ジョー・ネイサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョー・ネイサン
Joe Nathan
サンフランシスコ・ジャイアンツ #74
Bryan Holaday, Joe Nathan (14000895919).jpg
タイガース時代(写真右・2014年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ヒューストン
生年月日 (1974-11-22) 1974年11月22日(42歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1995年 MLBドラフト6巡目(全体159位)でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名
初出場 1999年4月21日 フロリダ・マーリンズ
年俸 $507,500(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2006年

ジョゼフ・マイケル・ネイサンJoseph Michael "Joe" Nathan, 1974年11月22日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBサンフランシスコ・ジャイアンツに所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

テキサス州ヒューストン生まれ、ニューヨーク州ミドルタウン育ち。子供のときはニューヨーク・メッツのファンだった[2]。同州パインブッシュパインブッシュ高校英語版に進学し、野球部では遊撃手として活躍。そこからNCAAディビジョンIに所属する大学への進学を目指すが、ネイサン自身が「多少の興味はあった」というオクラホマ州立大学をはじめとする強豪校はネイサンに関心を示さず、結局ディビジョンIII所属(当時)のニューヨーク州立大学ストーニブルック校へ入学することになった[3]。同校コーチのマット・センクが、パインブッシュ高校コーチのジェフ・マイソネットと大学時代のルームメイトであったことも、この進路選択に影響している。

大学に入ってすぐ、練習でネイサンが一塁手へ矢のような送球をしたのを観たセンクは、ネイサンを投手としてもテストしてみる。だが「週に1、2試合しか登板しない投手をやらせるよりも、毎日出場できる野手のほうがいいだろう」というセンクの判断により、ネイサンは遊撃のポジションに留まった[3]。ネイサンは強打のラインドライブ・ヒッターとして活躍。センクの母校であるニューヨーク州立大学コートランド校と対戦した際には、センク曰く「430フィート(約131.1メートル)は飛んだ」という特大の本塁打を放っている[4]。だがそれでも、ネイサンを視察するプロのスカウトの多くは、その体つきと強肩から将来の投手転向を期待していた。ネイサンによれば、彼が「将来は野手一本でいくつもりです」と告げると興味を失うスカウトがほとんどで、ネイサンを野手としてスカウト活動をしていたのは最終的にはサンフランシスコ・ジャイアンツフィラデルフィア・フィリーズの2球団だけになったという[3]

1995年6月、ドラフト6巡目(全体159位)でジャイアンツから指名されたネイサンは、その翌日に入団契約を結びプロ入りする。自分を遊撃手として評価してくれた球団からの指名にネイサンは喜ぶが[3]、ジャイアンツのスカウトのアラン・マーは、ネイサンの送球時の腕の動きが「まるで投手みたいだ」と、投手としての可能性も視野に入れていた[5]

ジャイアンツ時代[編集]

入団後すぐ、ネイサンはマイナーリーグのA-級ビリンガム・ジャイアンツ英語版でプロ初出場。だがこの年は56試合に出場し、打撃では打率.232・OPS.665、遊撃守備では26失策守備率.897と、攻守に精彩を欠いた。

1996年スプリングトレーニング中に球団から呼び出されたネイサンは、投手への転向を打診される。しかしプロ入り前から遊撃手に強いこだわりをもっていたネイサンは涙ながらにこれを拒否し、「しばらくオフがほしい」と申し出てチームを離脱した[5]。大学に戻ったネイサンは、野球部で練習を続ける傍ら、経営管理学学位を取得するために学問に励む。さらにその間には証券会社での勤務なども経験するが、これがきっかけで「毎朝5時に起きては受話器を片手に9時間も10時間も働く、という生活をおくってみて、『プロの野球選手っていいなぁ』と思えるようになった」と、ネイサンの心境に変化が表れた[3]

