アルバート・ベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルバート・ベル
Albert Belle
Albert Belle 1997.jpg
1997年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州シュリーヴポート
生年月日 1966年8月25日(47歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1987年 ドラフト2巡目
初出場 1989年7月15日
最終出場 2000年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アルバート・ジョジュアン・ベルAlbert Jojuan Belle, 1966年8月25日 - )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州シュリーヴポート出身の元プロ野球選手外野手)。

メジャー昇格時の登録名はジョーイ・ベルJoey Belle)。

経歴[編集]

クリーブランド・インディアンズ[編集]

1987年のMLBドラフトクリーブランド・インディアンズから2巡目に指名を受け入団。1989年はAA級で20本塁打・69打点を記録して[1]メジャーに昇格し、7月15日テキサス・レンジャーズ戦でメジャーデビュー[2]7月19日ミネソタ・ツインズ戦でメジャー初本塁打[3]7月24日ニューヨーク・ヤンキース戦では満塁本塁打を放った[3]1991年はレギュラーに定着し、28本塁打・95打点を記録。1992年9月6日シアトル・マリナーズ戦でキャリア初の1試合3本塁打[3]を放つなど34本塁打・112打点の好成績。1993年は前半戦で打率.298・23本塁打・72打点を記録[4]し、オールスターゲームに初選出される。打率.290・38本塁打・129打点・23盗塁の成績で最多打点のタイトルを獲得し、シルバースラッガー賞を初受賞した。

新本拠地ジェイコブス・フィールドが開場した1994年は、5月に打率.416、6月に打率.364・10本塁打・29打点でプレイヤー・オブ・ザ・マンスを受賞するなど、前半戦で打率.357・25本塁打・76打点・32二塁打を記録。7月にも12本塁打・31打点と好調を維持した[5]ストライキでシーズンが打ち切られたが、共にリーグ2位の打率.357・長打率.714、共にリーグ3位の36本塁打・101打点と三冠王が射程圏内に入る活躍で、ホームでは打率.413・21本塁打を記録した[5]MVPの投票ではフランク・トーマスケン・グリフィー・ジュニアに次ぐ3位に入った[6]

1995年は3年連続でオールスターゲームに選出され初の先発出場を果たしたが、野茂英雄に三振を喫するなど3打数無安打に終わった[7]7月18日カリフォルニア・エンゼルス戦でリー・スミスから逆転サヨナラ満塁本塁打、8月30日8月31日トロント・ブルージェイズ戦で2試合連続サヨナラ本塁打[3]9月19日シカゴ・ホワイトソックス戦で3打席連続本塁打[8]を放つなど後半戦で36本塁打・75打点を記録し[9]、シーズン通算で打率.317、いずれもリーグトップの50本塁打・126打点・52二塁打・長打率.690・121得点・377塁打の成績で最多本塁打・最多打点の二冠を獲得。本塁打はアル・ローゼンの球団記録43を更新[10]し、史上初の「50本塁打&50二塁打」を達成する大活躍で、100勝を挙げて独走で地区優勝を果たしたチームの原動力となった。ボストン・レッドソックスとのディヴィジョンシリーズでは第1戦で1点ビハインドの延長11回裏に同点本塁打を放ち、チームは延長13回にサヨナラ勝利[11]シアトル・マリナーズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦でボブ・ウォルコット(後近鉄)から本塁打を放つ[12]が、打率.222と振るわず。チームは4勝2敗で41年ぶりのリーグ優勝を果たした。アトランタ・ブレーヴスとのワールドシリーズでは、第5戦でグレッグ・マダックスから本塁打を放つ[13]など2本塁打を記録したが、両チーム最多の7四球と勝負を避けられるケースが多く、チームは2勝4敗で敗退した。MVPの最有力候補と目されていたが、投票ではモー・ヴォーンと8ポイント差の2位に終わった[14]。打点は同数だったが打率・本塁打・出塁率・長打率でヴォーンを上回る成績を残したにも関わらず受賞を逃したのは、周囲と度々衝突を起こすなど問題のある性格が原因だった。1996年は前半戦で27本塁打・74打点の成績[15]で、オールスターゲームに2年連続の先発出場を果たしたが3打席連続三振を喫した[16]7月31日のブルージェイズ戦で逆転サヨナラ満塁本塁打を放つ[3]。打率.311・48本塁打・148打点・124得点を記録して2年連続の最多打点を獲得し、チームは地区連覇。ボルティモア・オリオールズとのディヴィジョンシリーズでは第3戦でアーマンド・ベニテスから決勝の満塁本塁打を放つ[17]が、チームは1勝3敗で敗退した。MVPの投票では3位[18]。オフにフリーエージェントとなり、11月19日にホワイトソックスと契約。主砲トーマスとの最強の3・4番コンビが誕生した。

