アート・ハウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アート・ハウ
Art Howe
Art howe 1987.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州ピッツバーグ
生年月日 (1946-12-15) 1946年12月15日(70歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1971年 アマチュア・フリーエージェントとしてピッツバーグ・パイレーツと契約
初出場 1974年7月10日 アトランタ・ブレーブス
最終出場 1985年4月19日 ピッツバーグ・パイレーツ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

アーサー・ヘンリー・ハウ・ジュニアArthur Henry Howe Jr. , 1946年12月15日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ出身の元プロ野球選手内野手。主に二塁手)。右投右打。

経歴[編集]

ワイオミング大学卒業後の1971年、地元ピッツバーグ・パイレーツへテスト生として24歳でプロ入り。それまではプログラマとして生計を立てていたという[1]

1974年にメジャーデビューし、ヒューストン・アストロズ移籍後の1977年より出場機会が大幅に増える。以後1970年代後半から1980年代前半までアストロズのレギュラー内野手に定着。セントルイス・カージナルス在籍時の1985年開幕直後に引退を表明。

引退後は、1986年テキサス・レンジャーズでコーチを務め、1989年にアストロズ監督に就任も最初の3年は負け越す。1992年と翌1993年には勝率5割以上と健闘するが、1993年限りで解任されてしまう(後任はテリー・コリンズ)。その後はドミニカ・ウィンターリーグの監督、ロサンゼルス・ドジャースのスカウト、コロラド・ロッキーズの打撃コーチを歴任する。

1996年トニー・ラルーサ監督の後釜としてオークランド・アスレチックスの監督に就任するも、ここでもアストロズ監督時代同様最初の3年は負け越してしまう。しかし、ジェイソン・ジアンビの成長や若手の台頭などで戦力が整った1999年には、ポストシーズン進出こそ逃すも87勝を挙げ、最下位という下馬評を覆す躍進を演じた。翌2000年からは3年連続ポストシーズンに導き、2002年限りでアスレチックス監督を退任(後任はケン・モッカ)。翌2003年から2年間はニューヨーク・メッツの監督、2007年から2年間はレンジャーズのベンチコーチを務めた。

2013年にはWBC中国代表コーチを務めた[2]

監督としての特徴・人物[編集]

若手選手を辛抱強く使い続けることに定評があり、アストロズではクレイグ・ビジオジェフ・バグウェル、アスレチックスではエリック・チャベスミゲル・テハダの大成に一役買うなど過渡期のチームで手腕を発揮する監督と言える。逆に早期で結果を求められる土地柄のニューヨークを本拠地とするメッツでは大きな功績を残せず、「彼の気楽なやり方はニューヨークではなじまない」と失格の烙印を押された[3]

温厚で笑顔を絶やさないため選手からの人望が厚く、アスレチックス監督時代に解任の噂が出た際には、選手数名がビリー・ビーンGMに引き留めを直訴したという逸話がある。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 14 (1974年 - 1975年)
  • 18 (1976年 - 1982年、1989年 - 1993年、1996年 - 2004年)
  • 7 (1984年 - 1985年)
  • 10 (1986年 - 1987年)
  • 41 (1995年)
  • 11 (2007年 - 2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 「ヒューストン・アストロズ」『'92 大リーグ総ガイド』 週刊ベースボール1992年4月25日増刊号 ベースボール・マガジン社 88頁
  2. ^ WBC中国代表一覧
  3. ^ 「30球団マンスリー・リポート ニューヨーク・メッツ 本塁打で現役生活を終えたジール 投手コーチ以外は首脳陣を刷新」『月刊メジャー・リーグ』 2004年12月号 ベースボール・マガジン社 63頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]