レイ・ブーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レイ・ブーンRay Boone, 本名:Raymond Otis Boone, 1923年7月27日 - 2004年10月17日)は、元メジャーリーグの選手(内野手)。アメリカカリフォルニア州サンディエゴ出身。右投右打。息子のボブ・ブーン、孫のブレット・ブーンアーロン・ブーンもメジャーリーガー。

経歴[編集]

1942年クリーブランド・インディアンスと契約。第二次世界大戦末期には海軍に従軍した。1948年、シーズン終盤の9月3日にケガをした遊撃手ルー・ブードローの代わりとしてメジャー昇格。その年は6試合に出場し、ワールドシリーズにも1試合だけ出場(1打数1三振)。インディアンスの28年ぶり2回目の優勝のメンバーとなった。

1953年のシーズン途中にデトロイト・タイガースに移籍、その後シカゴ・ホワイトソックスなど数球団を渡り歩き、1960年ボストン・レッドソックスで引退した。

インディアンス時代は遊撃手、タイガースに移籍後は主に三塁手一塁手で出場した。

1955年には116打点で打点王のタイトルを獲得。オールスターには1954年1956年の2度出場。1954年にはアメリカンリーグの三塁手として先発出場し、第2打席にロビン・ロバーツから本塁打を打っている。

引退後はレッドソックスのスカウトとなり、後の200勝投手カート・シリング、ノーヒットノーラン投手デイヴ・モアヘッドをはじめ、トニー・ミューサーティム・ブラックウェルなどを獲得した。

胃の手術後の合併症のため2004年5月19日から入院していたが、10月17日早朝、心臓発作で死去した。81歳。

親子三代メジャーリーガー[編集]

息子はフィラデルフィア・フィリーズカリフォルニア・エンゼルスなどで活躍したボブ・ブーン(後カンザスシティ・ロイヤルズシンシナティ・レッズで監督)。孫はシアトル・マリナーズなどで活躍したブレット・ブーンと、シンシナティ・レッズなどで活躍したアーロン・ブーン

つまり、親子孫と三世代でメジャーでプレーした最初のファミリーとなった。ブーン・ファミリーは4人全員がオールスターに出場している。

他の三代メジャーリーガーは下記の2組である。

ブーン・ファミリー通算成績[編集]

名前 現役年 主な守
備位置
試合 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
レイ・ブーン 1948年 - 1960年 三塁手 1,373 1,260 151 737 21 .275
ボブ・ブーン(子) 1972年 - 1990年 捕手 2,264 1,838 105 826 38 .254
ブレット・ブーン(孫) 1992年 - 2005年 二塁手 1,780 1,775 252 1,021 94 .266
アーロン・ブーン(孫) 1997年 - 2009年 三塁手 1,152 1,017 126 555 107 .263

関連項目[編集]

外部リンク[編集]