シカゴ・ホワイトソックス[編集]

移籍1年目の1997年は後半戦で打率.247[19]と不調に陥る。トーマスが首位打者を獲得する一方で打率.274・30本塁打・116打点とやや精彩を欠いたが、4本の満塁本塁打を放った[3]1998年は開幕直後は不振もその後復調し、後半戦で打率.387・31本塁打・86打点[20]を記録。自身初の全試合出場を果たし、打率.328、いずれも球団記録となる49本塁打・152打点・48二塁打・399塁打・99長打[21]、自身初の200安打と好成績を挙げるが、今度はトーマスがキャリアワーストの打率.265に終わり、うまく噛み合わなかった。オフに再びフリーエージェントとなり、12月1日にオリオールズと5年契約を締結。トーマスとのコンビは僅か2年で解消された。

ボルチモア・オリオールズ[編集]

1999年7月25日のエンゼルス戦で3度目の1試合3本塁打[3]。後半戦で打率.326・19本塁打・64打点[22]と調子を上げ、打率.297・37本塁打・117打点、キャリアハイの101四球を記録。2000年は6月に打率.364・12本塁打・37打点の成績でプレイヤー・オブ・ザ・マンスを受賞するが、後半戦は欠場もあって5本塁打[23]と振るわず、レギュラー定着以降最低の23本塁打に終わった。2001年から2003年の3年間は毎年1,200万ドル以上の年俸を貰いながら、故障のため1試合も出場出来ず引退。試合出場は2000年が最後だった為、事実上2000年に引退したも同然だった。

1992年から1999年にかけて記録した8年連続30本塁打・100打点は、ベーブ・ルースジミー・フォックスルー・ゲーリッグに次ぐ史上4人目で、1950年以後の選手としては初めてであった。

1990年代屈指のトラブルメイカー[編集]

毎年のようにトラブルを起こし、引退後も続いた。

  • 1990年
    アルコール依存症を患って入院し、リハビリと精神のコントロールプログラムを受けた。また、参加していたウィンターリーグでは、態度の悪さから退団を言い渡される。
  • 1991年
    5月にファンにボールを投げて肋骨を折る重傷を負わせ、7日間の試合出場停止の処分を科せられている。6月には怠慢プレーが原因でマイナーリーグへ降格させられている。
  • 1992年
    頭に死球を受けたことに怒り、相手投手ニール・ヒートンに対してマウンドで暴力を振るい、ボコボコにした。その結果3試合の出場停止処分を科せられている。
  • 1994年
    7月15日のホワイトソックス戦でコルクバットの使用を疑われ、審判団にバットを没収されたが、当時チームメイトだったジェイソン・グリムズリーが審判団の部屋に忍び込み、コルクの入っていないバットとすり替えたという[24]。これにより7試合の出場停止を科せられた。
  • 1995年
    ワールドシリーズ第3戦の試合前、NBCのレポーター、ハンナ・ストームを汚い言葉で罵り、5万ドルの罰金を科せられた。また同年のハロウィン当日、自宅にお菓子をねだりに来た子ども達に怒り、ジープで追いかけ回している。
  • 1996年
    試合前のウォームアップ中の写真を撮影していたカメラマンに至近距離からボールをぶつけた。また、5月のミルウォーキー・ブルワーズ戦では死球を受けて激怒し、二塁へ進塁する際にフェルナンド・ヴィーニャを突き飛ばしている。
  • 1997年
    フットボールと大学バスケットの賭博に関与していたことが発覚。
  • 1998年
    ガールフレンド宅で暴れ2日連続(1日目が器物損壊容疑、2日目が婦女暴行容疑)で逮捕された。
  • 1999年
    いい人になると宣言したものの、ファンと衝突して汚い言葉で罵ってしまい挫折。シーズンが開始すると、やる気のなさから途中交代を命じた当時の監督レイ・ミラーと衝突。
  • 2006年(引退後)
    2月16日、以前交際していた女性に対するストーカー行為で逮捕された[25]

