トロイ・パーシバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トロイ・パーシバル
Troy Percival
Troy Percival (1099898562).jpg
セントルイス・カージナルスでの現役時代
(2007年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州フォンタナ
生年月日 (1969-08-09) 1969年8月9日(49歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト6巡目
初出場 1995年4月26日
最終出場 2009年5月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トロイ・ユージーン・パーシバルTroy Eugene Percival, 1969年8月9日 - )は、MLBの元プロ野球選手。ポジションは投手救援投手)。アメリカ合衆国カリフォルニア州フォンタナ出身。

現役時代は主にアナハイム・エンゼルスなどでクローザーとして活躍、通算358セーブを挙げた。

経歴[編集]

1990年のMLBドラフトカリフォルニア・エンゼルスから6巡目に指名を受け入団。入団当初は強肩の捕手だったが、メジャー1年目A級での打率は.203だった。ボブ・クリアーフランク・リーバーガーの2人の巡回コーチから「捕手としてプレーを続けて君のキャリアを無駄にする必要はない。君には凄い強肩があるじゃないか。ピッチャーとしてやってみないか?」と投手転向を勧められた[1]

捕手に愛着があったがパーシバルは投手に転向し、1991年にA級でリーグ最多の12セーブを記録するなどリリーフとして徐々に実績を積み重ねる[1]1995年にはメジャーの開幕ロースター入りを果たし、4月26日にメジャーデビューする。この年はリー・スミスへのセットアップ役[1]として62試合に登板し、3勝、3セーブ防御率1.95、奪三振率11.43という活躍で新人王投票では4位となった。

故障のリー・スミスに代わり1996年は開幕からクローザーに就任。オールスターゲームにも初出場を果たして36セーブを挙げる。1997年は右肩の故障で1か月半故障者リスト入りしたため27セーブに終わったが、翌1998年には自己最多で球団歴代2位となる42セーブを記録。2002年は4勝1敗40セーブ、防御率1.92を記録し、チームはワイルドカードポストシーズンに進出する。ポストシーズンでは9月18日にデビューしたばかりの新人で、大ブレークしたフランシスコ・ロドリゲスのあとを受け、9試合に登板し失敗なしの7セーブを記録、球団史上初の世界一の瞬間にはマウンド上で雄たけびを上げた。

2004年も33セーブを記録し地区優勝に貢献したが、同年オフにはフリーエージェントとなる。エンゼルスに在籍していた10年間では、1998年から7年連続30セーブ以上を記録、また通算316セーブは球団記録である。

オフには日本球界からも読売ジャイアンツが獲得に乗り出しメディカルチェックまで済ませていたが[2]デトロイト・タイガースに入団。パーシバル獲得に失敗した巨人はダン・ミセリと契約した。2005年は開幕から故障に悩まされ、5月9日右腕屈筋裂傷で故障者リスト入りする。6月4日にいったん復帰したものの、7月9日再び故障者リスト入りしてシーズンを終えた。2006年は右前腕の故障が癒えずシーズンを通して故障者リストですごした[3]

引退を決意した2007年は、エンゼルスの巡回投手コーチに就任し、傘下のマイナーチームで指導をすることとなった[4]。4月2日には1日だけエンゼルスとマイナー契約を結び、アナハイムでの開幕戦でエンゼルスの選手として引退式を行なった[5][6]。ところが子供の野球の練習を手伝っていた際に腕の痛みが消えていることに気づき、母校カリフォルニア大学で練習を始める[7]

5月18日には現役復帰をめざすと発表し、チームにコーチ契約の解除を申し出た。実に早い引退撤回であった。数チームが注目する中、6月8日にカージナルスとマイナー契約を結び、6月28日には約2年ぶりにメジャー復帰、主に中継ぎとして34試合に登板し、防御率1.80という好成績を残した。シーズン終了後の11月2日はFAとなり、ミルウォーキー・ブルワーズニューヨーク・ヤンキース、タイガースも興味を示していたが、11月29日にエンゼルス時代のベンチコーチであるジョー・マドンが監督をつとめるタンパベイ・レイズと2年総額800万ドルで契約した。

レイズではリリーフ投手としてだけではなく、若い投手陣のリーダーとしての役割も期待されていた[8]2008年はチーム最多の28セーブを記録し、レイズのプレーオフ進出に貢献した。レイズはディビジョンシリーズリーグチャンピオンシップシリーズを勝ち抜いてワールドシリーズに進出したが、パーシバルはシーズン後半に悩まされた背中の故障のためメンバーから外れており、プレーオフには出場できなかった。12月に背中の手術を受けた。[9]

