ゲイリー・ガイエティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲイリー・ガイエティ
Gary Gaetti
シュガーランド・スキーターズ 監督 #8
Gary Gaetti Sugar Land Skeeters July 2014.jpg
2014年7月
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州セントラリア
生年月日 (1958-08-15) 1958年8月15日(59歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1979年 ドラフト1巡目でミネソタ・ツインズから指名
初出場 1981年9月20日
最終出場 2000年4月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

ゲイリー・ガイエティGary Joseph Gaetti:ゲイリー・ジョゼフ・ガイエティ 1958年8月15日 - )は、MLBの元選手(三塁手)。右投右打。アメリカ合衆国イリノイ州セントラリア出身。ニックネームはThe Rat(ザ・ラット)、G-Man(ジーマン)。現在は、アトランティックリーグシュガーランド・スキーターズの監督を務めている。

略歴[編集]

メジャーデビューまでの道のり[編集]

1978年1月10日に、セントルイス・カージナルスからドラフト4巡目で指名を受けたが、契約を結ばなかった。同年の6月6日には、シカゴ・ホワイトソックスからドラフト3巡目で指名を受けたが、ここでも契約は結ばなかった。

1979年6月5日に、ミネソタ・ツインズからドラフト1巡目で指名を受け、同年の6月21日に選手契約を結び、ようやくメジャーリーグの世界に足を踏み入れた。

1981年9月20日テキサス・レンジャーズ戦でメジャーデビューを果たした。チャーリー・ハフ投手から初打席初本塁打を放つなど、3打数1安打1本塁打2打点という素晴らしいメジャーデビューを果たした(残りの2打席とも対戦投手はハフで、第2打席は三振、第3打席は凡退)。1981年は、9試合の出場で5安打(打率.192)ながら、2本塁打を記録した。

ツインズ時代[編集]

1982年はサードのレギュラーに定着し、三塁手として142試合、シーズン計145試合に出場(残りの試合は遊撃手として2試合、指名打者として1試合)。打率こそ.230に終わったが、25本塁打、84打点、0盗塁を記録。ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では6位に入った(1位は160試合に出場し、打率.264、28本塁打、93打点、3盗塁を記録したボルチモア・オリオールズカル・リプケン遊撃手)。一方で、守備面でも15失策を犯したものの、守備率は.963という数字を記録。ルーキーの三塁手としてはまずまずの数字を残した。

1983年は出場試合数を更に増やし、157試合に出場。しかし、本塁打、打点共に1982年以下の数字に終わった。

1984年はリーグ1位タイとなる162試合に出場。自己ベストの打率.262、11盗塁を記録したが、一方で本塁打、打点、失策などでは自己ワーストの数字に終わってしまった。

1985年は打率が.240台に戻ってしまったが、本塁打は再び20本を超えた。

1986年はガイエティにとって自己ベストのシーズンとなった。オールスターゲームまでは87試合に出場し、打率.262、18本塁打、53打点という数字に対し、後半戦は70試合で、打率.317、16本塁打、55打点と好調を維持。いずれも、シーズン通算成績でガイエティ自身の中で2位となる打率.287、34本塁打、108打点を記録。MVP投票では16位に入った(1位は33試合に登板し、24勝4敗、防御率2.48を記録したボストン・レッドソックスロジャー・クレメンス投手)。

1987年も30本塁打、100打点をそれぞれクリア。MVP投票では1986年よりも順位を上げ、10位に入った(1位は156試合に出場し、打率.308、47本塁打、134打点5盗塁を記録、打点王のタイトルを獲得したトロント・ブルージェイズジョージ・ベル三塁手)。同年ツインズは地区優勝し、デトロイト・タイガースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.300、2本塁打、5打点の活躍でチームをリーグ優勝に導き、MVPを受賞する。さらにカージナルスとのワールドシリーズも第2戦で本塁打を放つ等活躍。チームは4勝3敗で制し、自身唯一のワールドシリーズ優勝に輝いた。11月9日に自身初のFAとなった。

