ジョージ・ブレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョージ・ブレット
George Brett
George Brett - USS Reagan - Feb 2009.jpg
2009年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ウェストバージニア州グレンデール
生年月日 (1953-05-15) 1953年5月15日(63歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手, 一塁手
プロ入り 1971年 ドラフト2巡目でカンザスシティ・ロイヤルズから指名
初出場 1973年8月2日
最終出場 1993年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1999年
得票率 98.2%
選出方法 BBWAA選出

ジョージ・ハワード・ブレットGeorge Howard Brett, 1953年5月15日 - )は、アメリカ合衆国ウェストバージニア州グレンデール出身の元プロ野球選手(三塁手一塁手)。現在はカンザスシティ・ロイヤルズで球団副社長を務めている。

ニックネームは「Gorgeous George[1]」,「Mullet」。

選手時代はカンザスシティ・ロイヤルズ一筋で21シーズン過ごしたフランチャイズ・プレイヤーである。「真のアメリカン・ヒーロー」と呼ばれたノーラン・ライアンとともに1970年代から1990年代にかけて球界を背負うスターであり続けた[2]

5歳上の実兄ケン・ブレットも元プロ野球選手。

経歴[編集]

現役時代[編集]

映像外部リンク
1978年アリーグチャンピオンシップシリーズ第3戦
3打席連続本塁打を放つブレット(MLB.comによる動画)
ジョージ・ブレット(1990年)

1971年MLBドラフトカンザスシティ・ロイヤルズから2巡目に指名を受け入団。

1973年8月2日シカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビュー。

1974年は5月にメジャーに昇格し、5月8日テキサス・レンジャーズ戦でファーガソン・ジェンキンスからメジャー初本塁打[3]。後半戦で打率.317[4]と調子を上げ、打率.282・2本塁打の成績でルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では3位に入った[5]

1975年は打率.308・11本塁打・90打点、共にリーグトップの195安打・13三塁打を記録。

1976年は前半戦で打率.365[6]を記録し、オールスターゲームに初選出され先発出場を果たした[7]。いずれもリーグトップの打率.333・215安打・14三塁打の成績で首位打者のタイトルを獲得し、チームは初の地区優勝。ニューヨーク・ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第5戦の8回に同点3点本塁打を放つ[8]など打率.444と活躍するが、チームは2勝3敗で敗退。MVPの投票ではサーマン・マンソンに次ぐ2位に入った[9]

1977年は打率.312・22本塁打・88打点・13三塁打を記録し、チームは地区連覇。ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.300を記録するが、チームは2勝3敗で敗退。

1978年は128試合の出場ながらリーグトップの45二塁打を記録し、チームは地区3連覇を果たす。3年連続の対戦となったヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは、第3戦でキャットフィッシュ・ハンターから初回先頭打者本塁打を含む3打席連続本塁打を放つ[10]がチームは逆転負けを喫し、1勝3敗でまたも敗退した。

1979年5月28日ボルティモア・オリオールズ戦でサイクルヒットを達成し、延長16回にサヨナラ本塁打を放った[11]。打率.329・23本塁打・107打点、共にリーグトップの212安打・20三塁打の好成績で20-20-20も達成したが、チームは地区2位で4連覇を逃した。MVPの投票では3位[12]

1980年は6月から故障で1ヶ月離脱するが、復帰後の7月は打率.494、8月は.430[13]と絶好調で、この間7月18日から30試合連続安打を記録[14]8月26日ミルウォーキー・ブルワーズ戦では5安打を記録して.407まで上昇[15]するが、9月に右腕の腱を痛めて9試合に欠場[14]。復帰後は失速し、1941年テッド・ウィリアムズ以来の打率4割には惜しくも届かなかった。それでも打率.390・24本塁打・118打点、いずれもリーグトップの出塁率.454・長打率.664・OPS1.118の好成績で2度目の首位打者を獲得し、チームの2年ぶりの地区優勝に大きく貢献。4度目の対戦となったヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは2本塁打・4打点と活躍、第3戦では1点ビハインドの7回にリッチ・ゴセージから特大の逆転3ランを放ち、チームは3連勝で悲願のリーグ初優勝を果たす。フィラデルフィア・フィリーズとのワールドシリーズでは、の手術を終えてから5時間後の第3戦で本塁打を放つ[1]など打率.375を記録するが、チームは2勝4敗で敗退した。オフに初のMVP[16]、同年から制定されたシルバースラッガー賞を受賞した。

1981年50日間に及ぶストライキでシーズンが中断・短縮されたこともあって89試合の出場だったが、打率.314を記録。同年は前後期制の変則日程となり、チームは後期優勝。オークランド・アスレティックスとのディビジョンシリーズでは打率.167に終わり、チームは3連敗で敗退した。

1983年4月20日デトロイト・タイガース戦で9回の逆転2点本塁打を含む3本塁打7打点[17]を挙げるなど4月は打率.460を記録。7月24日のヤンキース戦では有名なパインタール事件が発生する(後述)。途中故障もあったものの打率.310・25本塁打・93打点、リーグトップの長打率.563を記録した。1984年は開幕に間に合わず、5月18日に復帰[18]。104試合の出場で打率.284・13本塁打と不本意な成績だったが、チームは4年ぶりの地区優勝。タイガースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.231と振るわず、チームは3連敗で敗退。

