ジェフ・リアドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェフ・リアドン
Jeff Reardon
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 マサチューセッツ州
生年月日 (1955-10-01) 1955年10月1日(64歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1977年
初出場 1979年8月25日
最終出場 1994年5月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェフ・リアドンJeffrey James Reardon , 1955年10月1日 - )はアメリカメジャーリーグで活躍した投手(救援投手)。右投右打。アメリカ合衆国マサチューセッツ州ダルトン出身。ニックネームは「The Terminatorターミネーター)」。

2017年シーズン終了時点で歴代第10位となる通算367セーブを挙げた。メジャーリーグでのキャリアの中で先発登板したことは1度もなく、純然たる救援投手である。

人物・来歴[編集]

1979年8月25日ニューヨーク・メッツでメジャー初登板。当初は主に中継ぎ投手としての起用で、1981年途中にモントリオール・エクスポズ(現在のワシントン・ナショナルズ)に移籍50日間に及ぶストライキでシーズンが中断され、2シーズン制となったこの年、エクスポズは球団創設以来初、モントリオール時代唯一の地区優勝を果たす[1]が、チャンピオンシップシリーズロサンゼルス・ドジャースに敗れ、ワールドシリーズ出場はならなかった。 翌1982年よりクローザーに昇格し、この年から11年連続で20以上のセーブをあげる。 1985年にはナ・リーグ最多の41セーブをマークし、最優秀救援投手賞を受賞。初のオールスター出場を果たす。 1986年も35セーブをあげて、2年連続でオールスター出場。秋にメジャーリーグオールスターの一員として来日。この時が最後のエクスポズのユニフォーム姿となった。

1987年ミネソタ・ツインズに移籍し、31セーブをあげてチームのワールドチャンピオンに貢献。 ワールドシリーズ最終戦となった第7戦ではセーブをあげて、(日本でいう)「胴上げ投手」となった。 1988年は42セーブをあげて、3度目のオールスター出場を果たした。両リーグでの40セーブ達成は史上初であった。

1990年にはボストン・レッドソックスに移籍。1991年は40セーブをあげて、4度目のオールスター出場を果たす。 異なる3チームでの40セーブ達成も史上初であった。 1992年6月にローリー・フィンガーズが保持していたメジャーの通算セーブ記録341を抜く342セーブを記録する(翌1993年、1年足らずでリー・スミスに抜かれる)。 シーズン終盤にアトランタ・ブレーブスに移籍。 トロント・ブルージェイズとのワールドシリーズに進出するが、第2戦で1点リードの9回表に登板も、エド・スプレイグに逆転2ランホームランを打たれてセーブ失敗、敗戦投手となる。チームも2勝4敗で敗れた。

翌1993年はシカゴ・カブスに移籍。8セーブに終わって中継ぎに降格となった。 1994年にはニューヨーク・ヤンキースに移籍したが、開幕から11試合の登板で防御率8.38の散々な内容で5月に解雇され、そのまま現役を引退した。

通算880試合登板は2012年終了時点でメジャーリーグ歴代30位。先発経験が一度もない投手に限定すれば、歴代7位である。また、冒頭のように通算367セーブは2012年終了時点で歴代7位である。

メジャーリーガーには珍しく愛煙家。1986年に日米野球で来日した際には、来日した選手・監督・コーチ・関係者の中で唯一のスモーカーで、非常に肩身の狭い思いをしたという[2]

受賞歴・記録[編集]

タイトル [編集]

表彰 [編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1979 NYM 18 0 0 0 0 1 2 2 -- .333 81 20.2 12 2 9 3 0 10 2 0 7 4 1.74 1.02
1980 61 0 0 0 0 8 7 6 -- .533 475 110.1 96 10 47 15 0 101 2 0 36 32 2.61 1.30
1981 18 0 0 0 0 1 0 2 -- 1.000 124 28.2 27 2 12 4 1 28 0 0 11 11 3.45 1.36
MON 25 0 0 0 0 2 0 6 -- 1.000 155 41.2 21 3 9 0 1 21 1 0 6 6 1.30 0.72
'81計 43 0 0 0 0 3 0 8 -- 1.000 279 70.1 48 5 21 4 2 49 1 0 17 17 2.18 0.98
1982 75 0 0 0 0 7 4 26 -- .636 444 109.0 87 6 36 4 2 86 2 0 28 25 2.06 1.13
1983 66 0 0 0 0 7 9 21 -- .438 403 92.0 87 7 44 9 1 78 2 0 34 31 3.03 1.42
1984 68 0 0 0 0 7 7 23 -- .500 363 87.0 70 5 37 7 3 79 4 0 31 28 2.90 1.23
1985 63 0 0 0 0 2 8 41 -- .200 356 87.2 68 7 26 4 1 67 2 0 31 31 3.18 1.07
1986 62 0 0 0 0 7 9 35 -- .438 368 89.0 83 12 26 2 1 67 0 0 42 39 3.94 1.22
1987 MIN 63 0 0 0 0 8 8 31 -- .500 337 80.1 70 14 28 4 3 83 2 0 41 40 4.48 1.22
1988 63 0 0 0 0 2 4 42 -- .333 299 73.0 68 6 15 2 2 56 0 3 21 20 2.47 1.14
1989 65 0 0 0 0 5 4 31 -- .556 297 73.0 68 8 12 3 3 46 1 1 33 33 4.07 1.10
1990 BOS 47 0 0 0 0 5 3 21 -- .625 210 51.1 39 5 19 4 1 33 0 0 19 18 3.16 1.13
1991 57 0 0 0 0 1 4 40 -- .200 248 59.1 54 9 16 3 1 44 0 0 21 20 3.03 1.18
1992 46 0 0 0 0 2 2 27 -- .500 183 42.1 53 6 7 0 1 32 0 0 20 20 4.25 1.02
ATL 14 0 0 0 0 3 0 3 -- 1.000 62 15.2 14 0 2 1 1 7 0 0 2 2 1.15 1.42
'92計 60 0 0 0 0 5 2 30 -- .500 245 58.0 67 6 9 1 2 39 0 0 22 22 3.41 1.31
1993 CHC 58 0 0 0 0 4 6 8 -- .400 267 61.2 66 4 10 0 5 35 2 0 34 28 4.09 1.23
1994 NYY 11 0 0 0 0 1 0 2 -- 1.000 48 9.2 17 3 3 0 0 4 0 0 9 9 8.38 2.07
通算:16年 880 0 0 0 0 73 77 367 -- .487 4720 1132.1 1000 109 358 65 27 877 20 4 426 397 3.16 1.20
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ ワシントンD.C.移転後の2012年に球団史上2度目の地区優勝を果たした。
  2. ^ 週刊ベースボール・1986年12月31日増刊号 1986米大リーグ総集編、ベースボール・マガジン社、1986年、104頁

外部リンク[編集]