ブラッド・フルマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラッド・フルマー
Brad Fullmer
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州チャッツワース
生年月日 (1975-01-17) 1975年1月17日(43歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1993年 ドラフト2巡目
(モントリオール・エクスポズから指名)
初出場 1997年9月2日
モントリオール・エクスポズ
(対ボストン・レッドソックス戦)
最終出場 2004年7月24日
テキサス・レンジャーズ
(対オークランド・アスレティックス戦)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブラッド・フルマー (Bradley Ryan Fullmer :ブラッドリー・ライアン・フルマー、1975年1月17日 - ) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手 (MLB) である。ポジションは一塁手左翼手であるが、指名打者 (DH) での出場試合数が最多 (465試合) であった。

経歴[編集]

1993年6月3日モントリオール・エクスポズからドラフト2巡目で指名を受けた。そして、約3ヵ月後の9月8日に契約を結んだ[1]。同年と1994年マイナーリーグも含め、試合に出場しなかった。

1995年アルバニー・ポールキャッツ (A級) でプロデビューを果たした。この年は123試合に出場し、打率.323・8本塁打・67打点・10盗塁という成績を残した。

1996年は、ウェストパームビーチ・エクスポズ (A + 級) とハリスバーグ・セネターズ (AA級) で計126試合に出場し、打率.297をマークした。

1997年、セネターズとオタワ・リンクス (AAA級) の2チームでプレイ。118試合に出場して打率.303・22本塁打・79打点・7盗塁という好成績を残した。同年9月2日の対ボストン・レッドソックス戦で、代打としてメジャーデビューを果たした。この打席では右中間スタンドに2点本塁打を叩き込み、初打席本塁打を記録した[2]。最終的には打率.300・3本塁打・8打点という打撃成績を記録した。

1998年はエクスポズのファーストのレギュラーに定着し、140試合で44二塁打・2三塁打・13本塁打を放ち、長打を量産した。シーズンオフのルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では、5位にランクインした (同年の受賞者はケリー・ウッド) [3]。打撃面では好成績をマークしたが、守備面では137試合の一塁守備で、ファーストとしてリーグ最多の17失策守備率.985という成績に終わり、拙守を呈した。

1999年、100試合に出場したが、1ケタ本塁打に終わった。守備面では、守備率を.991まで改善させた。

2000年3月16日に、大型トレードトロント・ブルージェイズに移籍した[1]アメリカン・リーグに移籍した事で、この年から指名打者としての出場がメインになった。シーズン通じて打撃好調を維持し、自身初の30本塁打・100打点のラインをクリアした。チームではカルロス・デルガードトニー・バティスタ (以上41本)、ホゼ・クルーズ (31本) の3人と共に「30本塁打カルテット」を構築した[4]

2001年、自己最多の146試合に出場したが、前年から大幅に打撃成績を落とした。

2002年1月17日、自身2度目のトレードでアナハイム・エンゼルスに移籍した[1]。エンゼルスでは打率.289・19本塁打・59打点という打撃成績をマークし、走塁面でも自己ベストとなる10盗塁を決めた。ポストシーズンでは、3ステージで計12試合に出場し、打率.294・1本塁打・5打点・2盗塁という成績を記録、チームのワールドシリーズ制覇に貢献した。シーズンオフにFAとなったが、2003年1月6日に再契約を結んだ[1]

2003年は、ルーキーイヤー以来となる.300以上の打率をマークしたが、ヒザの故障で故障者リスト (DL) 入り影響により、63試合の出場に留まった[5]10月15日にエンゼルスから解雇されたが、12月18日テキサス・レンジャーズと契約を結んだ[1]

2004年、レンジャーズで76試合に出場して11本塁打を放ったが、低打率 (.233) に留まった。11月1日にFAとなり、2005年7月7日シカゴ・ホワイトソックスと契約を結んだが[1]、2004年を最後にメジャーで試合に出場する事はなかった。

選手としての特徴[編集]

  • 打撃

長打力があって二塁打が多く、シーズン32本塁打を放った事もある。レンジャーズ在籍時の2004年にも、20本塁打以上を期待出来るとされ[5]、実際に20本塁打を超えるペース (シーズン半分の81試合以下で2ケタ本塁打) を放っていた。チャンスにも強い[5]

  • 走塁

マイナー、メジャーどちらでもシーズン2ケタ盗塁を記録した事がある。

  • 守備

一塁手としてリーグ最多失策を記録した事もあり、守備力は平均以下である[5]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

モントリオール・エクスポズ
  • 14 (1997)
  • 20 (1998 - 1999)
トロント・ブルージェイズ
  • 20 (2000 - 2001)
アナハイム・エンゼルス
  • 20 (2002 - 2003)
テキサス・レンジャーズ
  • 20 (2004)

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 MON 19 43 40 4 12 2 0 3 23 8 0 0 0 0 2 1 1 7 0 .300 .349 .575 .924
1998 140 547 505 58 138 44 2 13 225 73 6 6 0 1 39 4 2 70 12 .273 .327 .446 .773
1999 100 374 347 38 96 34 2 9 161 47 2 3 0 3 22 6 2 35 14 .277 .321 .464 .785
2000 TOR 133 524 482 76 142 29 1 32 269 104 3 1 0 6 30 3 6 68 14 .295 .340 .558 .898
2001 146 573 522 71 143 31 2 18 232 83 5 2 0 7 38 8 6 88 13 .274 .326 .444 .771
2002 ANA 130 479 429 75 124 35 6 19 228 59 10 3 0 3 32 6 15 44 7 .289 .357 .531 .888
2003 63 235 206 32 63 9 2 9 103 35 5 4 0 1 26 4 2 31 4 .306 .387 .500 .887
2004 TEX 76 290 258 41 60 19 1 11 114 33 1 2 0 2 27 1 3 30 7 .233 .310 .442 .752
通算:8年 807 3065 2789 395 778 203 16 114 1355 442 32 21 0 23 216 33 37 373 71 .279 .336 .486 .822

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

  • ワールド・チャンピオン:1回 (2002年)
  • 初打席本塁打 (1997年)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Brad Fullmer Statistics and History - Transactions - Baseball-Reference.com (英語) . 2014年11月29日閲覧。
  2. ^ September 2, 1997 BOS VS MON - Baseball-Reference.com (英語) . 2014年11月29日閲覧。
  3. ^ 1998 Award Voting - NL Rookie of the Year Voting - Baseball-Reference.com (英語) . 2014年11月29日閲覧。
  4. ^ 2000 Toronto Blue Jays Batting, Pitching, & Fielding Statitics - Baseball-Reference.com (英語) . 2014年11月29日閲覧。
  5. ^ a b c d 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2004』 廣済堂出版、2004年、214頁。ISBN 4-331-51040-9

外部リンク[編集]