マット・ガーザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マット・ガーザ
Matt Garza
ミルウォーキー・ブルワーズ #22
Matt Garza May 22 2014.jpg
2014年5月22日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州セルマ
生年月日 1983年11月26日(32歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 ドラフト1巡目(全体25位)でミネソタ・ツインズから指名
初出場 2006年8月11日 トロント・ブルージェイズ
年俸 $10,250,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マシュー・スコット・ガーザ(Matthew Scott "Matt" Garza, 1983年11月26日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州セルマ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在はMLBミルウォーキー・ブルワーズに所属。

経歴[編集]

ツインズ時代[編集]

カリフォルニア州立大学フレズノ校在籍時の2005年ミネソタ・ツインズからMLBドラフト1巡目(全体25位)で指名され入団。2006年にマイナーリーグの3つの階級で14勝4敗・防御率1.99を記録し、USAトゥデイ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞を受賞。8月11日にメジャーデビューを果たし、メジャ―1年目は10試合に登板し、5勝6敗・防御率5.76の成績で終えた。

ベースボール・アメリカ誌の有望株ランキング2007年版ではツインズ球団内で1位[2]、メジャー全体で21位にランクされ[3]、2007年は開幕から先発ローテーション入りが有力視された[4]。しかし、2007年は開幕をAAA級ロチェスター・レッドウイングスで迎え、メジャー初登板は7月2日7月の月間防御率は1.37だったが、8月9月は4点台を上回った。この年は16試合に登板し、うち15試合で先発として投げた。成績は、防御率3.69・5勝7敗・WHIP1.54だった。

レイズ時代[編集]

2007年11月28日デルモン・ヤングブレンダン・ハリスら3対3のトレードジェイソン・バートレットらとともにタンパベイ・レイズへ移籍[5]

2008年はレギュラーシーズンで11勝9敗・防御率3.70を記録。ボストン・レッドソックスとのアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズでは2勝を挙げ、MVPに選出された。

2009年も、フルシーズン先発ローテーションに入って32試合に登板。リーグ平均値以上の防御率 (3.95) を記録したが、得点力やリリーフ陣の実力に差がある同地区の強豪球団、ヤンキース (対戦防御率2.08) やレッドソックス (同2.72) 相手に多く登板した事もあり、好投しながら8勝12敗と負け越した[6]。なお、189奪三振はチームトップ[7]、リーグ9位の好成績だった。

2010年7月26日デトロイト・タイガース戦ではレイズ史上初のノーヒットノーランを達成。この年は防御率3.91・15勝10敗という成績を記録、実力に見合う勝ち星を挙げてデービッド・プライスと共に、レイズの先発ローテーションを支えた。また、メジャー初セーブも記録している。一方で課題もあり、リーグワースト4位の28本塁打を浴びた。

カブス時代[編集]

2011年1月8日にトレードでシカゴ・カブスへ移籍した[8]。この年は31試合に先発登板。打線の援護に恵まれない中[9]、2年連続2ケタ勝利となる10勝10敗を記録。防御率3.32・197奪三振 (リーグ9位) は共に自己ベストであり、キャリアを通じて最高級の成績を残した。

2012年、先発ローテーションで例年通りのピッチングを見せていたが、7月21日の試合で肘に違和感を発症し、3.0イニング投げたところで降板した[10]。炎症が発生していた為、そのままDL入りしてシーズンを終えた[10]。その為、最終成績は18試合の先発登板で防御率3.91・5勝7敗・32四球・96奪三振という内容だった。離脱時点で負け越していたのは、前年と同様に打線の援護が乏しかったという原因がある[10]。ちなみに肘の炎症は安静にした事で解消し、11月には投球練習を開始した[10]

2013年は、広背筋を痛めて開幕DL入りスタートとなり、5月下旬に復帰した[11]。復帰後は快調なピッチングを見せ、11試合の先発登板で防御率3.17・6勝1敗・WHIP1.14という好成績をマークしていた。

レンジャーズ時代[編集]

2013年7月22日にトレードでテキサス・レンジャーズへ移籍した[12]8月3日の対アスレティックス戦では、エリック・ソガードスクイズを含む2つのバントを決められた事で激昂[11][13]。試合中に「女々しい」とソガードを侮辱、試合後には、Twitterでソガードのプレーを褒めたソガードの妻に対しても「女が男のゲームに口を出すな」という旨の暴言を返した[11][13]。移籍後は13試合に登板したが、防御率4.38・4勝5敗・WHIP1.32という成績に終わり、本来の実力通りではなかった。なお、2チーム計では24試合に先発登板し、防御率3.82・2年ぶりの2ケタ勝利となる10勝6敗という成績だった。オフの10月31日FAとなった。