1985年は前半戦で打率.358、後半戦で18本塁打を記録し[19]、打率.335・112打点、キャリアハイの30本塁打・103四球、リーグトップの長打率.585・OPS1.022の好成績でチームは地区連覇。トロント・ブルージェイズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは、第3戦で2本塁打を含む4安打3打点[20]を挙げるなど打率.348・3本塁打を記録。チームは1勝3敗から3連勝で5年ぶりのリーグ優勝を果たし、シリーズMVPを受賞。セントルイス・カージナルスとのワールドシリーズでは本塁打こそ無かったが打率.370を記録。チームは1勝3敗と追い込まれたが、第6戦の「世紀の誤審」もあってタイに戻し、第7戦で勝利し5年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。MVPの投票ではドン・マッティングリーに次ぐ2位に入り[21]、2度目のシルバースラッガー賞、キャリア唯一のゴールドグラブ賞を受賞した。

1988年は前半戦で打率.329・13本塁打を記録し[22]、13年連続となるオールスターゲームに選出される。打率.306・24本塁打・103打点の成績で3度目のシルバースラッガー賞を受賞。

1990年は前半戦は打率.267・2本塁打に留まる[23]が、7月25日のブルージェイズ戦で2度目のサイクルヒットを達成[24]するなど後半戦で打率.388・12本塁打・58打点[23]と調子を上げ、打率.329、リーグトップの45二塁打を記録して3度目の首位打者を獲得。3つのディケイド(1970・80・90年代)での首位打者獲得は史上唯一である。

1992年9月30日カリフォルニア・エンゼルス戦で通算3000安打を記録[25]

1993年5月13日クリーブランド・インディアンズ戦で通算300本塁打を達成[3]。同年限りで現役を引退した。ロイヤルズ一筋でプレイしたフランチャイズ・プレイヤーであり、通算試合数・打数・得点・安打・二塁打・三塁打・本塁打・打点・四球の各部門で球団記録を保持している[26]

引退後[編集]

1994年4月7日背番号5』が球団の永久欠番に指定された。

1999年に資格初年度でアメリカ野球殿堂入り。

2013年5月30日、不振にあえぐロイヤルズの打撃陣を救うため、ジャック・マルーフに代わりブレット球団副社長が自ら打撃コーチに就任[27]、永久欠番になっている背番号5が復活した[28]

2014年10月22日、29年ぶりにプレーオフに進出したロイヤルズの、本拠地カウフマン・スタジアムで行われたワールドシリーズの第2戦の試合前の始球式を務めた。

人物[編集]

パインタール事件[編集]

1983年7月24日、敵地でのヤンキース戦で事件は起こった。3-4とロイヤルズ1点ビハインドで迎えた9回表、2死から安打で出塁したところでヤンキースはクローザーリッチ・ゴセージ(後ダイエー)をマウンドに送る。この場面でブレットが打席に立ち、逆転の2点本塁打を放った[29]

ここでヤンキース監督のビリー・マーチンが、ブレットのバットに塗られた松ヤニ(パインタール)が18インチという規定の範囲を超えていると抗議。球審ティム・マクレランドがこれを認めて違反バットを使用したブレットはアウトとなり、ヤンキースの勝利で試合終了。猛抗議するも覆ることはなかった。マーティンは以前からブレットのバットが違反であることを知っていてそれを持ち出す機会をずっと窺っており、これ以上ない場面で指摘したのだった。

ロイヤルズはこの裁定について提訴。アメリカンリーグ会長リー・マクフェイルは、ブレットはルールの精神を犯したわけではないとして提訴を支持。本塁打は有効なので、5-4の9回表2死から試合再開するとした。主催者であるヤンキースは、試合が残り4アウトであるにも関わらず通常の試合と入場料を同額にすると発表。これに憤慨したファンが裁判所に訴えたため、認められなかった。またある裁判所は、9イニングの正式な試合をするようにという判決を下した。とうとう裁判はニューヨーク最高裁の上訴審まで持ち込まれることになった。結局裁判長のジョゼフ・P・サリバンが「プレイボール」という判決を下し、料金は割安で9回表2死からの試合再開が決定。25日後の8月18日に行われた試合の残りは10分足らずで終了し、騒動はようやく終結した。