ジャイアンツGMブライアン・セイビアン英語版に復帰の意思を表明する書類を提出したネイサンは、1997年5月に学位を取得し大学を卒業、その2日後にアリゾナ州にある球団施設に合流し、球団の求めに応じて投手として現役復帰する[5]。A-級セイラムカイザー・ボルケーノズで基礎から学んだネイサンは、速球と鋭く曲がるカーブを武器に[6]、18試合62イニングを投げて防御率2.47という成績を残した。翌1998年にはA+級サンノゼ・ジャイアンツ英語版を経てAA級シュリーブポート・キャプテンズまで昇格。2クラスで全26試合に先発登板し、9勝9敗・防御率3.93を記録する。

1999年にジャイアンツのスプリングトレーニングに参加したネイサンは、スティーブ・ソダーストロム英語版クリス・ブロックミゲール・デルトロらと先発ローテーション5番手の座を争う[6]。結果はブロックがローテ入りとなり、ネイサンは開幕をAA級シュリーブポートで迎えることに。だが4月中にメジャー初昇格を果たし、21日のフロリダ・マーリンズ戦でメジャー初登板を果たした。この試合で先発したネイサンは7イニングを投げ、初回と6回以外は毎回得点圏に走者を背負う投球となったが無失点で切り抜け、勝利投手となった[7]。その後はAAA級フレズノ・グリズリーズへの降格とメジャー昇格を繰り返しながら、メジャーでは19試合に登板し7勝4敗・防御率4.18という成績を残した。2000年には前年を上回る20試合に登板。しかしシーズン終盤に右肩を痛め、手術を受けた。2001年にはメジャーでの登板はなく、マイナーでもAAA級・AA級あわせて防御率7.29しか残せなかった。

しかしネイサンは、2002年9月11日にメジャーで再び復帰し、4試合を投げシーズンを終えた。故障が多いため中継ぎへ転向し[8]、迎えた2003年にはリーグ5位の78試合に登板し、リリーフ投手でメジャー最多の12勝[9]、19ホールド・防御率2.96を記録した。

ツインズ時代[編集]

2007年

2013年11月14日、ネイサンはフランシスコ・リリアーノブーフ・ボンサーとともにA・J・ピアジンスキーとのトレードミネソタ・ツインズへ移籍した。前年までチームの抑え投手だったエディ・グアダードシアトル・マリナーズへ移籍したツインズは、ネイサンを抑えに抜擢した。 2004年はエキシビジョンゲームや開幕直後に不安定な投球を見せたため、クローザーが務まるか疑問視された[10]。4月15日から6月4日にかけての20試合連続無失点を記録し、5月8日から8月15日にかけて球団新記録となる27回連続セーブを記録[11]。初選出となったオールスターでは、1回を無失点に抑え、2奪三振を記録。クローザーの地位を不動にし[10]、44セーブ(リーグ3位)を挙げた。サイ・ヤング賞の投票ではペドロ・マルティネスフランシスコ・ロドリゲスに並ぶ4位に入り[12]、MVPの投票では12位に入った。

ツインズ時代

2005年は2年契約の2年目で契約を満了していないにもかかわらず球団は、スプリングトレーニング期間中の3月4日2006年から2年総額1,000万ドル2008年はオプションで600万ドルで契約延長[11]。レギュラーシーズンでは開幕から5月10日にかけて15試合連続無失点を記録し、昨年に続きオールスターに選出された。7勝4敗、リーグ3位の43セーブを記録し2年連続40セーブは球団史上3人目の快挙となった[13]

2006年3月に開催されたワールド・ベースボール・クラシックではアメリカ合衆国代表として出場。同年のレギュラーシーズンでは6月24日のカブス戦で球団史上5人目の通算100セーブを達成し[14]、9月9日のタイガース戦で通算117セーブ目を記録しエディ・グアダードを抜き、球団通算セーブ記録で単独2位となった[14]。64試合に登板し、7勝0敗、防御率1.58、36セーブを記録した。サイ・ヤング賞では5位に入った。

