エルマー・フリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルマー・フリック
Elmer Flick
Elmer Flick.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州
生年月日 1876年1月11日
没年月日 1971年1月9日(満94歳没)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
168 lb =約76.2 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
初出場 1898年5月2日
最終出場 1910年7月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1963年
選出方法 ベテランズ委員会選出

エルマー・フリック(Elmer Harrison Flick、1876年1月11日 - 1971年1月9日) は、1900年代に活躍したアメリカメジャーリーグの選手。主なポジションは右翼手オハイオ州ベッドフォード生まれ。右投げ左打ち。

経歴[編集]

1898年フィリーズに入団。それまで外野のレギュラーであったサム・トンプソンが負傷で出場できなくなった穴埋めとして、フィリーズの外野を任される。フリックは打率.302、81打点、三塁打13本と活躍し、「フィリーズで最も有望な若手の一人」と賞賛される。1900年にはリーグ最多の110打点を上げ、打率.367を記録した。

フィリーズには1901年まで在籍し、翌1902年に創設して間もないアメリカンリーグへ移り、同じフィラデルフィアを本拠地にしたアスレチックスに所属する。ところがフィリーズが、州の裁判所命令をたてにこの移籍の無効を訴え、結局アスレチックスでは11試合にしか出場できず、チームメイトだったナップ・ラジョイらと共にクリーブランド・ナップスと再契約することになった。

以後引退する1910年まで、ナップスの外野として活躍する。1904年と1906年に盗塁王となり、1905年には首位打者を獲得する。この年のフリックの打率は.308で、これは後年、1968年にカール・ヤストレムスキーが首位打者になった時の打率(.301) に次ぐ、リーグ史上2番目の低さだった。また1905年から3年続けてリーグ最多の三塁打を放っている。1907年のオフには、当時21才だったタイ・カッブとのトレードの話が持ち上がったものの、これを球団が断ったほどの活躍ぶりだった。

ところが1908年にフリックは胃炎を患い、同年以降はフルシーズンでの出場ができなくなってしまった。1910年を最後にメジャーから降格、以後2年間マイナーリーグでプレーした後引退した。

1963年にベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。1971年にオハイオ州で死去。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

































O
P
S
1483 5597 1752 268 164 48 950 756 330 -- 597 99 121 .313 .389 .445 .834

獲得タイトル・記録[編集]

出典・外部リンク[編集]