マネー・ボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マネー・ボール
奇跡のチームをつくった男
Moneyball
The Art of Winning An Unfair Game
著者 マイケル・ルイス
訳者 中山宥
発行日 アメリカ合衆国の旗2003年
日本の旗2004年
発行元 アメリカ合衆国の旗W. W. Norton & Company
日本の旗ランダムハウス講談社
ジャンル ノンフィクション
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
形態 上製本
ページ数 288
コード ISBN 4270000120
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
ビリー・ビーン

マネー・ボール』(原題: Moneyball: The Art of Winning An Unfair Game「マネーボール:不公平なゲームに勝利する技術」)は、マイケル・ルイスによるアメリカ合衆国ノンフィクション書籍。日本語版の副題は「奇跡のチームをつくった男」。

メジャーリーグベースボール(MLB)の球団・オークランド・アスレチックスビリー・ビーンゼネラルマネージャー(GM)が、セイバーメトリクスと呼ばれる統計学的手法を用いて、プレーオフ常連の強豪チームを作り上げていく様子を描いた。2003年に米国で発売され、ベストセラーになった。2011年ベネット・ミラー監督、ブラッド・ピット主演で映画化された。

概要[編集]

2002年のMLB球団別年俸総額。
アスレチックスは28位だったが、全球団最多の103勝を記録した。

2000年代初頭のMLBでは、財力のある球団とそうでない球団の格差が広がり、財力のない球団ではスター選手を育ててもことごとく他球団へ引き抜かれてしまうという状況が続いていた。このような財力のない球団のオーナーからは、「もはや野球はスポーツではなく、金銭ゲームになってしまった」という嘆きの声が上がるほどであった。

そんな中、リーグ最低クラスの年俸総額でありながら黄金時代を築いていたチームがあった。ビリー・ビーンGM率いるオークランド・アスレチックスは、毎年のようにプレーオフ進出を続け、2002年には年俸総額1位のニューヨーク・ヤンキースの1/3程度でありながらも全30球団で最高の勝率、最多の勝利数を記録していた。「アスレチックスはなぜ強いのか?」多くの野球ファンが感じていた疑問の答えは、徹底したセイバーメトリクスの利用に基づくチーム編成にあった。

ビーンが「勝利するために重要視すべき」とした諸要素は従来の価値観では重要とされないものばかりであり、その観点については選手の年俸にほとんど反映されていなかったため、アスレチックスは低い年俸で有用な選手を獲得して戦力を上げることができた。ヤンキースなどの資金力のあるチームに比べて1勝にかかる金銭的コストがはるかに低く、これは投資効率を考えた場合極めて合理的な手段である。

原題の直訳は「不公平なゲームに勝つ技術」であるが、これは「資金力の差」という不公平性の中で勝利を挙げるための術としてのセイバーメトリクス、ということである。アメリカ国内での反響は大きく、絶賛を集めた一方で、保守的な野球観を持つ人々による(極めて的外れなものも含めた)批判も相次ぎ、ルイス自身がペーパーバック版のあとがきにて「ベースボール宗教戦争」と表現するほどであった。

ジェームズは自身のサイト『Bill James Online』にて意見を発信しており、2017年9月には「Final Report on the 50 True Superstars Project」と題したMLBの歴代トップ50プレーヤーを発表している(日本人ではイチローが17位にランクインした)[1]

セイバーメトリクスによるチーム編成[編集]

ビーンは野球を「27個のアウトを取られるまでは終わらない競技」と定義付けた上で、それに基づいて勝率を上げるための要素をセイバーメトリクスを用いて分析。過去の膨大なデータの回帰分析から「得点期待値(三死までに獲得が見込まれる得点数の平均)」を設定し、それを向上させることのできる要素を持った選手を「良い選手」とした。

ただしビーンは、相対的に生まれた「重要視されない要素」そのものを完全否定することはしていない。セイバーメトリクスの視点から考察したところ影響力が乏しいと判断されたために「限られた資金の中でシーズンを戦い、高い勝率で終える」という戦略目的において、あくまで重要度が低いと見なしているだけであり、重要視されずとも野球の競技を構成する要素であることには変わりないため、そのような要素(能力)が高いに越したことはないという考え方である。

野手の編成基準[編集]

チーム編成、および選手獲得の基準は以下の通り。状況(運)によって変動する数値は判断基準から排除され、本人の能力のみが反映される数値だけに絞り込んで評価することが最大の特徴である。

