フランク・ホワイト (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランク・ホワイト
Frank White
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシシッピ州グリーンビル
生年月日 (1950-09-04) 1950年9月4日(67歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1970年 アマチュア・フリーエージェントとしてカンザスシティ・ロイヤルズと契約
初出場 1973年6月12日
最終出場 1990年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

フランク・ホワイトFrank White, Jr. , 1950年9月4日 - )は、アメリカ合衆国ミシシッピ州グリーンビル出身の元プロ野球選手二塁手)。右投右打。

カンザスシティ・ロイヤルズ一筋にプレーした1970年代後半から1980年代を代表する名二塁手。

経歴[編集]

高校時代以後をカンザスシティ近くで過ごす。当時、アスレチックスがカンザスシティに本拠地(1955年 - 1968年)を置いており、試合をよく観にいったという。「レジー・ジャクソンがデビューした頃のこととか、よく覚えてるよ」と語っている。

1969年ア・リーグが12球団に拡張された際、カンザスシティ・ロイヤルズが新たに誕生。ロイヤルズが開設した野球学校を卒業して1970年にドラフト外でプロ入り[1]1973年6月12日にメジャーデビュー。軽快な守備と、長打力こそやや低いが勝負強い打撃で、1970年代後半から1980年代にかけて、ルー・ウィテカーデトロイト・タイガース)、ウィリー・ランドルフニューヨーク・ヤンキース)と共にア・リーグを代表する二塁手として活躍。1977年には62試合連続無失策を記録し、初のゴールドグラブ賞を受賞。この年からの6年連続を含み、通算8回同賞を受賞した。1979年9月26日にはサイクルヒットを達成。1980年のヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズではチームをワールドシリーズに導き、MVPに選ばれた。LCSのMVP表彰は同年始まったばかりで、その第一号となった。1981年オフにはロイヤルズ単独チームの一員として来日し、各地で軽快な守備を披露した。

1983年までは最多でも11本塁打であったが、徐々に長打力がつき、1984年には17本塁打、1985年には22本塁打を放つ。この年チームはALCSでトロント・ブルージェイズ相手に1勝3敗の不利な状態から3連勝してリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズでもセントルイス・カージナルス相手に1勝3敗から3連勝して、球団創設以来初のワールドチャンピオンに輝く。1986年にも22本塁打、自己最多の84打点を記録し、36歳にしてシルバースラッガー賞を受賞。この年出場したオールスターでは、マイク・スコットから本塁打を打った。出場するにあたって、チームのリー・メイ打撃コーチ(南海でプレーしたカルロス・メイの兄)から、「せっかく出るのならホームランを狙ってこい」と言われていた。開催地ヒューストン・アストロズのスコットに0ボール2ストライクと追い込まれたが、地元のファンが三球三振を望んでスコットに大声援を送っており、これにこたえて3球勝負をしてくると読み、思いっきり振ったところ、本塁打になったという。また同年オフには、メジャーリーグオールスターの一員として日米野球で来日。このシリーズではトニー・ペーニャ捕手(当時ピッツバーグ・パイレーツ)が座ったまま二塁に牽制球を投げて、落合博満を刺したプレーが有名になったが、この時の二塁手はホワイトであった。チームどころかリーグまで異なる選手との見事なコンビネーションであった。

1990年限りで現役を引退。1995年5月2日には現役時代の背番号20」が永久欠番となった。同年、ロイヤルズの殿堂入りを果たす。引退後は、ボストン・レッドソックスのコーチ、ロイヤルズのコーチや傘下マイナーの監督、フロントの要職や解説者を務めた。

長年のチームメイトジョージ・ブレットとは1914試合に共に出場した。これは、守備位置を問わず、二人の選手が同じチームで出場した試合数のア・リーグ記録であったが、1995年にルー・ウィテカーとアラン・トランメルのタイガースのキーストン・コンビ(1918試合)によって破られている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績 (MLB)[編集]

















































O
P
S
1973 KC 51 151 139 20 31 6 1 0 39 5 3 1 2 2 8 0 0 23 1 .223 .262 .281 .542
1974 99 215 204 19 45 6 3 1 60 18 3 4 5 0 5 0 0 33 4 .221 .239 .294 .533
1975 111 329 304 43 76 10 2 7 111 36 11 3 2 2 20 0 1 39 4 .250 .297 .365 .662
1976 152 489 446 39 102 17 6 2 137 46 20 11 18 3 19 0 3 42 4 .229 .263 .307 .570
1977 152 514 474 59 116 21 5 5 162 50 23 5 11 2 25 0 2 67 4 .245 .284 .342 .626
1978 143 501 461 66 127 24 6 7 184 50 13 10 9 2 26 1 3 59 2 .275 .317 .399 .716
1979 127 503 467 73 124 26 4 10 188 48 28 8 3 7 25 3 1 54 11 .266 .300 .403 .703
1980 154 594 560 70 148 23 4 7 200 60 19 6 9 4 19 0 2 69 11 .264 .289 .357 .646
1981 94 390 364 35 91 17 1 9 137 38 4 2 4 3 19 0 0 50 10 .250 .285 .376 .661
1982 145 554 524 71 156 45 6 11 246 56 10 7 7 5 16 1 2 65 12 .298 .318 .469 .788
1983 146 579 549 52 143 35 6 11 223 77 13 5 4 6 20 4 0 51 18 .260 .283 .406 .690
1984 129 515 479 58 130 22 5 17 213 56 5 5 4 3 27 3 2 72 11 .271 .311 .445 .756
1985 149 600 563 62 140 25 1 22 233 69 10 4 5 3 28 2 1 86 8 .249 .284 .414 .698
1986 151 620 566 76 154 37 3 22 263 84 4 4 2 7 43 5 2 88 10 .272 .322 .465 .787
1987 154 624 563 67 138 32 2 17 225 78 1 3 4 4 51 5 2 86 16 .245 .308 .400 .708
1988 150 575 537 48 126 25 1 8 177 58 7 3 7 6 21 3 4 67 16 .235 .266 .330 .595
1989 135 458 418 34 107 22 1 2 137 36 3 2 5 3 30 0 2 52 7 .256 .307 .328 .635
1990 82 257 241 20 52 14 1 2 74 21 1 0 0 3 10 0 3 32 7 .216 .253 .307 .560
通算:18年 2324 8468 7859 912 2006 407 58 160 3009 886 178 83 101 65 412 27 30 1035 156 .255 .293 .383 .675

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 19 (1973年)
  • 20 (1974年 - 1990年、1994年 - 1996年、1998年 - 2001年)

脚注[編集]

  1. ^ 「球団別永久欠番物語 第15回 カンザスシティ・ロイヤルズ」『月刊メジャー・リーグ』 2002年12月号 ベースボール・マガジン社 61頁

外部リンク[編集]