ウィリー・ヘルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリー・ヘルナンデス
Willie Hernández
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区アラグア
生年月日 1954年11月14日(60歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1973年 アマチュアFA
初出場 1977年4月9日
最終出場 1989年8月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ウィリー・ヘルナンデス("Willie Hernández")ことギレルモ・ヘルナンデス・ビラヌエバ(Guillermo Hernandez Villanueva , 1954年11月14日 - )はアメリカメジャーリーグで活躍した投手(救援投手)。左投左打。プエルトリコ出身。

人物・来歴[編集]

シカゴ・カブスに入団し、1977年4月9日にメジャー初登板。この年いきなり67試合に登板して8勝7敗4セーブ、防御率3.03の好成績をあげて、まずは中継ぎ投手(セットアッパー)として活躍。

1980年は先発に転向するが、7試合の先発で散々な結果に終わり再び中継ぎに転向。1981年は故障のため12試合の登板に終わるが、1982年に75試合登板と復活し、この時点で最多の10セーブをあげる。

1983年途中にフィラデルフィア・フィリーズに移籍。移籍後は63試合登板で8勝4敗7セーブ、防御率3.29という内容を残した。チームはワールドシリーズ(対ボルチモア・オリオールズ)に進出し、シリーズでも7戦中5試合に登板した。

そして1984年デトロイト・タイガースに移籍し、抑え投手(クローザー)として起用され、飛躍的な活躍を見せ、初のオールスター登板も果たす。

それまでの8シーズンで通算27セーブだった投手が見違えるように急成長し、80試合に登板して9勝3敗32セーブ、防御率1.92の大活躍。33のセーブ機会で32セーブをあげる。わずか1回の失敗は、チームが地区優勝を決めた後のいわゆる消化試合でのものだった。この活躍でア・リーグMVPサイ・ヤング賞に選出された。救援投手のMVP獲得はジム・コンスタンティーローリー・フィンガーズ、に次ぐ史上3人目であった(のちにデニス・エカーズリーが4人目となった)。

チームは開幕から40試合で35勝をあげ(メジャー記録)、ぶっちぎりで地区優勝。ア・リーグチャンピオンシップシリーズ(当時は3回戦制)でもカンザスシティ・ロイヤルズに3連勝し、ワールドシリーズでもサンディエゴ・パドレスを4勝1敗で下し、ワールドチャンピオンに輝いた。

1985年も8勝31セーブ、1986年も8勝24セーブをあげて、ここまで3年連続でオールスター出場を果たす。1986年秋には日米野球に(メジャーリーグオールスターの一員として)出場。しかし活躍もここまでで、1987年は8セーブに終わる。

1988年には登録名を「ギレルモ・ヘルナンデス(Guillermo Hernandez)」に変更して心機一転を図るが以前のような好成績はあげられず、1989年8月18日にタイガースを解雇され、そのまま現役を引退した。その後1989年にはトロント・ブルージェイズ傘下のAAA級シラキュースで現役復帰に挑み、1994年から1995年のMLBストライキの際には40歳にして代替選手として1995年のスプリングトレーニングやオープン戦に参加し、シーズン開幕後はニューヨーク・ヤンキース傘下のAAA級コロンバスでプレーしたがメジャー昇格は果たせなかった。

受賞歴・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1977 CHC 67 1 0 0 0 8 7 4 -- .533 437 110.0 94 11 28 9 1 78 8 3 42 37 3.03 1.11
1978 54 0 0 0 0 8 2 3 -- .800 264 59.2 57 6 35 7 1 38 3 0 26 25 3.77 1.54
1979 51 2 0 0 0 4 4 0 -- .500 359 79.0 85 8 39 12 4 53 3 1 50 44 5.01 1.57
1980 53 7 0 0 0 1 9 0 -- .100 473 108.1 115 8 45 4 2 75 6 1 58 53 4.40 1.48
1981 12 0 0 0 0 0 0 2 -- ---- 62 13.2 14 0 8 2 0 13 2 0 7 6 3.95 1.61
1982 75 0 0 0 0 4 6 10 -- .400 312 75.0 74 3 24 11 1 54 0 0 26 25 3.00 1.31
1983 11 1 0 0 0 1 0 1 -- 1.000 80 19.2 16 0 6 1 0 18 0 0 8 7 3.20 1.12
PHI 63 0 0 0 0 8 4 7 -- .667 398 95.2 93 9 26 7 1 75 5 0 39 35 3.29 1.24
'83計 74 1 0 0 0 9 4 8 -- .692 478 115.1 109 9 32 8 1 93 5 0 47 42 3.28 1.22
1984 DET 80 0 0 0 0 9 3 32 -- .750 548 140.1 96 6 36 8 4 112 2 0 30 30 1.92 0.94
1985 74 0 0 0 0 8 10 31 -- .444 415 106.2 82 13 14 2 1 76 2 0 38 32 2.70 0.90
1986 64 0 0 0 0 8 7 24 -- .533 376 88.2 87 13 21 1 5 77 2 1 35 35 3.55 1.22
1987 45 0 0 0 0 3 4 8 -- .429 217 49.0 53 8 20 7 0 30 1 0 27 20 3.67 1.49
1988 63 0 0 0 0 6 5 10 -- .545 284 67.2 50 8 31 6 4 59 3 3 24 23 3.06 1.20
1989 32 0 0 0 0 2 2 15 -- .500 141 31.1 36 4 16 2 1 30 0 1 21 20 5.74 1.66
通算:13年 744 11 0 0 0 70 63 147 -- .526 4366 1044.2 952 97 349 79 25 788 37 10 431 392 3.38 1.25
  • 各年度の太字はリーグ最高

外部リンク[編集]