2009年は肩の炎症のため5月23日に故障者リストに入り、その後復帰することはなかった。8月11日に引退を表明した。 現役引退後、2012年には母校であるモレノバレー高校の野球部のコーチを務めた。

エンゼルス時代にチームメートであった長谷川滋利とは1997年の入団会見以来の仲で、長谷川にとっては「メジャーリーグにおける師匠のような存在」[10]であるという。

プレイスタイル[編集]

全盛期は浮き上がるような軌道を描く最速102mph(約164km/h)のフォーシーム・ファストボールを武器とし[11]カーブチェンジアップを交えていた。

受賞歴・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1995 CAL
ANA
62 0 0 0 0 3 2 3 -- .600 284 74.0 37 6 26 2 1 94 2 2 19 16 1.95 0.85
1996 62 0 0 0 0 0 2 36 -- .000 291 74.0 38 8 31 4 2 100 2 0 20 19 2.31 0.93
1997 55 0 0 0 0 5 5 27 -- .500 224 52.0 40 6 22 2 4 72 5 0 20 20 3.46 1.19
1998 67 0 0 0 0 2 7 42 -- .222 287 66.2 45 5 37 4 3 87 3 0 31 27 3.65 1.23
1999 60 0 0 0 0 4 6 31 0 .400 230 57.0 38 9 22 0 3 58 3 0 24 24 3.79 1.05
2000 54 0 0 0 0 5 5 32 0 .500 221 50.0 42 7 30 4 2 49 1 0 27 25 4.50 1.44
2001 57 0 0 0 0 4 2 39 0 .667 230 57.2 39 3 18 1 2 71 2 0 19 17 2.65 0.99
2002 58 0 0 0 0 4 1 40 0 .800 228 56.1 38 5 25 1 0 68 5 0 12 12 1.92 1.12
2003 52 0 0 0 0 0 5 33 0 .000 206 49.1 33 7 23 1 3 48 1 0 22 19 3.47 1.14
2004 52 0 0 0 0 2 3 33 0 .400 211 49.2 43 7 19 3 3 33 2 0 19 16 2.90 1.25
2005 DET 26 0 0 0 0 1 3 8 0 .250 107 25.0 19 7 11 3 2 20 0 0 16 16 5.76 1.20
2007 STL 34 1 0 0 0 3 0 0 4 1.000 150 40.0 24 3 10 0 0 36 2 0 8 8 1.80 0.85
2008 TB 50 0 0 0 0 2 1 28 4 .667 194 45.2 29 9 27 0 1 38 2 0 26 23 4.53 1.23
2009 14 0 0 0 0 0 1 6 0 .000 52 11.1 14 3 5 0 1 7 2 0 8 8 6.35 1.68
通算:14年 703 1 0 0 0 35 43 358 8 .449 2915 708.2 479 85 306 25 27 781 32 2 271 250 3.17 1.11
  • 2009年度シーズン終了時
  • CAL(カリフォルニア・エンゼルス)は、1997年にANA(アナハイム・エンゼルス)に球団名を変更

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 古内義明ナガオ勝司大冨真一郎「THE CONSOLATION MATCH ON THE MOUND マウンドにかけた第二の野球人生。/トロイ・パーシバル[エンゼルス]」 『月刊メジャー・リーグ』2004年6月号、ベースボール・マガジン社、2004年、雑誌08625-6、26頁。
  2. ^ 【3月9日】2005年(平17) 今度こそ当たり!?出塁率5割超 現役大リーガーキャプラー”. スポーツニッポン (2010年3月9日). 2011年4月4日閲覧。
  3. ^ Percival planning comeback”. OCRegister.com (2007年11月30日). 2008年2月26日閲覧。
  4. ^ Notes: Percival returns as instructor”. MLB.com (2007年1月19日). 2008年2月26日閲覧。
  5. ^ Percival officially retires as an Angel”. MLB.com (2007年4月2日). 2008年2月26日閲覧。
  6. ^ Percival says goodbye as Halo”. MLB.com (2007年4月2日). 2008年2月26日閲覧。
  7. ^ Cardinals have two weeks to call up Percival”. ESPN.com (2007年6月12日). 2008年2月26日閲覧。
  8. ^ Rays, reliever Percival sign multi-year deal with incentives”. ESPN (2007年11月30日). 2008年2月26日閲覧。
  9. ^ Troy Percival in the News - The Baseball Library, 2012年8月13日閲覧.
  10. ^ http://sports.yoshimoto.co.jp/shiggy_blog/2007/07/post_c37d.html
  11. ^ 月刊スラッガー』2003年5月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-5、74頁。

外部リンク[編集]