 (2013年途中 - 同年終了)
  • 27 (2014年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ Delmon Young Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2014年1月13日閲覧。
  2. ^ Outfielder's 5-year deal worth $6.25M”. ESPN MLB (2003年9月9日). 2014年12月25日閲覧。
  3. ^ 2005 Minor League Player Of The Year: Delmon Young”. Baseball America (2005年9月12日). 2014年12月25日閲覧。
  4. ^ Gomes to have season-ending surgery”. MLB.com Devil Rays Press Release (2006年8月28日). 2014年12月25日閲覧。
  5. ^ Scores for Aug 29, 2006”. ESPN MLB (2006年8月29日). 2014年12月25日閲覧。
  6. ^ Twins acquire Delmon Young, Brendan Harris and Jason Pridie from Tampa Bay Rays”. MLB.com Twins Press Release (2007年11月28日). 2014年12月25日閲覧。
  7. ^ Twins cut Young's salary in new deal”. ESPN MLB (2009年2月12日). 2014年12月25日閲覧。
  8. ^ Twins agree to terms with all eight arbitration eligible players”. MLB.com Twins Press Release (2010年1月19日). 2014年12月25日閲覧。
  9. ^ Roundup: Players avoid arbitration”. ESPN MLB (2010年1月19日). 2014年12月25日閲覧。
  10. ^ Twins agree to terms with Young”. MLB.com Twins Press Release (2011年2月16日). 2014年12月25日閲覧。
  11. ^ Twins place Young on 15-day disabled list and option Hacker to Triple-A Rochester”. MLB.com Twins Press Release (2011年4月27日). 2014年12月25日閲覧。
  12. ^ Twins to reinstate Young from disabled list”. MLB.com Twins Press Release (2011年5月13日). 2014年12月25日閲覧。
  13. ^ Twins place Delmon Young on 15-day disabled list”. MLB.com Twins Press Release (2011年6月25日). 2014年12月25日閲覧。
  14. ^ Twins to reinstate Young from disabled list, plan to recall Trevor Plouffe”. MLB.com Twins Press Release (2011年7月10日). 2014年12月25日閲覧。
  15. ^ 同年8月16日にレスター・オリベロスがツインズへ移籍。
  16. ^ Tigers acquire Delmon Young from Minnesota Twins in exchange for Cole Nelson and player to be named later”. MLB.com Tigers Press Release (2011年8月15日). 2014年12月25日閲覧。
  17. ^ Tigers agree to terms with Scherzer, Kelly and Young”. MLB.com Tigers Press Release (2012年1月17日). 2014年12月25日閲覧。
  18. ^ Victor Martinez likely out for season”. ESPN MLB (2012年1月18日). 2014年12月25日閲覧。
  19. ^ 暴力行為のほか、ホテルの外にいた観光客やホームレスの男性に向かって反ユダヤ主義の言語を使用したとされる。
  20. ^ Jason Beck (2012年5月1日). “Delmon suspended seven days by MLB”. MLB.com. 2014年12月25日閲覧。
  21. ^ Jason Beck (2012年5月5日). “Tigers activate Young from restricted list”. MLB.com. 2014年12月25日閲覧。
  22. ^ After court appearance, Young in Tigers' lineup”. MLB.com (2012年5月30日). 2014年12月25日閲覧。
  23. ^ Delmon Young named ALCS MVP”. ESPN MLB (2012年10月19日). 2014年12月25日閲覧。
  24. ^ Jason Beck (2012年11月3日). “Tigers ready to begin free-agent shopping”. MLB.com. 2014年12月25日閲覧。
  25. ^ Al Beaton (2012年10月30日). “Dave Dombrowski press conference notes: Valverde, Young will not be re-signed, Rondon a possibility as closer”. Bless You Boys. 2014年12月25日閲覧。
  26. ^ Jason Beck (2012年11月8日). “Young pleads guilty to NYC charge”. MLB.com. 2014年12月25日閲覧。
  27. ^ Dayn Perry (2012年11月10日). “Delmon Young recovering from ankle surgery”. CBS Sports. 2014年12月25日閲覧。
  28. ^ 満額を獲得すると1年350万ドルとなる。
  29. ^ Phillies Sign Delmon Young”. MLB.com Phillies Press Release (2013年1月22日). 2014年12月25日閲覧。
  30. ^ Phillies sign OF Delmon Young”. ESPN MLB (2013年1月22日). 2014年12月25日閲覧。
  31. ^ Todd Zolecki (2013年2月16日). “Phillies still think Delmon could land on DL”. MLB.com. 2014年12月25日閲覧。
  32. ^ Phillies finalize Opening Day roster”. MLB.com Phillies Press Release (2013年3月30日). 2014年12月25日閲覧。
  33. ^ Todd Zolecki (2013年5月1日). “Delmon homers in first at-bat after coming off DL”. MLB.com. 2014年12月25日閲覧。
  34. ^ Scores for Apr 30, 2013”. ESPN MLB (2013年4月30日). 2014年12月25日閲覧。
  35. ^ Tom Schad (2013年8月10日). “Phillies designate Delmon Young for assignment”. MLB.com. 2014年12月25日閲覧。
  36. ^ Todd Zolecki (2013年8月14日). “D. Young released by Phils after refusing assignment”. MLB.com. 2014年12月25日閲覧。
  37. ^ Rays sign Delmon Young to Minor League contract”. MLB.com Rays Press Release (2013年8月22日). 2014年12月25日閲覧。
  38. ^ Rick Eymer (2013年9月2日). “Young back with club where his career began”. MLB.com. 2014年12月25日閲覧。
  39. ^ Bill Chastain (2013年10月10日). “Delmon would like to remain with Rays for 2014”. MLB.com. 2014年12月25日閲覧。
  40. ^ Brittany Ghiroli (2014年1月14日). “O's sign Delmon to Minors deal, interested in Cust”. MLB.com. 2014年12月25日閲覧。
  41. ^ Jeff Todd (2014年1月13日). “Orioles Sign Delmon Young To Minor League Deal”. MLB Trade Rumors. 2014年12月25日閲覧。
  42. ^ Orioles finalize 25-man roster”. MLB.com Orioles Press Release (2014年3月30日). 2014年3月31日閲覧。
  43. ^ 250打席・300打席に立つたび12万5000ドル、400打席・450打席・500打席・550打席・600打席に立つたび10万ドルが追加される。
  44. ^ Orioles sign free agent OF Delmon Young to a one-year contract”. MLB.com Orioles Press Release (2015年1月9日). 2015年1月10日閲覧。
  45. ^ Delmon Young, Orioles finalize $2.25M, 1-year contract”. ESPN MLB (2015年1月9日). 2015年1月10日閲覧。
  46. ^ Brittany Ghiroli (2015年7月1日). “O's add Wilson to bullpen, designate Young”. MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/134075246/os-add-tyler-wilson-designate-delmon-young 2015年7月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]