1988年1月7日にツインズと再契約。FA契約1年目の1988年は30本塁打、100打点にはそれぞれ届かなかったが、自身初の打率.300以上を記録。自身初のオールスターゲームにも出場(ガイエティは代打で試合に出場し、ドワイト・グッデン投手と対戦、凡退に終わる)し、MVP投票でも22位に入った(1位は158試合に出場し、打率.307、42本塁打、124打点、40盗塁を記録し、メジャーリーグ史上初の「40本塁打40盗塁」を記録したオークランド・アスレチックスホセ・カンセコ外野手)。しかし、続く2年間は20本塁打にさえ届かず、主砲としての活躍は出来なかった。そして、1990年11月7日にFAとなったガイエティは1991年2月23日カリフォルニア・エンゼルス(現ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム)と契約を結んだ。

エンゼルス時代[編集]

ツインズで30本塁打以上、100打点以上をそれぞれ2度ずつ記録したガイエティだったが、エンゼルス移籍後はツインズで過ごした晩年よりも成績が低下。1993年も開幕をエンゼルスで迎えたが、20試合に出場し、打率.180、0本塁打、4打点と全く振るわず、遂に6月3日にエンゼルスを解雇された。暫くの間、どこのチームとも契約を結べなかったが6月19日カンザスシティ・ロイヤルズと契約を結んだ。

ロイヤルズ時代[編集]

ロイヤルズ移籍後は82試合に出場し、打率こそ.256ながら14本塁打、46打点と多少持ち直した。232日間に及ぶ長期ストライキのあった1994年を経て、1995年は久々に打棒復活。自己ベストとなる35本塁打を放ち、MVP投票では自己最高タイの10位に入った(1位は140試合に出場し、打率.300、39本塁打、26打点、11盗塁を記録したレッドソックスのモー・ボーン一塁手)。シーズンオフの11月3日にはFAとなり、12月18日にカージナルスと契約した。

カージナルス時代[編集]

1996年は、20本塁打、80打点をそれぞれクリアした。

1997年には再び成績が低下。シーズンオフの10月27日にFAとなったガイエティは、12月6日にカージナルスと再契約を結んだ。

1998年もカージナルスで開幕を迎える事になった。その1998年は91試合の出場で11本塁打、43打点を記録したが、打率は.265に留まり、8月14日にカージナルスを解雇された。

カブス時代[編集]

1998年8月19日、自身の誕生日の日にシカゴ・カブスと契約を結んだ。37試合の出場ながら、.320という高打率を記録。8本塁打、27打点も記録し、まずまずの形でシーズンを終えた。シーズンオフのにFAとなったガイエティは、移籍後に好成績を記録した事もあってか、12月7日にカブスと再契約を結んだ。

1999年は、113試合に出場し、打率.204、9本塁打、46打点という低い数字に終わった。シーズンオフの10月15日にFAとなった。

レッドソックス時代[編集]

2000年4月2日になって、ようやくレッドソックスと契約を結んだが、わずか5試合の出場に留まり、10打数でヒットを放つ事も出来なかった。

2000年4月12日の試合が、ガイエティにとって、現役選手としての最後の試合となった。

引退後[編集]

2002年から2004年までヒューストン・アストロズ傘下AAA級ニューオーリンズの打撃コーチを務め、2004年7月にアストロズの打撃コーチに昇格。2006年7月に解雇された後、タンパベイ・レイズ傘下AAA級ダーラムの打撃コーチとなった。

2012年、独立リーグ・アトランティックリーグシュガーランド・スキーターズの初代監督に就任。

選手としての特徴[編集]

守備面での活躍が目立った選手である。ポジション別通算守備率は三塁手として.965、一塁手として.990、遊撃手として.824、外野手として1.000をそれぞれ記録(三塁手としての出場が2282試合で最も多い)し、1986年から4年連続でゴールドグラブ賞(いずれも三塁手部門)に選出されている。 打撃面では、30本塁打以上を3度、20本塁打以上(30本塁打以上も含めて)を8度記録しているパワーヒッターである反面、通算打率は.255で打率.300台はキャリアを通じて1度しかなく、通算三振数1602、シーズン100三振以上を5度記録するなど、バットコンタクトの技術は高いとは言えない成績が残っている。また、通算四球数634、通算出塁率.308と、四球を選ぶタイプでもなかった。 走塁面では1984年から4年連続で2ケタ盗塁を記録した事もあるが、成功率は高くなかった。