2007年、37セーブを記録し、球団史上初めて4年連続で36セーブ以上を記録した[15]。ツインズ移籍後の2004年からの4年間でマリアノ・リベラに並ぶリーグ最多通算160セーブを記録した[15]。シーズン終了後の10月29日に球団が2008年のオプションを行使し、残留が決まったものの[16]、トレード話が取り沙汰された[17]

2008年、以前から『引退するまでツインズで投げたい』と公言していたネイサンに対して、球団は3月24日に1年総額600万ドルの契約を一旦取り下げると、2008年から4年総額4,700万ドル、さらに5年目の2012年は1,250万ドルの球団オプションに2万ドルのバイアウト付きという内容で、再契約した[17]。同年のレギュラーシーズンは自己ベストの防御率1.33を記録したが、セーブの失敗が自己ワーストの6回を記録した。

2009年は47セーブを記録したが、2010年トミー・ジョン手術のため全休となる。

2011年に復帰したが不本意な成績に終わった。ツインズでの通算260セーブは、リック・アギレラの254セーブを抜いて球団最多記録。

レンジャーズ時代[編集]

オフにFAとなり、先発転向のネフタリ・フェリスに代わるクローザーを探していたテキサス・レンジャーズと2年契約(3年目はオプション)を結んだ[18]

2012年は、オールスターに選出された。

2013年4月9日タンパベイ・レイズ戦で通算300セーブを達成。オフにFAとなる。

タイガース時代[編集]

2013年12月4日、2年総額2000万ドルでデトロイト・タイガースと契約[19]。タイガース加入1年目は、リーグ5位となる35セーブを挙げたが、自己ワーストのセーブ失敗7回、防御率4.81は自己ワースト3位、WHIP1.53は実にメジャー2年目の2000年以来となる自己ワースト2位に終わり、セーブ数とは対照的に大不振に陥った。

2015年は、4月6日の対ミネソタ・ツインズ戦でシーズン初登板し、セーブを挙げた[20]。しかし、その後、肘に不調を発症してマイナーで調整登板していたが、そこで更に痛みが増したため、検査を受けて結局自身2度目となるトミー・ジョン手術を受けることになった[21]。40歳と高齢である事情もあり、このまま引退に追い込まれる可能性も取り沙汰されたが、ネイサン自身は復活を目指し、引退するつもりはないと明言した[21]11月3日にFAとなった[22]

カブス時代[編集]

2016年5月17日シカゴ・カブスとメジャー契約を結んだ。球団は60日間の故障者リストに載せた[23]7月24日にメジャー復帰し、同日のミルウォーキー・ブルワーズ戦で移籍後初登板で勝利投手となった[24]8月5日に故障者リスト入りしていたホルヘ・ソレアの戦列復帰に伴い、メジャー登録枠を空けるために40人枠から外され、事実上の戦力外となった[25]

ジャイアンツ復帰[編集]

2016年8月16日、古巣ジャイアンツとマイナー契約を結んだ[26]。9月3日にメジャー契約を結びアクティブロースター入りし[27]、9月4日のシカゴ・カブス戦の延長12回裏に登板し、1イニング無失点だった[28]

投球スタイル[編集]

球種は元来、最速160.9km/h、平均150km/hのフォーシームに、平均128km/hのカーブ、平均133km/hのチェンジアップの3球種だった。

2003年には、平均142km/hのスライダーを習得し、以降はメインの変化球をカーブからスライダーに変更した。

ツインズ移籍後は、稀にカットボールも投げるようになり、全体的に球速も上がっていった。全盛期にはカーブを投げる頻度も大幅に減り、フォーシームスライダーの2球種で投球全体の約90%以上を占めた。

トミー・ジョン手術明けの2011年以降は、ツーシームも習得し、再びカーブを使い始めた。また、速球フォーシームツーシーム)の割合を減らし、スライダーカーブチェンジアップが約40~45%を占めるようになった。球速と球威の低下をカバーするため、パワーピッチャー・タイプから技巧派寄りにシフトしている。

