ショーン・ギルマーティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ショーン・ギルマーティン
Sean Gilmartin
Sean Gilmartin on June 22, 2016.jpg
ニューヨーク・メッツ時代
(2016年6月22日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ベンチュラ郡ムーアパーク英語版
生年月日 (1990-05-08) 1990年5月8日(32歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 MLBドラフト1巡目
初出場 2015年4月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ショーン・パトリック・ギルマーティンSean Patrick Gilmartin, 1990年5月8日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ベンチュラ郡ムーアパーク英語版出身のプロ野球選手投手)。左投左打。現在は、フリーエージェント(FA)。妻はケイリー・マケナニーホワイトハウス報道官)で、娘がいる[1][2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2008年MLBドラフト31巡目(全体945位)でサンディエゴ・パドレスから指名されたが、この時は入団せずにフロリダ州立大学へ進学した。

2010年には日本で開催された第5回世界大学野球選手権大会にアメリカ合衆国代表として参加した[3]

プロ入りとマイナー時代[編集]

2011年MLBドラフト1巡目(全体28位)でアトランタ・ブレーブスから指名され、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ブレーブスでプロデビュー。A級ローム・ブレーブス英語版でもプレーし、2球団合計で6試合に先発登板して2勝2敗、防御率3.09、31奪三振を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、サプライズ・サグアロス英語版に所属した。

2012年はAA級ミシシッピ・ブレーブスとAAA級グウィネット・ブレーブスでプレーし、2球団合計で27試合に先発登板して6勝10敗、防御率3.84、111奪三振を記録した。

2013年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ブレーブス、A級ローム、AAA級グウィネットでプレーし、3球団合計で21試合に先発登板して4勝8敗、防御率5.06、81奪三振を記録した。オフの12月18日にライアン・ドゥーミットとのトレードで、ミネソタ・ツインズへ移籍した[4]

2014年は傘下のAA級ニューブリテン・ロックキャッツとAAA級ロチェスター・レッドウイングスでプレーし、2球団合計で26試合に先発登板して9勝7敗、防御率3.71、133奪三振を記録した。

メッツ時代[編集]

2014年12月11日に行われたルール・ファイブ・ドラフトニューヨーク・メッツから指名された[5]

2015年は開幕をメジャーの25人枠で迎え、4月10日のブレーブス戦でメジャーデビュー[6]。6月14日の同カードでメジャー初勝利を挙げた。メッツのリリーフ陣の一角に定着し、50試合に登板。防御率2.67、WHIP1.19、FIP2.75と軒並み安定した成績を残し、ルーキーイヤーから大きな貢献度を示した。

2016年はメジャーでは14試合の登板に留まった。0勝1敗、防御率7.13、WHIP1.59と大炎上し、前年に見せた大活躍の再現はならなかった。マイナーリーグ(AAA級ラスベガス・フィフティワンズ)では先発として投げ、19試合中18試合が先発登板で、9勝7敗、防御率4.86、WHIP1.43という成績だった。

2017年は開幕はマイナー・オプションによってAAA級ラスベガスで迎え、その後は3度メジャー昇格、マイナー降格を繰り返した。6月11日にDFAとなった[7]

カージナルス傘下時代[編集]

2017年6月11日にウェイバー公示を経てセントルイス・カージナルスへ移籍し、傘下のAAA級メンフィス・レッドバーズへ配属された。9月1日にマイナー契約となった。

2018年7月2日に自由契約となった[7]

オリオールズ時代[編集]

2018年7月13日にボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結び、傘下のAAA級ノーフォーク・タイズへ配属された[7]。8月11日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[8]。オフにFAとなったが、マイナー契約で再契約した。

2019年は開幕をAAA級ノーフォークで迎え、6月17日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[9]。6月25日にDFAとなり[10]、28日にマイナー契約でAAA級ノーフォークへ配属された。レギュラーシーズン終了後の10月1日にFAとなった[7]

レイズ時代[編集]

2020年2月8日にタンパベイ・レイズとマイナー契約を結んでスプリングトレーニングに招待選手として参加することになったと報じられ[11]、23日に正式公示された。8月7日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[12]。8月9日にDFAとなり[13]、11日にマイナー契約となった[14]。8月22日に再びメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[15]。8月23日に再びDFAとなり[16]、25日にマイナー契約となった[17]。9月18日に三たびメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[18]。29日にシェーン・マクラナハンのメジャー昇格に伴い再びDFAとなり[19]、10月1日にマイナー契約となった[20]。オフの11月2日にFAとなった[7]

