ジョージ・シスラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・シスラー
George Sisler
George-sisler.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州マンチェスター
生年月日 1893年3月24日
没年月日 1973年3月26日(満80歳没)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1915年
初出場 1915年6月28日
最終出場 1930年9月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • セントルイス・ブラウンズ(1924 - 1926)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1939年
得票率 85.77%
選出方法 BBWAA[1]選出

ジョージ・ハロルド・シスラーGeorge Harold Sisler, 1893年3月24日 - 1973年3月26日)は1910年代 - 1920年代アメリカメジャーリーグの選手。主なポジションは一塁手。左投げ左打ち。愛称は「ゴージャズ・ジョージ(Gorgeous George)」。

メジャーリーグでヒットを量産し、2004年シアトル・マリナーズイチローに抜かれるまで、シーズン257安打のMLB記録を持っていた。

略歴[編集]

オハイオ州マンチェスターに生まれ、ミシガン大学からセントルイス・ブラウンズに入団。1915年の1年目から85試合に出場し、打率.285、3本塁打の成績を残す。投手も兼任していたが、主に一塁手としてプレイした。

2年目は打率.305。3年目からは3割5分前後の高い打率を残して一躍スターダムにのし上がる。走塁でも一流であり、1918年には盗塁王を獲得した。1918年シーズン後に徴兵され、タイ・カッブクリスティ・マシューソンと共にフランスショーモンに拠点を置く陸軍化学作戦部隊に所属している[1]

6年目の1920年、開幕直後から絶好調で順調に安打数を伸ばし、シーズン257本のMLB記録を打ち立てた。この年はリーグトップの打率.407で首位打者を獲得し、二塁打・三塁打・本塁打・打点などでもリーグ2位を記録した。

1922年にはタイ・カッブと激しい首位打者争いを繰り広げ、打率.420、246安打、51盗塁を記録。首位打者・盗塁王に加えて、初のMVPに輝いた。この年は41試合連続安打の記録も達成しており、1941年ジョー・ディマジオが破るまで近代MLB記録であった。また、この年は142試合で246安打しており、ペース的には1920年よりも多い。

1923年は目の病気(副鼻腔炎が悪化し視神経を侵される)で1年間欠場し、1924年からは選手兼任監督となる。監督業を続けながら、目が悪いながらも3割は保っていたが、1926年にデビューの年以来の3割以下(.290)に終わった。

左からジョージ・シスラー、ベーブ・ルース、タイ・カッブ1924年

1928年ワシントン・セネタースに移籍、さらに同年にボストン・ブレーブスに移籍。その後はブレーブスで引退まで3割を保った。1930年、37歳で引退。この年の打率は.309であった。

引退後は、ブルックリン・ドジャースのスカウトなどを務める。この時見出したのが、初の黒人メジャーリーガーとなるジャッキー・ロビンソンであった。シスラーは当時のドジャース会長ブランチ・リッキーから「メジャーリーグでも通用する力を持ち、たとえ周囲から苛めに遭っても耐えられる強い意志を持った黒人選手をスカウトするよう」命を受けた。ジャッキーをニグロリーグからスカウトするにあたり、ロビンソンの身辺調査を徹底的に行い、その上でシスラーは自信を持って、リッキー会長にロビンソンを推薦した。

1973年3月26日ミズーリ州リッチモンドハイツにて80歳で死去。シスラーには3人の息子がいたが、長男のディック・シスラーと次男のデーブ・シスラーはいずれもメジャーリーガーとなった。

1939年アメリカ野球殿堂入り。シスラーは守備の名手としても知られ、守備指標の各数字でも高い数字を記録しており、「Gorgeous(ゴージャス)」の異名を取った。また、既述のとおり打撃・走塁面でも傑出していたことから、20世紀の最初の30年間で最高のファーストと呼ばれ、タイ・カッブをして「”最も完璧に近い野球選手(the nearest thing to a perfect ballplayer)”」と言わしめた。しかし、その活躍の割にはイチローが記録に迫るまでは、ほとんど知られていない選手であった。それは、シスラーが記録を作った1920年にはベーブ・ルースがそれまでの本塁打記録を大幅に上回る54本をたたき出し、MLB全体が一気にホームランによるパワーの時代へと変化する転換期だったからである。MLBはその後の長い間、ホームラン時代が続き、シスラーのようなスピードとテクニックの選手は少なからず軽視されていた。

年度別打撃成績[編集]













































O
P
S
1915 SLB 81 295 274 28 78 10 2 3 101 29 10 9 12 7 2 27 -- .285 .307 .369 .676
1916 151 644 580 83 177 21 11 4 232 76 34 26 19 40 5 37 -- .305 .355 .400 .755
1917 135 587 539 60 190 30 9 2 244 52 37 -- 15 30 3 19 -- .353 .390 .453 .843
1918 114 506 452 69 154 21 9 2 199 41 45 -- 9 40 5 17 -- .341 .400 .440 .841
1919 132 561 511 96 180 31 15 10 271 83 28 -- 18 27 5 20 -- .352 .390 .530 .921
1920 154 692 631 137 257 49 18 19 399 122 42 17 13 46 2 19 -- .407 .449 .632 1.081
1921 138 635 582 125 216 38 18 12 326 104 35 11 14 34 5 27 -- .371 .411 .560 .971
1922 142 654 586 134 246 42 18 8 348 105 51 19 16 49 3 14 -- .420 .467 .594 1.061
1923 試合出場なし
1924 151 684 636 94 194 27 10 9 268 74 19 17 14 31 3 29 -- .305 .340 .421 .761
1925 150 688 649 100 224 21 15 12 311 105 11 12 12 27 0 24 -- .345 .371 .479 .850
1926 150 662 613 78 178 21 12 7 244 71 12 8 16 30 3 30 -- .290 .327 .398 .725
1927 149 661 614 87 201 32 8 5 264 97 27 7 19 24 4 15 -- .327 .357 .430 .787
1928 WHS2 20 51 49 1 12 1 0 0 13 2 0 1 1 1 0 2 -- .245 .260 .265 .525
BSN 118 537 491 71 167 26 4 4 213 68 11 -- 14 30 2 15 -- .340 .380 .434 .814
'28計 138 588 540 72 179 27 4 4 226 70 11 1 15 31 2 17 -- .331 .370 .419 .789
1929 154 686 629 67 205 40 8 2 267 79 6 -- 20 33 4 17 -- .326 .363 .424 .787
1930 116 470 431 54 133 15 7 3 171 67 7 -- 14 23 2 15 -- .309 .346 .397 .743
通算:15年 2055 9013 8267 1284 2812 425 164 102 3871 1175 375 127 226 472 48 327 -- .340 .379 .468 .847
  • 各年度の太字はリーグ最高

通算投手成績[編集]

  • 24試合登板 5勝6敗 防御率2.35

獲得タイトル・記録[編集]

監督としての戦績[編集]



















1924 S
T
B
A
L
153 74 78 .487 4 選手兼任
1925 154 82 71 .546 3
1926 155 62 92 .464 7
通算成績 462 218 241 .475

脚注[編集]

出典・外部リンク[編集]