ブルワーズ時代[編集]

2014年1月26日ミルウォーキー・ブルワーズと総額5000万ドル+出来高(2018年のオプション付き)の4年契約に合意した[14][15]。移籍1年目のこの年は、27試合に先発登板し、3シーズンぶりに規定投球回をクリア。勝ち運に恵まれず、8勝8敗の勝率.500止まりだったが、4年ぶりの完封勝利を挙げたほか、防御率3.64・WHIP1.18という好成績を記録。投球内容としては往年の実力を取り戻し、大型パッケージ契約の期待に応えた。

2015年は、5シーズンぶりのリリーフ登板 (1試合のみ) を含む26試合に投げたが、またしても規定投球回に未達だった上、防御率5.63・WHIP1.57と炎上。勝ち星が6勝止まりであるのに対し、リーグワースト5位タイの14敗を喫し、期待を裏切った恰好となった。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 MIN 10 9 0 0 0 3 6 0 0 .333 232 50.0 62 6 23 0 0 38 1 0 33 32 5.76 1.70
2007 16 15 0 0 0 5 7 0 0 .417 367 83.0 96 8 32 4 4 67 4 0 44 34 3.69 1.54
2008 TB 30 30 3 2 0 11 9 0 0 .550 772 184.2 170 19 59 2 6 128 3 2 83 76 3.70 1.24
2009 32 32 0 0 0 8 12 0 0 .400 861 203.0 177 25 79 0 11 189 3 0 93 89 3.95 1.26
2010 33 32 3 1 1 15 10 1 0 .600 855 204.2 193 28 63 2 7 150 12 2 94 89 3.91 1.25
2011 CHC 31 31 2 0 0 10 10 0 0 .500 839 198.0 186 14 63 5 3 197 6 0 90 73 3.32 1.26
2012 18 18 0 0 0 5 7 0 0 .417 424 103.2 90 15 32 0 4 96 1 0 48 45 3.91 1.18
2013 11 11 0 0 0 6 1 0 0 .857 293 71.0 61 8 20 2 4 62 2 0 26 25 3.17 1.14
TEX 13 13 1 0 0 4 5 0 0 .444 359 84.1 89 12 22 1 1 74 4 0 47 41 4.38 1.32
'13計 24 24 1 0 0 10 6 0 0 .625 652 155.1 150 20 42 3 5 136 6 0 73 66 3.82 1.24
通算:8年 194 191 9 3 1 67 67 1 0 .500 5002 1182.1 1124 135 393 16 40 1001 36 4 558 504 3.84 1.28
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ Matt Garza Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2013年8月31日閲覧。
  2. ^ Manuel, John (2006年11月30日). “Prospects: Top 10 Prospects: Minnesota Twins” (英語). BaseballAmerica.com. 2009年1月10日閲覧。
  3. ^ Prospects: 2007 Top 100 Prospects” (英語). BaseballAmerica.com (2007年2月28日). 2009年1月10日閲覧。
  4. ^ 「注目のルーキーたち 明日のスターを探せ!」『月刊スラッガー』2007年5月号、日本スポーツ企画出版社、2007年、雑誌 15509-5、53頁
  5. ^ Rays, Twins make six-player deal”. MLB.com Rays Press Release (2007年11月28日). 2014年1月24日閲覧。
  6. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』 廣済堂出版、2010年、70頁。ISBN 978-4-331-51439-9
  7. ^ 2009 Tampa Bay Rays Pitching Statistics - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年2月11日閲覧。
  8. ^ Cubs acquire RHP Matt Garza from Tampa Bay as part of eight-player trade”. MLB.com Cubs Press Release (2011年1月8日). 2014年1月24日閲覧。
  9. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2012』 廣済堂出版、2012年、384頁。ISBN 978-4-331-51612-6
  10. ^ a b c d 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2013』 廣済堂出版、2013年、393頁。ISBN 978-4-331-51711-6
  11. ^ a b c 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』 廣済堂出版、2014年、381頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  12. ^ Texas Rangers acquire RHP Matt Garza from Chicago Cubs”. MLB.com Rangers Press Release (2013年7月22日). 2014年1月24日閲覧。
  13. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』 廣済堂出版、2014年、195頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  14. ^ Brewers sign right-handed starter Matt Garza”. MLB.com Brewers Press Release (2014年1月26日). 2014年1月27日閲覧。
  15. ^ Matt Garza signs with Brewers”. ESPN Chicago (2014年1月26日). 2014年1月27日閲覧。

外部リンク[編集]