ニック・スウィッシャー
作中でビーンが重要視する要素を持つドラフト候補としてアスレチックスから1位指名される模様が描かれる。

重要な要素[編集]

出塁率
打率ではなく、四死球も含めた出塁する確率。ビーンの定義に基づけば、「アウトにならない確率(打者の投手に対する勝率)」である。打率が高いに越したことはないが、高打率の選手はコストがかかるため、打率が多少低くても出塁率の高さを優先して選手を獲得した。
長打率
塁打数を打数で割った値。安打、特に長打を打った数が多い打者ほど数字が大きくなる。ビーンは長打率と出塁率を合算した指標である「OPS」を野手の編成において最重要視した。通常、OPSは出塁率と長打率は1:1の比率であるが、ビーンは出塁率と長打率の比率を3:1として算出した指標(NOI)も使用しており、出塁率により重きを置いていることが分かる。
選球眼
ボールを見極め四球を選ぶ能力。つまり、出塁率を上げるために必要な要素である。投手により多くの投球をさせる能力、言い換えれば「粘る力」は相手投手の疲弊を招き、四球を得る確率の向上に繋がるためである。平均して中継投手は先発投手よりも能力が劣るため、相手投手を疲弊させて投手を交代させれば、さらに出塁率を上げることが出来る。ジェイソン・ジアンビの弟ジェレミー・ジアンビは、総合的な打者としての能力は兄とは比較にならないほど低かったが、粘る力においては兄を上回っていたためレギュラーとして起用された。
一般的には努力により向上させられると考えられているが、ビーンは、選球眼は天賦の才で決まる、また野球の成功(勝利)に最も直結する能力である、と結論づけている。
慎重性
選球眼に併せて重要視され、待球打法を良しとする。ボール・ストライクに関わらず自分の苦手な球に手を出さないことが重要である。ビーンの理論では必ずヒットに出来る保証がない限り、ヒットになる可能性の低い球に手を出す打者は好まれない。また、初球に手を出すことも否定する。ただし、選手の気質に依存する部分が大きく、コーチングにより改善できる部分はごくわずかであることから、例えばドミニカ出身の選手に対しては積極打法を容認した。

重要視されない要素[編集]

以下の犠打や盗塁を重要視しないスタイルが、スモールボールとの違いを決定づけていた。

バント(犠打)
自らアウトを進呈する行為、得点確率を下げる行為であるとして完全否定した。犠打で進塁させた状況と、そのまま強攻させた状況とでは後者の方が得点期待値が大きくなるからである。従来の野球観に基づく場合、無死一塁の状況では犠打によって一塁走者を進塁させるという作戦がセオリーであるが、これは(ビーンらの定義する)得点期待値を下げるだけの行為となる。
しかし、ビーンの考えが球界全体に浸透してきた近年[いつ?]では、逆に多用させるようになっている。
盗塁
あまり意味のない行為と定義した。全ての盗塁企画のうち成功するのは70%前後であり、盗塁を試みてアウトになるリスクを冒してもホームベースを踏んだ場合に得られる得点は1点であることに変わりはない。統計学的見地から見ても、アウトになるリスクを冒すより塁上に留まって長打を待つ方が得点確率が高い。また、盗塁を狙う選手はごく一部であり、普遍性がない。
同様にヒットエンドランも高いリスクに対し、得点確率向上への影響が乏しくビーンの理論では非効率であるが、近年[いつ?]は犠打と同じく一部選手には多用させるようになった。
打点得点圏打率
打者が安打を打った際の走者の有無は、その打者自身の能力が導いたものではなく単なる偶然である。そのため、「打者が安打を打った時にどれだけ走者がいたか」を示すだけのものと言える打点および得点圏打率をもって「勝負強い打者かどうか」を判断するのは誤りである。
得点圏での打席数は全打席より当然ながら少ない。サンプル数が少なくなればなるほど確率は実際の数値より「揺らぎ」が大きくなる(大数の法則[2])。得点圏打率が通常の打率より高くなったり低くなったりするのは、選手の能力よりも揺らぎの影響のほうがはるかに大きいのである。
失策守備率
失策であるか否かは記録員が主観的に判断するものであることに加え、守備範囲が広く積極果敢に打球を取りに行く選手のほうが、守備範囲が狭く打球を追うことに消極的な野手よりもかえって失策が多くなる(打球に追いつけてしまうがために犯してしまう失策がある)という可能性が考えられることから、どちらも数字として存在しても選手の能力を示す数値・指標としては機能していない。
回帰分析するためのデータが蓄積しにくいことや、試合に及ぼす影響が攻撃力よりも少ないことからさほど守備力を重要視していなかったビーンだったが、フィールドに数百の座標を設定し、打球の速度・軌跡を調べ、「速度○○、軌道△△を伴い地点××に落下した打球」という形式で打球をより厳密に判別する手法を導入した(これはビーンオリジナルの手法ではなく、野球データ分析会社AVMの手法を真似たものである)。それによって打球を処理した野手の守備力の数値化を図ったが、野手の捕球するまでの行動が反映されないなどの問題があったためやはり重要視はしなかった。

