ジョージ・バーンズ (内野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・バーンズ
George Burns
Burns-Cleveland.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州ナイルズ
生年月日 1893年1月31日
没年月日 1978年1月7日(満84歳没)
身長
体重
6' 1.5" =約186.7 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1914年
初出場 1914年4月14日
最終出場 1929年9月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョージ・ヘンリー・バーンズGeorge Henry Burns, 1893年1月31日 - 1978年1月7日)は、1910~1920年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。主なポジションは一塁手オハイオ州ナイルズ生まれ。右投げ右打ち。ニックネームは"Tioga George"1926年のアメリカンリーグ最優秀選手で、シーズン二塁打数のリーグ記録を持っていた。メジャーリーグ史上初めて『一塁手による一人トリプルプレー』を完成させた選手でもある。

略歴[編集]

1914年にデトロイト・タイガースに入団、1年目から137試合に出場し、.291の打率を残す一方、リーグ最多の12もの死球を記録する。タイガースで4シーズン正一塁手として出場した後、1918年にヤンキースを経由してアスレチックスへ移籍する。この年バーンズは打撃面で活躍し、リーグ最多の178安打と打率.352の数字を残したが、3シーズン目の1920年にはアスレチックスから再びトレードされ、インディアンズに移る。

インディアンズでは控えの一塁手だったが、1920年のワールドシリーズに先発出場した時は、第6戦でタイムリー二塁打を放つ活躍をし、チームのシリーズ制覇に貢献した。この年インディアンズではレイ・チャップマンが頭部への死球が元で他界する事故がおき、後釜にルーキーのジョー・シーウェルが抜擢されたが、バーンズはチームに入団して間もないシーウェルにバットをプレゼントしてチームに迎え入れたという。シーウェルはもらったバットに「ブラック・ベッツィー」という名前をつけ、その後現役を引退するまでの14年間同じバットを使い続けたのは有名な話である。

バーンズは1921年に84試合ながら.361という高い打率を残したが、翌年ボストン・レッドソックスにトレードされる。レッドソックスに在籍していた1923年の9月14日のインディアンズとの試合で、バーンズはメジャーリーグ史上初となる一塁手による無補殺三重殺を完成させた[1]。打者フランク・バウアーの打ったライナーをバーンズは捕球し、一塁を離れていた走者ウォルト・ルツキーにタッチした後、そのまま二塁ベースへ駆け込んで、離塁していた二塁走者のリッグス・ステフェンソンまでアウトにしてしまった。レッドソックスでもほぼ全試合に出場し、3割以上の打率を残していたバーンズだったが、1923年のオフに再びインディアンズに移籍することになった。この時のトレードの交換要員の一人は、バーンズと同じく無補殺三重殺を完成させたビル・ワムズガンスであった。

インディアンズに復帰して3年目となる1926年、バーンズは当時のシーズン記録となる64本の二塁打を含む114打点と打率.358の活躍を見せ、同年のリーグ最優秀選手に選ばれた。2年後の1928年にはヤンキース、翌1929年にはアスレチックスと、ワールドシリーズに出場したチームを渡り歩き、1929年にメジャーリーグから引退、その後パシフィック・コーストリーグで5年間プレーした。1932年にはリーグの最多打点を挙げている。

野球を離れた後は、シアトルで1967年まで保安官代理の職についていた。1978年にワシントン州で他界。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
1866 6573 2018 444 72 72 901 951 154 433 363 110 187 .307 .354 .429

獲得タイトル・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一塁手による無補殺三重殺はメジャーリーグ史上2度しか記録されていない。詳細は三重殺の項目を参照。

出典・外部リンク[編集]