ミニー・ミノーソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はミノーソ第二姓(母方の)はアーリエタです。
ミニー・ミノーソ
Minnie Miñoso
Minnie Miñoso 1953 Bowman.jpg
1953年
基本情報
国籍  キューバ
出身地 ハバナ州ハバナ
生年月日 (1925-11-29) 1925年11月29日
没年月日 (2015-03-01) 2015年3月1日(89歳没)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手左翼手
プロ入り 1945年
初出場 1949年4月19日
最終出場 1980年10月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • ユニオンラグナ・コットンディーラーズ(1970 - 1972)

サトルニノ・オレステス・アルマス・ミノーソ・アーリエタSaturnino Orestes Armas Miñoso Arrieta, 1925年11月29日 - 2015年3月1日)は、キューバハバナ州ハバナ出身の元プロ野球選手外野手)。右投げ右打ち。

シカゴ・ホワイトソックス等4球団で活躍し、7つのポジションを守った。現役時代の背番号9」はホワイトソックスの永久欠番となっている。1940・1950・1960・1970・1980年代と5ディケードで試合に出場した。現役時代「Mr. White Sox」(ミスターホワイトソックス)と称された。

経歴[編集]

映像外部リンク
1976年9月12日
通算1963本目の安打を放つミノーソ(MLB.comによる動画)

1945年からニグロリーグニューヨーク・キューバン でプレー。1948年クリーブランド・インディアンスと契約し、翌1949年に昇格した。この年は9試合に出場したのみで、翌1950年は再び傘下マイナーリーグで過ごす。再昇格した1951年の開幕直後の4月30日に、インディアンスからシカゴ・ホワイトソックスに移籍。このトレードは両球団の他にフィラデルフィア・アスレチックスの3球団が絡むトレードであった。ホワイトソックスに移籍した初戦は本拠地コミスキー・パークでのニューヨーク・ヤンキース戦であったが、三塁手として起用されたこの試合の第一打席で初球を本塁打。以後、外野手のレギュラーとして起用され、両球団合計で146試合に出場。アメリカンリーグ1位の31盗塁を記録し、打率.326、本塁打10、打点76と活躍。三塁打14もリーグ1位であった。新人王の投票ではギル・マクドゥガルド(ヤンキース)に次ぐ2位であった。

以後も俊足、好打、そして好守備の外野手として活躍。アメリカンリーグ盗塁王は1951年に次いで1952年1953年と計3回獲得。MLBオールスターゲームには通算7回選出された。死球も多く、通算192死球を記録。これは2012年シーズン終了時点でも歴代9位である。1951年から1961年までの間、1955年を除く10シーズンでリーグ1位を記録した。

1957年に創設されたゴールドグラブ賞を獲得[1]。翌1958年にはインディアンスに移籍するが、1959年と、ホワイトソックスに復帰した1960年にも受賞した。

1962年セントルイス・カージナルス移籍後は出場機会が減り、1963年には新球団ワシントン・セネタースに移籍。3たびホワイトソックスに復帰した1964年を最後に、38歳で一度は引退した。

その後数年メキシカンリーグでプレイしたが、50歳となった1976年に、当時のオーナービル・ベックのアイディアで現役に復帰。3試合に指名打者として出場し、1安打を記録した。現在でも、安打の記録としてはメジャー史上4番目の年長記録である。さらに、1980年シーズン終盤2試合に代打で出場し、1890年代から1930年代にかけて出場したニック・アルトロック以来史上2人目の「5ディケイド・プレイヤー」となった。また、54歳での出場はサチェル・ペイジの59歳、前出アルトロックの57歳に次いで3番目の年長メジャーリーガーであった。ちなみに、ミノーソが最初にインディアンスと契約した際のオーナーがベックであった。