詳細情報[編集]

獲得タイトル・記録[編集]

  • オールスターゲーム出場2回(1988年、1989年)
  • アメリカンリーグチャンピオンシップシリーズMVP1回(1987年)
  • ゴールドグラブ賞4回(1986年、1987年、1988年、1989年)
  • シルバースラッガー賞1回(1995年)
  • 三塁手として通算7度の三重殺を成功させており、これは三塁手としてのメジャーリーグ最多記録である。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 MIN 9 26 26 4 5 0 0 2 11 3 0 0 0 0 0 0 0 6 1 .192 .192 .423 .615
1982 145 565 508 59 117 25 4 25 225 84 0 4 4 13 37 2 3 107 16 .230 .280 .443 .723
1983 157 650 584 81 143 30 3 21 242 78 7 1 0 8 54 2 4 121 18 .245 .309 .414 .723
1984 162 644 588 55 154 29 4 5 206 65 11 5 3 5 44 1 4 81 9 .262 .315 .350 .665
1985 160 608 560 71 138 31 0 20 229 63 13 5 3 1 37 3 7 89 15 .246 .301 .409 .710
1986 157 661 596 91 171 34 1 34 309 108 14 15 1 6 52 4 6 108 18 .287 .347 .518 .865
1987 154 628 584 95 150 36 2 31 283 109 10 7 1 3 37 7 3 92 25 .257 .303 .485 .788
1988 133 516 468 66 141 29 2 28 258 88 7 4 1 6 36 5 5 85 10 .301 .353 .551 .904
1989 130 536 498 63 125 11 4 19 201 75 6 2 1 9 25 5 3 87 12 .251 .286 .404 .690
1990 154 625 577 61 132 27 5 16 217 85 6 1 1 8 36 1 3 101 22 .229 .274 .376 .650
1991 CAL 152 634 586 58 144 22 1 18 222 66 5 5 2 5 33 3 8 104 13 .246 .293 .379 .672
1992 130 486 456 41 103 13 2 12 156 48 3 1 0 3 21 4 6 79 9 .226 .267 .342 .609
1993 20 56 50 3 9 2 0 0 11 4 1 0 0 1 5 0 0 12 3 .180 .250 .220 .470
KC 82 313 281 37 72 18 1 14 134 46 0 3 2 6 16 0 8 75 2 .256 .309 .477 .786
'93計 102 369 331 40 81 20 1 14 145 50 1 3 2 7 21 0 8 87 5 .245 .300 .438 .738
1994 90 352 327 53 94 15 3 12 151 57 0 2 1 3 19 3 2 63 9 .287 .328 .462 .790
1995 137 578 514 76 134 27 0 35 266 96 3 3 3 6 47 6 8 91 7 .261 .329 .518 .847
1996 STL 141 574 522 71 143 27 4 23 247 80 2 2 4 5 35 6 8 97 10 .274 .326 .473 .799
1997 148 554 502 63 126 24 1 17 203 69 7 3 4 6 36 3 6 88 20 .251 .305 .404 .709
1998 91 345 306 39 81 23 1 11 139 43 1 1 0 3 31 1 5 39 10 .265 .339 .454 .793
CHC 37 147 128 21 41 11 0 8 76 27 0 0 1 1 12 1 5 23 2 .320 .397 .594 .991
'98計 128 492 434 60 122 34 1 19 215 70 1 1 1 4 43 2 10 62 12 .281 .356 .495 .851
1999 113 308 280 22 57 9 1 9 95 46 0 1 0 5 21 0 2 51 5 .204 .260 .339 .599
2000 BOS 5 11 10 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
通算:20年 2507 9817 8951 1130 2280 443 39 360 3881 1341 96 65 32 104 634 57 96 1602 236 .255 .308 .434 .742
  • 太字はリーグ1位。

外部リンク[編集]