チャーリー・ゲーリンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャーリー・ゲーリンジャー
Charlie Gehringer
Charlie Gehringer 1937.jpg
1937年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州
生年月日 1903年5月11日
没年月日 1993年1月21日(満89歳没)
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手
プロ入り 1924年
初出場 1924年9月22日
最終出場 1942年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1949年
得票率 85.03%
選出方法 BBWAA[1]選出
1957年

チャーリー・ゲーリンジャー(Charles Leonard Gehringer, 1903年5月11日 - 1993年1月21日)は、1930年代アメリカメジャーリーグで活躍した選手。ポジションは二塁手ミシガン州生まれ。右投げ左打ち。愛称は"The Mechanical Man"(メカニカル・マン)。これは彼が寡黙であったことと、機械のように毎年コンスタントに成績を残したことに由来する。

経歴[編集]

ミシガン大学在学中だった1923年に、ゲーリンジャーの才能は当時のタイガースの強打者ボビー・ヴィーチによって見出された。ヴィーチはゲーリンジャーをネビン・フィールドに招きタイガースの練習に同行させる。当時選手兼任監督だったタイ・カッブもゲーリンジャーに強い印象を受け、タイガースのオーナーだったフランク・ネヴィンにゲーリンジャーとの契約を訴えた。大学を卒業後、1924年にタイガースと契約する。シーズン当初はクラスBのミシガン・オンタリオ・リーグでプレーしていたが、シーズン終盤に一度タイガースに昇格した。1925年はインターナショナルリーグに戻り、1926年からタイガースのレギュラーに定着する。

打撃の才能は、カッブがタイガースを去った1927年に開花する。この年に打率.317と110得点を記録すると、翌1928年には193安打、打率.320と更に成績を上げた。またこの年は守備でも二塁手最多の507もの補殺を記録した。1929年年には打率を.339まで上げ、安打数215、二塁打数45、三塁打数19はいずれもリーグ最多となった。また盗塁も27を記録し、この年のリーグ盗塁王のタイトルを手にする。以後1932年の.298を除いて、毎年打率3割以上を記録。1932年は「初めはよく打球が飛んだので大きいのを狙うようになったけど、後はさっぱり。同時に打率の方も丸っきり上がらなくなってしまった」と本人が述べている[1]

打率3割を超えたシーズンは、実に13度に及んだ。守備でも安定した活躍を見せ、1929年から1941年の間で、二塁手の最高守備率を記録したことが実に7度にもなった。特に1933年からは5年続けて『打率.320以上、200安打、100得点』という打撃成績を残し、タイガースの1934年1935年のリーグ2連覇に貢献している。そして1937年に、打率.371で初の首位打者を獲得、アメリカンリーグの最優秀選手にも選ばれた。

1934年に全米選抜チームの一員として、ベーブ・ルースルー・ゲーリッグジミー・フォックスらと共に日本を訪れて日米野球に出場した際に沢村栄治による「全米軍のクリーンナップ4連続三振」を喫した一人にもなっている。また、翌1935年に日本選抜チームがアメリカ合衆国に遠征した時にも選抜チームの一員として対戦している。

1942年は選手兼任コーチを務め、同年現役を引退。1949年に投票によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された後、1951年から1953年までの間はデトロイト・タイガースゼネラルマネージャーを務めたが、本人曰くGMの仕事は『悪夢』だったという。その後自動車販売などの仕事をしながら、1953年から1990年まで野球殿堂のベテランズ委員会の選考委員を務めた。1983年に、タイガースは彼の背番号2』を永久欠番とした。1993年ミシガン州にて死去。89歳。アトランタ・ブレーブスなどで活躍し、通算3000奪三振を達成した名投手ジョン・スモルツは、ゲーリンジャーの甥にあたる。

プレースタイル[編集]

打撃ではウェイド・ボッグスのように器用に広角に打ち分けていた打者であり、通算打率.320を記録している。その打撃以上に評価されていたのが守備だった。1934年の日米野球に出場した三原脩はゲーリンジャーについて「難しいゴロがセンター前へ抜けようとする。ベースの後ろで追い付き、軽く一塁へスナップスローすると、日本の走者が楽々アウトになってしまう。あれには驚いた」と語り、「以後あれほどの二塁手は日米通じて見た事が無かった」と非常に高く評価していた[1]。また、1935年に日本選抜チームがアメリカ合衆国へ遠征した際の全日本チームの遊撃手だった苅田久徳はゲーリンジャーのプレーを見て「これからの野球の内野の要は二塁手だ」と意識したという。苅田は後に二塁手に転向、日本近代野球における二塁手の開祖となった。

寡黙な男[編集]

口数の少なさは有名で、現役当時に選手兼任監督をしていたミッキー・カクレーンは、ゲーリンジャーを評してこんな冗談を言っている。

チャーリーが発する言葉は、開幕戦の『ハロー』と、最終戦の『グッバイ』だけ。その二言を言う間に.350を打っちまう」[2]

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

































O
P
S
2323 8860 2839 574 146 184 1774 1427 181 372 1186 50 - .320 .404 .480 .884

獲得タイトル・記録[編集]

脚注[編集]

出典・外部リンク[編集]