余談だが、試合が25日後に再開されたため、ベンチ入りメンバーの関係でヤンキースの一塁手マッティングリーは、左投げながら残りのイニングで二塁の守備に就いた。

また、ブレットは後日談として「の手術を受けた1980年のワールドシリーズ以降は痔に関するヤジに悩んでいたが、この事件後は痔から松ヤニのイメージに変わったので今ではマーチンに感謝している」と述べている[30]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1973 KC 13 41 40 2 5 2 0 0 7 0 0 0 1 0 0 0 0 5 0 .125 .125 .175 .300
1974 133 486 457 49 129 21 5 2 166 47 8 5 6 2 21 3 0 38 9 .282 .313 .363 .676
1975 159 697 634 84 195 35 13 11 289 89 13 10 9 6 46 6 2 49 8 .308 .353 .456 .809
1976 159 705 645 94 215 34 14 7 298 67 21 11 2 8 49 4 1 36 8 .333 .377 .462 .839
1977 139 627 564 105 176 32 13 22 300 88 14 12 3 3 55 9 2 24 12 .312 .373 .532 .905
1978 128 558 510 79 150 45 8 9 238 62 23 7 3 5 39 6 1 35 6 .294 .342 .467 .809
1979 154 701 645 119 212 42 20 23 363 107 17 10 1 4 51 14 0 36 8 .329 .376 .563 .939
1980 117 515 449 87 175 33 9 24 298 118 15 6 0 7 58 16 1 22 11 .390 .454 .664 1.118
1981 89 379 347 42 109 27 7 6 168 43 14 6 0 4 27 7 1 23 7 .314 .361 .484 .845
1982 144 629 552 101 166 32 9 21 279 82 6 1 0 5 71 14 1 51 12 .301 .378 .505 .883
1983 123 525 464 90 144 38 2 25 261 93 0 1 0 3 57 13 1 39 9 .310 .385 .563 .948
1984 104 422 377 42 107 21 3 13 173 69 0 2 0 7 38 6 0 37 11 .284 .344 .459 .803
1985 155 665 550 108 184 38 5 30 322 112 9 1 0 9 103 31 3 49 12 .335 .436 .585 1.021
1986 124 529 441 70 128 28 4 16 212 73 1 2 0 4 80 18 4 45 6 .290 .401 .481 .882
1987 115 508 427 71 124 18 2 22 212 78 6 3 0 8 72 14 1 47 10 .290 .388 .496 .884
1988 157 681 589 90 180 42 3 24 300 103 14 3 0 7 82 15 3 51 15 .306 .389 .509 .898
1989 124 528 457 67 129 26 3 12 197 80 14 4 0 9 59 14 3 47 18 .282 .362 .431 .793
1990 142 607 544 82 179 45 7 14 280 87 9 2 0 7 56 14 0 63 18 .329 .387 .515 .902
1991 131 572 505 77 129 40 2 10 203 61 2 0 1 8 58 10 0 75 20 .255 .327 .402 .729
1992 152 637 592 55 169 35 5 7 235 61 8 6 0 4 35 6 6 69 15 .285 .330 .397 .727
1993 145 612 560 69 149 31 3 19 243 75 7 5 0 10 39 9 3 67 20 .266 .312 .434 .746
通算:21年 2707 11624 10349 1583 3154 665 137 317 5044 1595 201 97 26 120 1096 229 33 908 235 .305 .369 .487 .856
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 生島淳 歴代「ヒットメーカー」セレクション - ジョージ・ブレット『メジャーリーグ100年「記録」の達人。』ベースボールマガジン社、2002年、雑誌67673-04、24頁
  2. ^ 北矢(1994年) p.142
  3. ^ a b Career Home Runs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月2日閲覧。
  4. ^ 1974 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月2日閲覧。
  5. ^ AL Rookie of the Year Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月2日閲覧。
  6. ^ 1976 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月2日閲覧。
  7. ^ Jul 13, 1976, AL All-Stars at NL All-Stars Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月2日閲覧。
  8. ^ Oct 14, 1976, Royals at Yankees Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月2日閲覧。
  9. ^ AL MVP Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月2日閲覧。
  10. ^ Oct 6, 1978, Royals at Yankees Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月4日閲覧。
  11. ^ May 28, 1979, Orioles at Royals Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月6日閲覧。
  12. ^ AL MVP Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月9日閲覧。
  13. ^ 1980 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月4日閲覧。
  14. ^ a b 千葉功「三冠王」と「4割打者」への厚い壁 『メジャーリーグ 栄光の「大記録」』、ベースボールマガジン社、2005年、雑誌67674-33、71頁
  15. ^ 1980 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月4日閲覧。
  16. ^ Apr 20, 1983, Royals at Tigers Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月4日閲覧。
  17. ^ AL MVP Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月9日閲覧。
  18. ^ 1984 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月4日閲覧。
  19. ^ 1985 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月9日閲覧。
  20. ^ Postseason Batting Gamelog” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月6日閲覧。
  21. ^ AL MVP Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月6日閲覧。
  22. ^ 1988 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月6日閲覧。
  23. ^ a b 1990 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月6日閲覧。
  24. ^ Jul 25, 1990, Royals at Blue Jays Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月6日閲覧。
  25. ^ 1992 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月6日閲覧。
  26. ^ Statistics” (英語). MLB.com. 2013年3月6日閲覧。
  27. ^ http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2013053100164
  28. ^ http://kansascity.royals.mlb.com/team/coaches.jsp?c_id=kc
  29. ^ Jul 24, 1983, Royals at Yankees Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月7日閲覧。
  30. ^ Five things you never knew about George Brett’s pine-tar incident”. USAtoday.com. 2013年9月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]