ナップ・ラジョイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナップ・ラジョイ
Nap Lajoie
Nap Lajoie 1913.jpg
1913年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ロードアイランド州ウーンソケット
生年月日 1874年9月5日
没年月日 1959年2月7日(満84歳没)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
初出場 1896年8月12日
最終出場 1916年8月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴:
監督歴:
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1937年
得票率 83.58%
選出方法 BBWAA選出

ナポレオン・ラジョイNapoleon Lajoie1874年9月5日 - 1959年2月7日)は、アメリカ合衆国ロードアイランド州ウーンソケット出身のプロ野球選手二塁手一塁手)。右投げ右打ち。1900年代~1910年代にメジャーリーグで活躍し、20世紀初の三冠王となった。

経歴[編集]

フランス系カナダ人のラジョイは優雅で洗練されたプレーで、ファンのみならず選手からも尊敬される存在だった。二塁守備も堅実で広い守備範囲を誇った。

球聖タイ・カッブとは1905年から1916年まで同じアメリカンリーグでしのぎを削った。特に1910年首位打者争いは有名で、最終日時点でカッブが打率.385に対し、ラジョイは打率.376と9厘差。首位打者を確信したカッブは試合を欠場。しかし、ラジョイはセントルイス・ブラウンズ(現 オリオールズ)戦のダブルヘッダーで9打数8安打(最終打率.384)、遊撃手失策とされた1打が安打になっていれば逆転で首位打者というところまで迫った。ところがそのうちの7本は三塁へのバント安打で、これは相手チーム、ブラウンズの監督ジャック・オコナーが当時人気の高かったラジョイにタイトルを勝ち取らせるために、三塁手に「後ろに下がってプレーしろ」と命じた結果のものだった。しかし、露骨なシフトだったためこの八百長が発覚し、結局、公式な首位打者はカッブとなったものの、賞品のチャルマーズの車は両者に与えられることになった(そのシーズン後にオコナーは監督を解雇され、コーチと共に永久追放されている)

1981年スポーティング・ニューズ社により1910年の集計に誤りが指摘され、カッブの成績が509打数196安打ではなく、506打数194安打であるとし、カッブの打率は.385から.383に修正され、シーズン打率は2位に後退した。しかしコミッショナー特別委員会は八百長の影響もあってか、首位打者の変更を認めず、ラジョイはシーズン打率1位でありながら首位打者を逃した選手となった。MLB公式記録でもカッブは509打数196安打で打率.385のままである。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]











































O
P
S
1896 PHI 39 178 175 36 57 12 7 4 95 42 7 -- 2 1 0 11 .326 .330 .543 .873
1897 127 577 545 107 197 40 23 9 310 127 20 -- 5 15 12 -- .361 .392 .569 .961
1898 147 641 608 113 197 43 11 6 280 127 25 -- 5 21 7 -- .324 .354 .461 .815
1899 77 337 312 70 118 19 9 6 173 70 13 -- 3 12 10 -- .378 .419 .554 .973
1900 102 471 451 95 152 33 12 7 230 92 22 -- 2 10 8 -- .337 .362 .510 .872
1901 PHA 131 582 544 145 232 48 14 14 350 125 27 -- 1 24 13 -- .426 .463 .643 1.106
1902 1 4 4 0 1 0 0 0 1 1 1 - 0 0 0 -- .250 .250 .250 .500
CLE 86 381 348 81 132 35 5 7 198 64 19 -- 8 19 6 -- .379 .421 .569 .990
'02計 87 385 352 81 133 35 5 7 199 65 20 -- 8 19 6 -- .378 .419 .565 .984
1903 125 525 485 90 167 41 11 7 251 93 21 -- 13 24 3 -- .344 .379 .518 .897
1904 140 594 553 92 208 49 15 6 305 102 29 -- 6 27 8 -- .376 .413 .552 .965
1905 65 271 249 29 82 12 2 2 104 41 11 -- 3 17 2 -- .329 .377 .418 .795
1906 152 655 602 88 214 48 9 0 280 91 20 -- 17 30 6 -- .355 .392 .465 .857
1907 137 558 509 53 152 30 6 2 200 63 24 -- 13 30 6 -- .299 .345 .393 .738
1908 157 667 581 77 168 32 6 2 218 74 15 -- 30 47 9 -- .289 .352 .375 .727
1909 128 521 469 56 152 33 7 1 202 47 13 -- 11 35 6 -- .324 .378 .431 .809
1910 159 677 591 94 227 51 7 4 304 76 26 -- 21 60 5 -- .384 .445 .514 .959
1911 90 353 315 36 115 20 1 2 143 60 13 -- 8 26 4 -- .365 .420 .454 .874
1912 117 500 448 66 165 34 4 0 207 90 18 -- 17 28 7 -- .368 .414 .462 .876
1913 137 525 465 66 156 25 2 1 188 68 17 -- 12 33 15 17 .335 .398 .404 .802
1914 121 468 419 37 108 14 3 0 128 50 14 15 15 32 2 15 .258 .313 .305 .618
1915 PHA 129 520 490 40 137 24 5 1 174 61 10 6 15 11 4 16 .280 .301 .355 .656
1916 113 455 426 33 105 14 4 2 133 35 15 -- 14 14 1 26 .246 .272 .312 .584
通算:21年 2480 10460 9589 1504 3242 657 163 83 4474 1599 380 21 221 516 134 85 .338 .380 .467 .847

タイトル・表彰・記録[編集]

(1901年以降のみ)

  • 首位打者:4回:1901年(.426)、1902年(.378)、1903年(.344)、1904年(.376)
  • 本塁打王 1回:1901年(14)
  • 打点王 2回:1901年(125)、1904年(102)
  • 三冠王 1回:1901年(近代野球初)
  • 野球殿堂入り(1937年)
  • シーズン最高打率 .426(1901年)

外部リンク[編集]