投手の編成基準[編集]

重要な要素[編集]

野手の編成で重要視された要素を逆に与えないことに重きを置く。得点される可能性を下げ、アウトを稼ぐ能力のみを評価する。

与四球
与四球数が少ないことを重視する。打者の選球眼を最重要視することの裏返し。四球による塁間を移動中の走者はアウトにすることができないため、与えることが望ましくない。そのため、試合において敬遠は戦術として用いられない。敬遠が相手の得点期待値を低下させることは極めて稀であることも一つの理由である。
奪三振
最もシンプルかつ確実に打者をアウトに出来る方法。フェアグラウンドに打球が飛べば、その分安打や失策によって出塁を許す確率が上がってしまうため、投手の能力のみでアウトをとることのできる奪三振能力を重視する。
被本塁打
投手に責任がある唯一の安打。被安打数については後述。
被長打率
投手が対戦した打者の打数の合計で被塁打を割った値。ヒット、特に長打を許した数が少ない投手ほど数字が小さくなる。長打の数を増加させることが得点確率に向上に繋がることの裏返しで、失点確率を低くするためには長打を打たれないことが重要となる。
打球がゴロであれば長打になる確率は低くなるため、打たれた打球がゴロになる率も評価基準として取り入れた。

重要視されない要素[編集]

投手に責任があると考えられていた要素の大半は、投手以外の球場や野手といった状況(運)に依存するとした。

被安打数
フェアグラウンド内に打球が飛んだとしても、それが安打となるか否かは野手の守備能力や守備シフトといった状況(運)に依存する部分が大きい。つまり本塁打以外のフェア打球は投手には責任はない。
防御率自責点
打者の打点・得点圏打率と同様に、周囲の状況によって大きく変動する要素であるため、投手の能力を純粋に反映したものとは言えない。
勝利数・セーブ
いずれも投手自身の能力に依存する数値ではない上、采配により作為的にコントロールできるものである。ビーンは「クローザー(抑え)は誰でも可能。9回の抑え投手よりも7・8回に優秀な投手を起用した方が勝率が上がる」と語っている。
球速
必ずしもアウトを取る能力には直結しない。速いに越したことはないが、例え遅い球しか投げられなくとも前述の要素を満たしていることを重んじた。

その他[編集]