さらに10年後の1990年、この年限りで閉鎖される旧コミスキー・パークの最後の試合にホワイトソックスは64歳のミノーソを現役復帰させて史上最年長選手、そして史上初の「6ディケード・プレイヤー」にしようと画策したが、当時のMLBコミッショナーであった、フェイ・ヴィンセントが「単なる客寄せで、試合の尊厳を損なう。」として許可しなかった。試合には出場できなかったが、名誉キャプテンとしてベンチ入りし、試合前のメンバー交換に登場した。メジャーリーグでの「6ディケード」はならなかったが、独立リーグセントポール・セインツでは1993年2003年にそれぞれ試合に出場し、「7ディケードプレイヤー」となっている。

1983年には現役時代の背番号9がホワイトソックスの永久欠番となった。1994年にはホワイトソックスの殿堂入り。2004年には現本拠地のUSセルラー・フィールドにミノーソの銅像が完成。2005年にホワイトソックスがワールドシリーズ優勝を果たした時にはシカゴ市内のパレードに参加している。なお、ミノーソ自身は現役時代にワールドシリーズに出場したことはない。

2015年3月1日に死去。ホワイトソックスファンであるバラク・オバマ大統領が声明を出し、「ミノーソ氏は野球殿堂入りこそ果たせなかったかもしれないが、私やこれまでの黒人とラテン系の若者にとって、彼が残した功績はどんな表彰楯よりも価値がある」と述べた[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1949 CLE 9 20 16 2 3 0 0 1 6 1 0 1 0 -- 2 -- 2 2 2 .188 .350 .375 .725
1951 8 17 14 3 6 2 0 0 8 2 0 0 0 -- 1 -- 2 1 0 .429 .529 .571 1.101
CWS 138 605 516 109 167 32 14 10 257 74 31 10 4 -- 71 -- 14 41 12 .324 .419 .498 .917
'51計 146 622 530 112 173 34 14 10 265 76 31 10 4 -- 72 -- 16 42 12 .326 .422 .500 .922
1952 147 668 569 96 160 24 9 13 241 61 22 16 14 -- 71 -- 14 46 15 .281 .375 .424 .798
1953 151 657 556 104 174 24 8 15 259 104 25 16 8 -- 74 -- 17 43 23 .313 .410 .466 .875
1954 153 676 568 119 182 29 18 19 304 116 18 11 6 8 77 -- 16 46 20 .320 .411 .535 .946
1955 139 614 517 79 149 26 7 10 219 70 19 8 8 4 76 3 10 43 18 .288 .387 .424 .811
1956 151 665 545 106 172 29 11 21 286 88 12 6 4 7 86 4 23 40 10 .316 .425 .525 .950
1957 153 678 568 96 176 36 5 12 258 103 18 15 1 9 79 5 21 54 19 .310 .408 .454 .862
1958 CLE 149 638 556 94 168 25 2 24 269 80 14 14 6 2 59 3 15 53 13 .302 .383 .484 .867
1959 148 650 570 92 172 32 0 21 267 92 8 10 6 3 54 2 17 46 11 .302 .377 .468 .846
1960 CWS 154 670 591 89 184 32 4 20 284 105 17 13 5 9 52 2 13 63 16 .311 .374 .481 .855
1961 152 635 540 91 151 28 3 14 227 82 9 4 0 12 67 2 16 46 11 .280 .369 .420 .789
1962 STL 39 108 97 14 19 5 0 1 27 10 4 0 1 0 7 0 3 17 1 .196 .271 .278 .549
1963 WS3 109 363 315 38 72 12 2 4 100 30 8 6 4 3 33 1 8 38 14 .229 .315 .317 .632
1964 CWS 30 38 31 4 7 0 0 1 10 5 0 0 1 0 5 1 1 3 0 .226 .351 .323 .674
1976 3 8 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .125 .125 .125 .250
1980 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
MLB:17年 1835 7712 6579 1136 1963 336 83 186 3023 1023 205 130 68 57 814 23 192 584 185 .298 .389 .459 .848
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 現在、ゴールドグラブ賞は、両リーグでそれぞれ選出されているが、1957年のみは現在と異なり、両リーグから投手・捕手・内野の各ポジション1人ずつ、外野で3人が選出されている。
  2. ^ “MLB=シカゴ初の黒人選手、ミノーソ氏が死去”. ロイター. (2015年3月2日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPKBN0LY08120150302 2015年3月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]