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 CLE 62 234 218 22 49 8 4 7 86 37 2 2 0 2 12 0 2 55 4 .225 .269 .394 .663
1990 9 25 23 1 4 0 0 1 7 3 0 0 1 0 1 0 0 6 1 .174 .208 .304 .512
1991 123 496 461 60 130 31 2 28 249 95 3 1 0 5 25 2 5 99 24 .282 .323 .540 .863
1992 153 650 585 81 152 23 1 34 279 112 8 2 1 8 52 5 4 128 18 .260 .320 .477 .797
1993 159 693 594 93 172 36 3 38 328 129 23 12 1 14 76 13 8 96 18 .290 .370 .552 .922
1994 106 480 412 90 147 35 2 36 294 101 9 6 1 4 58 9 5 71 5 .357 .438 .714 1.152
1995 143 629 546 121 173 52 1 50 377 126 5 2 0 4 73 5 6 80 24 .317 .401 .690 1.091
1996 158 715 602 124 187 38 3 48 375 148 11 0 0 7 99 15 7 87 20 .311 .410 .623 1.033
1997 CWS 161 701 634 90 174 45 1 30 311 116 4 4 0 8 53 6 6 105 26 .274 .332 .491 .823
1998 163 706 609 113 200 48 2 49 399 152 6 4 0 15 81 10 1 84 17 .328 .399 .655 1.054
1999 BAL 161 722 610 108 181 36 1 37 330 117 17 3 0 4 101 15 7 82 19 .297 .400 .541 .941
2000 141 622 559 71 157 37 1 23 265 103 0 5 0 7 52 11 4 68 17 .281 .342 .474 .816
通算:12年 1539 6673 5853 974 1726 389 21 381 3300 1239 88 41 4 78 683 91 55 961 193 .295 .369 .564 .933
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ Albert Belle Minor League Statistics & History” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  2. ^ 1989 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Career Home Runs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  4. ^ 1993 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  5. ^ a b 1994 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  6. ^ AL MVP Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  7. ^ Jul 11, 1995, NL All-Stars at AL All-Stars Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  8. ^ Sep 19, 1995, Indians at White Sox Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  9. ^ 1995 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  10. ^ Cleveland Indians Top 10 Batting Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  11. ^ Oct 3, 1995, Red Sox at Indians Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  12. ^ Oct 10, 1995, Indians at Mariners Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  13. ^ Oct 26, 1995, Braves at Indians Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  14. ^ AL MVP Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  15. ^ 1996 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  16. ^ Jul 9, 1996, AL All-Stars at NL All-Stars Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  17. ^ Oct 4, 1996, Orioles at Indians Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  18. ^ AL MVP Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  19. ^ 1997 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  20. ^ 1998 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  21. ^ Chicago White Sox Top 10 Batting Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  22. ^ 1999 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  23. ^ 2000 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月10日閲覧。
  24. ^ 同じくチームメイトだったオマー・ヴィスケルが出版した自伝でも「ベルが試合で折れたバットを新しいものと交換した時に、コルクが入っていたように見えた」と書き立てられている。
  25. ^ ベル、ストーカーで逮捕 元米大リーガー”. 47news (2006年2月17日). 2013年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]