ペドロ・バエズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ペドロ・バエス
  • ペドロ・バイエズ
  • ペドロ・バイエス
ペドロ・バエズ
Pedro Báez
ロサンゼルス・ドジャース #52
20170718 Dodgers-WhiteSox Pedro Baez on the mound.jpg
2017年7月18日
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 バニ
生年月日 (1988-03-11) 1988年3月11日(29歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手投手
プロ入り 2007年 アマチュア・フリーエージェントとしてロサンゼルス・ドジャースと契約
初出場 2014年5月5日 ワシントン・ナショナルズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ペドロ・アルベリーズ・バエズ(Pedro Alberys Báez,1988年3月11日 - )は、ドミニカ共和国バニ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBロサンゼルス・ドジャース所属。

愛称はスペイン語ラバを意味するラ・ムーラ[1]

経歴[編集]

2007年1月22日ロサンゼルス・ドジャース三塁手として契約。ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ドジャースで53試合に出場し、3本塁打39打点3盗塁、打率.274だった。

2008年はA級グレートレイクス・ルーンズで59試合に出場し、1本塁打16打点3盗塁、打率.178だった。6月にルーキー級オクデン・ラプターズへ降格。61試合に出場し、12本塁打50打点2盗塁、打率.267だった。

2009年はA + 級インランドエンパイア・シックスティシクサーズで79試合に出場し、10本塁打61打点5盗塁、打率.286だった。同年のオールスター・フューチャーズゲームに選出された[2]

2010年はA + 級インランドエンパイアで75試合に出場し、6本塁打42打点4盗塁、打率.259だった。8月にAA級チャタヌーガ・ルックアウツへ昇格し、7試合に出場した。2年連続でオールスター・フューチャーズゲームに選出された[3]。夏期にはルーキー級アリゾナリーグ・ドジャースでプレーした。

2011年AA級チャタヌーガで32試合に出場し、2本塁打15打点1盗塁、打率.385だった。

2012年はAA級チャタヌーガで78試合に出場し、4本塁打36打点5盗塁、打率.216だった。7月にAAA級ランチョクカモンガ・クエークスへ昇格。50試合に出場し、7本塁打23打点2盗塁、打率.228だった。同年のサザンリーグ・オールスターゲームに選出された[4]。オフに三塁手から投手へ転向した[5]

2013年はAAA級ランチョクカモンガで開幕を迎えた。32試合に登板し2勝2敗2セーブ、防御率3.63だった。7月にAA級チャタヌーガへ降格。16試合に登板し1勝1敗、防御率4.24だった。11月20日に40人枠入りを果たした[6]

2014年3月5日にAA級チャタヌーガへ異動し、開幕をAA級で迎えた。AA級では11試合に登板し、1勝0敗5セーブ、防御率2.84と好投。5月5日にメジャーへ昇格し[7]、同日のワシントン・ナショナルズ戦でメジャーデビュー。2点ビハインドの8回裏から登板し、1回を投げ2安打2失点と結果を残せず[8]、5月7日にAA級チャタヌーガへ降格した[9]

2015年はリリーフ陣の一角として52試合に登板し、防御率3.35・4勝2敗・WHIP1.14・奪三振率10.6という好成績を残した。ただ、課題としては走者を背負った場面でのピッチングが浮上し、4被本塁打は全てランナーありで被弾した[10]

2016年は出番が増えてチームでの存在感が高まり、それに伴って成績も向上。11被本塁打と、被弾率は相変わらず高かったものの、73試合で防御率3.04・3勝2敗・WHIP1.00・奪三振率10.1という見事な成績だった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 LAD 20 0 0 0 0 0 0 0 5 ---- 135 24.0 16 3 5 1 0 18 0 0 7 7 2.63 0.88
2015 52 0 0 0 0 4 2 0 11 .667 208 51.0 47 4 11 1 1 60 1 1 22 19 3.35 1.14
2016 73 0 0 0 0 3 2 0 23 .600 295 74.0 52 11 22 0 2 83 3 2 27 25 3.04 1.00
MLB:3年 145 0 0 0 0 7 4 0 39 .381 595 149.0 115 18 38 2 3 161 4 3 56 51 3.08 1.03
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

MiLB

背番号[編集]

  • 52 (2014年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Dodgers Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月17日閲覧
  2. ^ 2009 All Star Futures Game World Team Roster”. MLB.com. 2014年2月14日閲覧。
  3. ^ 2010 All Star Futures Game World Team Roster”. MLB.com. 2014年2月14日閲覧。
  4. ^ Five Lookouts to Play in SL All-Star Game”. MiLB.com (2012年6月6日). 2014年2月14日閲覧。
  5. ^ Ken Gurnick (2013年2月5日). “Honeycutt excited by pitchers at Dodgers minicamp”. MLB.com. 2014年2月14日閲覧。
  6. ^ Dodgers add Pedro Baez, Yimi Garcia and Jarret Martin to 40-man roster”. MLB.com Dodgers Press Release (2013年11月20日). 2014年2月14日閲覧。
  7. ^ Dodgers recall Pedro Baez from Double-A Chattanooga, option Stephen Fife”. MLB.com Dodgers Press Release (2014年5月5日). 2014年5月6日閲覧。
  8. ^ Scores for May 5, 2014”. ESPN MLB (2014年5月5日). 2014年5月6日閲覧。
  9. ^ Dodgers reinstate Clayton Kershaw from DL; option Pedro Baez”. MLB.com Dodgers Press Release (2014年5月6日). 2014年5月7日閲覧。
  10. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2016』 廣済堂出版、2016年、413頁。ISBN 978-4-331-52002-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]