1951年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1951年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキースAL 4
ニューヨーク・ジャイアンツNL 2
シリーズ情報
試合日程 10月4日 - 10月10日
のちの殿堂表彰者 ケーシー・ステンゲル(NYY/監督)
ヨギ・ベラ(NYY)
ジョー・ディマジオ(NYY)
ミッキー・マントル(NYY)
ジョニー・マイズ(NYY)
フィル・リズート(NYY)
レオ・ドローチャー(NYG/監督)
モンテ・アーヴィン(NYG)
ウィリー・メイズ(NYG)
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ケーシー・ステンゲル
シーズン成績 98勝56敗
ニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)
監督 レオ・ドローチャー
シーズン成績 98勝59敗
ワールドシリーズ
 < 1950 1952 > 

1951年のワールドシリーズは、1951年10月4日から10月10日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

第48回ワールドシリーズ。アメリカンリーグは3連覇を賭けるニューヨーク・ヤンキース。ナショナルリーグは14年ぶり出場のニューヨーク・ジャイアンツとの対戦となった。結果は4勝2敗でニューヨーク・ヤンキースが3連覇を果たし、14回目の優勝。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月4日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ジャイアンツ 2 0 0 0 0 3 0 0 0 5 10 1
ヤンキース 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 7 1
  1. : デーブ・コースロ(1-0)  : アリー・レイノルズ(0-1)  
  2. :  NYG – アルビン・ダーク(1)  NYY – なし
  3. 観客動員数: 65,673人

第2戦 10月5日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ジャイアンツ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 5 1
ヤンキース 1 1 0 0 0 0 0 1 X 3 6 0
  1. : エド・ロパット(1-0)  : ラリー・ジャンセン(0-1)  
  2. :  NYG – なし  NYY – ジョー・コリンズ(1)
  3. 観客動員数: 66,018人

第3戦 10月6日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 5 2
ジャイアンツ 0 1 0 0 5 0 0 0 X 6 7 2
  1. : ジム・ハーン(1-0)  : ヴィク・ラスチー(0-1)  S: シェルドン・ジョーンズ(1)  
  2. :  NYY – ジェーン・ウッドリング(1)  NYG – ホワイティ・ロックマン(1)
  3. 観客動員数: 52,035人

第4戦 10月8日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 1 0 1 2 0 2 0 0 6 12 0
ジャイアンツ 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 8 2
  1. : アリー・レイノルズ(1-1)  : サル・マグリー(0-1)  
  2. :  NYY – ジョー・ディマジオ(1)  NYG – なし
  3. 観客動員数: 49,010人

第5戦 10月9日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 5 2 0 2 4 0 0 13 12 1
ジャイアンツ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 3
  1. : エド・ロパット(2-0)  : ラリー・ジャンセン(0-2)  
  2. :  NYY – ギル・マクドーガルド(1) フィル・リズート(1)  NYG – なし
  3. 観客動員数: 47,530人

第6戦 10月10日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ジャイアンツ 0 0 0 0 1 0 0 0 2 3 11 1
ヤンキース 1 0 0 0 0 3 0 0 X 4 7 0
  1. : ヴィク・ラスチー(1-1)  : デーブ・コースロ(1-1)  S: ボブ・クジーバ(1)  
  2. :  NYG – なし  NYY – なし
  3. 観客動員数: 61,711人

外部リンク[編集]

baseball-reference.com1951 World Series