低年俸選手
アスレチックスが獲得する選手の多くは、他球団で「欠陥品」「傷物」として評価されなかった選手であるが、この欠陥とは他球団の価値基準においてであり、アスレチックスの基準においては必ずしも問題とはならない。前述の能力を有してさえいれば、これらの欠陥はほとんど問題にされない。
例えば、ボストン・レッドソックス捕手だったスコット・ハッテバーグは、利き腕に捕手としては致命的な怪我を負ったため選手生命は絶望的と評価されていた。しかし出塁率の高さに注目したアスレチックスが一塁手として獲得した結果、主軸打者として活躍した。選手が競技者として致命的な怪我を負い復帰した直後は、市場価値が急落しているために、交渉しやすいことが利点である。
後述のスカウティング・ドラフトにおいても、代理人(エージェント)の付くスターアマチュア選手は契約金が高くなるため、代理人の付いていない選手を優先した。
複数年契約
有望な若手選手とは、年俸調停権やFA権の取得といった年俸の高騰が予想される選手としての節目を迎える前の早い時期から複数年契約を結ぶことで年俸を抑制した。特にティム・ハドソンバリー・ジートマーク・マルダーの先発投手3名は成績に対しての年俸が低く、コストパフォーマンスが極めて高かったと言える。FA権を取得すると年俸が必然的に上がるため、この3名についてもFA権取得と同時に放出した。
FA・トレード
年俸が高くなると判断した選手については躊躇なくトレードに出し、FA権を取得した選手もほとんど引き止めることなく放出するのも特徴である。トレードの場合、獲得するのは原則として若手で前述の要素を満たしている選手である。前述の要素は他球団では年俸に反映されることがあまりなく、若手であることも手伝って低い移籍金での獲得が可能となる場合が多い。FA移籍については、FA権を用いて選手が他球団へ移籍すればドラフト指名権が優遇されるため、有望な若手選手の獲得が容易となることもFA選手の放出に躊躇わない理由である。
逆に、状況を活用して並の選手の数値(アスレチックスから見れば価値は低いが、他球団であれば評価するであろう要素)をアピールし、高い移籍金で売り飛ばす方法で運営資金を獲得した。この手法は作中では「がらくたを押しつける」と表現された。
FA移籍などで主力選手を手放した場合は、その選手の能力を細分化しそれぞれの能力を有した複数の選手を獲得・運用することでその穴を埋めた。
『マネー・ボール』出版以降はビーンの戦略が広く知れ渡ったため、前述の指標を満たす選手の市場価値が一部では上がっている(例えば出塁率が高い選手は以前ほど安価に獲得できなくなった)。
スカウティング・ドラフト
旧来の、スカウトの暗黙知(経験や勘)による選手評価を全否定し、客観的データ主義を徹底した。体格やバッティング・ピッチングフォームなどの外見の他、「将来性」といったようなデータで証明できない曖昧な要素も考慮せず、あくまで前述の要素を満たす即戦力の選手を獲得することに注力した。
スカウトの選手を判断する基準が主観的(この選手は伸びる、才能を秘めている、など)であったことや、元選手のスカウトが選手時代の経験に基づいて判断を行っていたため、スカウティングの不確実性や戦略立てて選手を獲得出来ないという欠点を抱えていた。また、スカウト陣が閉鎖的・前時代的な価値観を捨てられず、ビーンの方針とそぐわなかったため、大半を解雇した。
また、選手の身辺調査・素行調査も行い、本人の言動・交友関係・家族の犯罪歴の有無などから将来悪影響を及ぼす可能性があると判断した選手は、徹底して獲得候補から排除した。不確実性の排除はそのまま、高校生選手の獲得の排除につながった。
しかしビーンの手法が広まるにつれ、スカウトの間でもこうした手法が広まったことから、成功した当時にアスレチックスはデータ8割、スカウト2割でチーム編成を考えていたものを、データ4割、スカウト6割というそれまでのやり方に戻している[3]

反響[編集]

マネー・ボールが与えた影響[編集]

『マネー・ボール』が発表されその内容について一定の評価を得て以降、「マネー・ボール」とは単なる著書名に留まらず、「出塁率(特に四球の多さ)を重視する」「盗塁と犠打は極力避ける」「ドラフトでは高校生よりも大学生を優先指名する」と言った「セイバーメトリクスに基づいた理論・戦略・戦術・作戦・選手評価システム・補強・編成・マネジメント」の総称としても用いられるようになっている[4][5][6]

1910年代以前は極めて長打が出難い状況だったことから、どのチームもみな一様にスモールボールを基本戦術として採用していた。しかし、1920年代に入るとボール反発力が飛躍的にアップし本塁打時代の幕が開き、小技・足攻を仕掛けて細かく得点を積み重ねるよりも、腰をすえて一発長打攻勢を狙う方が大量得点を挙げるためにはいたって効果的となった。以後、現在に至るまでの永きにわたってビッグボールがMLB全体の主流となっているが、「マネー・ボール」このようなスタイルを極限まで突き詰めた戦術であると言える[7]

統計学の分析手法に基づいて出塁率と長打率を重んじ、犠打や盗塁は非効率的として極力敬遠するというマネー・ボール的戦術は、1960年代末から1980年代にかけて4度のリーグ優勝を果たしたボルチモア・オリオールズも取り入れていたものであり、「1点しか取りに行かなかったら、1点しか取れない」と考えるアール・ウィーバー監督(当時)は、小技とスピードに依存することを潔しとせず、「投手力と守備力、3ラン・ホームラン」を信条としていたことで広く知られている[7]

マネー・ボールへの反発[編集]