奪三振が多く、リリーフに転向した2003年以降5年連続で、奪三振数が投球回数を上回っており、その間の奪三振率は10.91に達している。GO/AO(ゴロアウト/Ground Outとフライアウト/Air Outの比率)が1を下回り、典型的なフライボールピッチャーだったが[29]、その比率が2007年に1.04と1を上回り、2008年には1.42と年々上昇している。

制球はやや荒れ気味で、ジョニー・デイモンは「ネイサンは力強い球を投げるけど、そこらじゅうに球が散る時がある」[30]と評している。投球モーションが大きいため、盗塁阻止率が低いが[29]、リリーフ転向後は四球で無駄に走者を出すことはなく、与四球率はツインズ、レンジャーズ時代にかけて、2点台以下を記録している。

ポストシーズンでは通算10試合に登板しているが、防御率8.10とよく打たれていて、各シリーズを突破したことがない。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 SF 19 14 0 0 0 7 4 1 0 .636 395 90.1 84 17 46 0 1 54 2 0 45 42 4.18 1.44
2000 20 15 0 0 0 5 2 0 0 .714 426 93.1 89 12 63 4 4 61 5 0 63 54 5.21 1.63
2002 4 0 0 0 0 0 0 0 0 --- 12 3.2 1 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0.00 0.27
2003 78 0 0 0 0 12 4 0 20 .750 316 79.0 51 7 33 3 3 83 4 1 26 26 2.96 1.06
2004 MIN 73 0 0 0 0 1 2 44 0 .333 284 72.1 48 3 23 3 2 89 5 0 14 13 1.62 0.98
2005 69 0 0 0 0 7 4 43 0 .636 276 70.0 46 5 22 1 0 94 2 0 22 21 2.70 0.97
2006 64 0 0 0 0 7 0 36 0 1.000 262 68.1 38 3 16 4 1 95 3 0 12 12 1.58 0.79
2007 68 0 0 0 0 4 2 37 0 .667 282 71.2 54 4 19 2 1 77 3 0 15 15 1.88 1.02
2008 68 0 0 0 0 1 2 39 0 .333 261 67.2 43 5 18 4 2 74 2 0 13 10 1.33 0.90
2009 70 0 0 0 0 2 2 47 0 .500 271 68.2 42 7 22 1 2 89 4 0 16 16 2.10 0.93
2011 48 0 0 0 0 2 1 14 8 .667 191 44.2 38 7 14 2 3 43 3 0 26 24 4.84 1.16
2012 TEX 66 0 0 0 0 3 5 37 0 .375 257 64.1 55 7 13 1 2 78 5 0 23 20 2.80 1.06
2013 67 0 0 0 0 6 2 43 0 .750 250 64.2 36 2 22 3 1 73 4 0 10 10 1.39 0.90
2014 DET 62 0 0 0 0 5 4 35 0 .556 259 58.0 60 5 29 3 1 54 4 1 32 31 4.81 1.53
2015 1 0 0 0 0 0 0 1 0 --- 1 0.1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.00
通算:15年 777 29 0 0 0 62 34 377 28 .646 3743 917.0 685 84 340 31 23 967 46 2 317 294 2.89 1.12
  • 2015年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰[編集]

背番号[編集]

  • 36 (1999年 - 2016年8月)
  • 74 (2016年9月 - )

脚注[編集]