投球スタイル[編集]

速球は最速92mph(約148.1km/h)。右打者にはチェンジアップ、左打者にはスライダーを多投する[21]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 NYM 50 1 0 0 0 3 2 0 2 .600 235 57.1 50 2 18 5 2 54 1 0 17 17 2.67 1.19
2016 14 1 0 0 0 0 1 0 1 .000 79 17.2 21 4 7 1 1 11 0 0 14 14 7.13 1.59
2017 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 19 3.1 8 2 1 0 0 4 1 0 5 5 13.50 2.70
2018 BAL 12 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 113 27.0 23 4 11 0 2 15 0 0 9 9 3.00 1.26
2019 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 16 2.1 7 2 2 0 0 1 0 0 5 5 19.29 3.86
2020 TB 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 24 4.1 7 2 4 0 0 5 0 0 4 4 8.31 2.54
MLB:6年 81 3 0 0 0 4 5 0 3 .444 486 112.0 116 16 43 6 5 90 2 0 54 54 4.34 1.42
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2015 NYM 50 2 5 0 1 1.000
2016 14 0 5 0 0 1.000
2017 2 0 0 0 0 ----
2018 BAL 12 2 4 0 1 1.000
MLB 78 4 14 0 2 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 36(2015年 - 2017年)
  • 63(2018年 - 2019年)
  • 85(2020年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ケイリー・マケナニーの夫の秘められた真実
  2. ^ 女トランプ?米国版あゆ?マケナニー報道官がカッコ可愛いと話題に!!
  3. ^ 2010 USA Baseball Collegiate National Team Roster
  4. ^ Mike Axisa (2013年12月18日). “Braves acquire Ryan Doumit from Twins for Sean Gilmartin”. CBSSports.com. 2015年10月1日閲覧。
  5. ^ Anthony DiComo (2014年12月11日). “Mets select left-hander Gilmartin in Rule 5 Draft”. MLB.com. http://m.mets.mlb.com/news/article/103824344/mets-select-left-hander-sean-gilmartin-in-rule-5-draft 2015年10月1日閲覧。 
  6. ^ Mark Bowman (2015年4月10日). “Heady Braves get past Mets late, stay unbeaten”. MLB.com. http://m.braves.mlb.com/news/article/117550300/heady-braves-get-past-mets-late-stay-unbeaten 2015年10月1日閲覧。 
  7. ^ a b c d e MLB公式プロフィール参照。2020年12月23日閲覧。
  8. ^ Brittany Ghiroli (2018年8月11日). “O's swap lefty Gilmartin for Hart on roster” (英語). MLB.com. 2018年8月12日閲覧。
  9. ^ Chris Haft (2019年6月17日). “All-Star worthy Mancini in major need of votes” (英語). MLB.com. 2019年6月18日閲覧。
  10. ^ Steve Adams (2019年6月25日). “Orioles Claim Tayler Scott, Designate Sean Gilmartin” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年6月26日閲覧。
  11. ^ Mark Polishuk (2020年2月8日). “Rays Sign Sean Gilmartin To Minors Deal” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年8月8日閲覧。
  12. ^ Steve Adams (2020年8月7日). “Rays Select Sean Gilmartin” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年8月8日閲覧。
  13. ^ Rays Announce Multiple Roster Moves” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年8月9日閲覧。
  14. ^ Connor Byrne (2020年8月11日). “Rays Outright Sean Gilmartin” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年8月12日閲覧。
  15. ^ Alyson Footer (2020年8月22日). “Rays righty Roe lands on IL with sore elbow” (英語). MLB.com. 2020年8月23日閲覧。
  16. ^ Steve Adams (2020年8月23日). “Rays Select Josh Fleming, Designate Sean Gilmartin” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年8月24日閲覧。
  17. ^ Rays Outright Sean Gilmartin” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年8月26日閲覧。
  18. ^ Connor Byrne (2020年9月18日). “Rays Place Austin Meadows On 10-Day IL” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年9月19日閲覧。
  19. ^ Rays Designate Sean Gilmartin For Assignment” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年9月29日閲覧。
  20. ^ Rays' Sean Gilmartin: Accepts outright assignment” (英語). CBSSports.com. 2020年10月2日閲覧。
  21. ^ 「2015プレーオフ選手名鑑 ニューヨーク・メッツ」『月刊スラッガー』2015年11月号 日本スポーツ企画出版社 41頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]