『マネー・ボール』が世に出ると、日米で大きな反響と議論を呼んだが、歴史のある野球界においてはその主張が余りにも突飛であり、かつ旧来の野球観を揶揄・否定するような記述が多かったため、一部の人々から反発と反感を買った。そのような人々は「スモール・ボールこそ至高の戦術、スマート・ボール(スマートな戦い方)である」と崇拝し、当時のロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムに代表される機動力野球(+早打ち[8])に賞賛を惜しまず、逆にアスレチックスのような「不動戦法」を無策・無能として下に見る傾向が強かった。彼等がスモール・ボールをことさらに礼賛する時、その裏側には対立概念であるマネー・ボールを貶めようとする情念が透けて見える[7]

しかし、ビーンがアスレチックスで実践した「マネー・ボール」の思想は、「低予算でいかに好チームを作り上げるか」という発想が根幹にあるものである。ビーンが出塁率(四球)を重要視したのは、それが理論的に理に適っていることに加え、他チームがそれを軽視していたためにセレクティブ・ヒッター(選球眼が鋭い打者)を安価で獲得することが出来たからである。すなわち、「マネー・ボール」とは貧乏球団が金満球団と互角に戦うために編み出された「苦肉の策」「技術」であり、言わば「貧者の野球理論」なのである[6]

模倣チーム出現による変化[編集]

旧守派から非難を受けたマネー・ボールではあるが、やはり反響も大きく、次第に「マネー・ボール」を模倣する球団が次々に現れるようになった。そのため、出版された当時と2000年代後半からは状況に変化が生じており、マネー・ボールの内容が球界に広く浸透した今となっては、出塁率(四球)に注目することはどのチームにとっても当然のこととなった[5]。特に、セオ・エプスタインGMのボストン・レッドソックスに代表されるように、豊富な資金力を誇る球団までもがこぞってビーンの手法を模倣してセイバーメトリクスを重視するようになると、旧来の指標や主観的な要素によって過小評価されている選手を安価で獲得することが難しくなり、2000年代の後半からアスレチックスの成績も低迷するようになった[9]

そのため、今日では彼の哲学にも若干変化が生じており、2000年代後半からは守備や走塁にも比重をかけるようになった[4]。実際、2009年シーズンのアスレチックスはラージャイ・デービスが41盗塁(リーグ4位)を記録。翌年も同選手が50盗塁(リーグ2位)を記録し、クリフ・ペニントンも29盗塁を記録した。チーム盗塁数でも19年ぶりに150を越え(リーグ3位)、犠打数は12年ぶりに40を越えるなど、これらのスタイルに変化が生じた[10]

これについて、ビーンは「状況は絶えず変化する」と語っており(「変わらないのはアスレチックスの年俸総額ぐらいである」)、2008年現在は試行錯誤の時期であることを認めている[11]。ただし、盗塁に関しては出塁率長打率に優れた選手を財力のある球団に獲られてしまうようになったため、苦肉の策として増えていただけで、盗塁にあまり効果がないという従来の主張は2000年代後半も変わっていないとしている[12]

批判・論争[編集]

出版から時が経ち、本書において重要な位置を占める2002年のMLBドラフトの成果が定まってくると、その評価に関する論争が盛んになった。アスレチックスがこの年のドラフトで1巡目指名した(補完指名を含む)7選手のうち、メジャーリーグで一定の実績を残したのはニック・スウィッシャージョー・ブラントンマーク・ティーエンの3名である。これを多いと見るか、少ないと見るかについては意見が分かれているが、ビーンは「成功」だと自負している。

アスレチックスのスカウト部長エリック・クボタは、「アマチュア選手の将来を予想するのは極めて難しい。『マネー・ボール』は、それを少しでもうまくやるためのもの」と語っており、当時のアスレチックスでビーンGMの右腕であったポール・デポデスタ英語版は、「メジャーに昇格する確率は、1巡目でも50%、2巡目で25%、3巡目だと10%になる。それぐらいギャンブル的なことだ。基本的には、優秀なメジャーリーガーを1人でも発掘できれば、そのドラフトは良しとすべきなんだ」と述べ、『マネー・ボール』で用いられた手法が万能なものではないことを認めている。それでも、本書で特にスポットライトが当てられたジェレミー・ブラウンは、マネー・ボールの象徴的存在としてのプレッシャーと戦わなくてはならなくなった[13]2008年に、ブラウンがメジャーで芽が出ないまま引退した際には、「マネー・ボールは死んだのか?」という議論が沸き起こった[14]

また、この年のドラフトでは、ビーンが指名を避けた高校生投手の中から、コール・ハメルズマット・ケインスコット・カズミアーなどの一流投手が育ったことも批判の対象となった。しかし、ビーンは後に、高校生選手を完全に否定しているわけではないと述べ、本書の記述にやや誇張があることを示唆した[11]