  1. ^ Joe Nathan Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年5月27日閲覧。
  2. ^ Joe Christensen, Star Tribune, "All-Star Game: Where old, new legends meet," StarTribune.com, July 15, 2008. 2010年11月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e Jeff Pearlman, "Still Firing, Just Not Every Day," SI Vault, December 4, 2000. 2010年11月3日閲覧。
  4. ^ Courtesy of Mark Simon - ESPN.com, "Beyond Tonight - Joe Nathan," STONY BROOK OFFICIAL ATHLETIC SITE, May 12, 2005. 2010年11月3日閲覧。
  5. ^ a b c La Velle E. Neal III (2008年5月24日), "Joe Nathan: A closer's path to closure," StarTribune.com, Star Tribune. 2010年11月3日閲覧。
  6. ^ a b Henry Schulman, Chronicle Staff Writer, "Giants Take Long Look At Righty Joe Nathan," SFGate, 1999年3月19日. 2010年11月6日閲覧。
  7. ^ "Apr 21, 1999, Marlins at Giants Play by Play and Box Score," Baseball-Reference.com. 2010年11月6日閲覧。
  8. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、111頁。ISBN 978-4-331-51213-5
  9. ^ Chris Lampe (2006年2月9日). “San Jose Giants Baseball Club Did You Know? Pitcher Joe Nathan” (英語). 2008年2月1日閲覧。
  10. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2005』 廣済堂出版、2005年、97頁。ISBN 978-4-331-51093-3
  11. ^ a b Mark Sheldon (2005年3月5日). “Nathan, Rincon agree to deals Hurlers receive two more years on their contracts” (英語). MLB.com. 2009年3月6日閲覧。
  12. ^ Baseball Awards Voting for 2004 - Baseball-Reference.com” (英語). 2008年2月1日閲覧。
  13. ^ 2005 Career Highlights:MLB.com” (英語). 2008年2月1日閲覧。
  14. ^ a b 2006 Career Highlights:MLB.com” (英語). 2008年2月1日閲覧。
  15. ^ a b 2007 Career Highlights:MLB.com” (英語). 2008年2月1日閲覧。
  16. ^ Associated Press (2007年10月29日). “Twins exercise Nathan's option at bargain price of $6M ESPN.com” (英語). 2008年2月1日閲覧。
  17. ^ a b 津川晋一 「MLB30球団レポート&全選手個人成績 ミネソタ・ツインズ 守護神ネイサンが4年間の契約延長」 『月刊スラッガー』2008年6月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌15509-6、78頁。
  18. ^ Rangers sign Nathan, move Feliz to rotation. USATODAY.com(英語). 2012年1月21日閲覧
  19. ^ Jason Beck (2013年12月4日). “Nathan seeks elusive World Series with Tigers” (英語). MLB.com. 2016年5月27日閲覧。
  20. ^ April 6, 2015 MIN VS DET” (英語). 2015年10月13日閲覧。
  21. ^ a b Jason Beck (2015年4月23日). “Nathan to have season-ending Tommy John surgery - Tigers closer, 40, does not plan to retire as a result of the injury”. MLB.com (Official Detroit Tigers Website). 2015年10月13日閲覧。
  22. ^ Transactions | tigers.com”. MLB.com (2015年11月3日). 2015年11月5日閲覧。
  23. ^ Carrie Muskat (2016年5月17日). “Cubs sign Nathan, still recovering from elbow surgery”. MLB.com. 2016年5月27日閲覧。
  24. ^ Anthony Rizzo's 3-run double helps Cubs beat Brewers 6-5
  25. ^ “カブス、通算377セーブのJ.ネーサンを“戦力外”に”. ISM. Yahoo!JAPAN. (2016年8月6日). オリジナル2016年8月9日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/h9ltQ 2016年9月8日閲覧。 
  26. ^ “ジャイアンツ、球宴選出6度のJ.ネーサンを獲得 「ベテランの経験をもたらす」”. ISM. Yahoo!JAPAN. (2016年8月17日). オリジナル2016年8月17日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/i3KHd 2016年9月8日閲覧。 
  27. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年9月8日閲覧。
  28. ^ Giants vs. Cubs | 09/04/16” (英語). MLB.com (2016年9月4日). 2016年9月8日閲覧。
  29. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年、132頁。ISBN 978-4-331-51370-5
  30. ^ Tyler Kepner / New York Times 「(リベラ以外で)最高の守護神は誰だ!? ヤンキースが恐れるクローザーたち」 『月刊スラッガー』2006年7月号、日本スポーツ企画出版社、2006年、雑誌15509-7、32-34頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]