その他には、主役のビーンを引き立てるために、シカゴ・ホワイトソックスケニー・ウィリアムズGMなど、ビーンのライバルとなる立場の人物が、まるで無能のように描かれてしまっているということや、スコット・ボラスが代理人を務めていた選手の指名回避など、裏に存在していたであろう事情についての描写が薄いという指摘もある[11]

プレーオフでの苦戦[編集]

ビーン政権下のアスレチックスはレギュラーシーズンには強さを見せ、毎年のようにプレーオフに進出するものの、ワールドシリーズには進出できていない。先述のような出塁率等を重視するチーム編成・戦術は、多くの試合を重ねる中で勝率を高めていくことに主眼を置くものであり、勝率ではなく先に定められた数の勝利を挙げなくてはならない短期決戦には必ずしも向いてはいない点がその要因に挙げられるが、そもそも最大でも7試合しか行わないプレーオフでは数値に「揺らぎ」が出やすいため、長期のレギュラーシーズンに比べて、チームの戦略や選手の能力よりも運や偶然が結果を左右しやすい。ビーンも「プレーオフまで進出させることが仕事」と、現状の分析方法および戦術の短期決戦における限界を認めている。

映画化[編集]

『マネー・ボール』が出版された翌年の2004年に、ソニー・ピクチャーズが映画化の権利を獲得した。2008年11月になって、ブラッド・ピット主演、スティーヴン・ソダーバーグで映画化が発表されたが[15]、クランクイン3日前に突然制作中止が決定した。制作中止の理由は、ソダーバーグ監督が手を加えた脚本に制作側が難色を示したためだと言われている。その後しばらく音沙汰のない状態が続いていたが、2009年12月、ベネット・ミラー監督の元で再始動が発表され[16]、2011年9月23日に全米公開された。

脚注[編集]

  1. ^ Bill James (2017年9月26日). “Final Report on the 50 True Superstars Project”. Bill James Online. 2017年9月28日閲覧。
  2. ^ 例えば、コイントスを10回程度行っても、表・裏の面がそれぞれ5回ずつ出るとは限らない
  3. ^ http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/mlb/2011/11/16/post_21/index2.php
  4. ^ a b 出野哲也 「2006年版 究極の"マネー・ボール"チーム」『月刊スラッガー No.104 , 2006年12月号』日本スポーツ企画出版社、52 - 54頁。
  5. ^ a b 三尾圭 「再構築 ― ビーンGMの新たな挑戦」『月刊スラッガー No.119 , 2008年3月号』日本スポーツ企画出版社、50 - 53頁。
  6. ^ a b 田端至『図解 プロ野球 新・勝利の方程式 ― 送りバントと守備力が優勝を決める』講談社、2007年、148-150頁。ISBN 978-4062810906
  7. ^ a b c 出野哲也 「スモール・ボールは最高の"戦略"なのか」『月刊スラッガー No.123 , 2008年7月号』日本スポーツ企画出版社、44 - 46頁。
  8. ^ 『野球の見方が180度変わるセイバーメトリクス』宝島社、2008年、6頁。ISBN 978-4796662680
  9. ^ MICHAEL HILTZIK,Oakland A's performance shows that 'moneyball' doesn't always pay off,Los Angeles Times(英語),2010/03/13閲覧
  10. ^ 月刊スラッガー』2010年12月号、日本スポーツ企画出版社、2010年、雑誌15509-12、64頁
  11. ^ a b c Chass, Murray(2008-02-19). Assessing the ‘Moneyball’ Payoff. New York Times(英語). 2011年10月4日閲覧
  12. ^ 「金持ち球団が強い流れに戻っている」――『マネーボール』のビリー・ビーンGMインタビュー
  13. ^ Crasnick, Jerry(2011-09-24). 2002 'Moneyball' draft class in review. ESPN.com(英語). 2011年10月4日閲覧
  14. ^ Jacques, Derek(2008-03-04). Is Moneyball Dead?. Baseball Prospectus(英語). 2011年10月4日閲覧
  15. ^ 津川晋一,ブラピがGMに就任!?『マネー・ボール』が映画に。, Number Web, 2010年3月13日閲覧
  16. ^ 消えかけたブラピの野球映画、ベネット・ミラー監督の参加で再始動, ハリウッドチャンネル, 2010年3月13日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]