リック・レンテリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リック・レンテリア
Rick Renteria
シカゴ・ホワイトソックス ベンチコーチ #17
2013 09 11 106 Padres Rick Renteria edit.jpg
サンディエゴ・パドレスでのコーチ時代
(2013年9月11日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス市ハーバーシティ英語版
生年月日 1961年12月25日(54歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
172 lb =約78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1980年 ドラフト1巡目(全体20位)でピッツバーグ・パイレーツから指名
初出場 1986年9月14日
最終出場 1994年8月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

リチャード・アビニア・レンテリアRichard Avina Renteria, 1961年12月25日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市ハーバーシティ英語版地区出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。現在はMLBシカゴ・ホワイトソックスでベンチコーチを務める。

メキシコ系アメリカ人である。

経歴[編集]

現役時代[編集]

1980年MLBドラフトピッツバーグ・パイレーツから1巡目(全体20位)指名され、プロ入り。

1986年9月14日にメジャーデビューを果たす。12月5日トレードで、シアトル・マリナーズへ移籍。

1990年9月18日に放出された。

1991年3月15日デトロイト・タイガースと契約。8月2日に放出された。8月14日モントリオール・エクスポズと契約。9月20日に放出された。

1992年2月18日に古巣・タイガースと契約。6月3日に金銭トレードでメキシカンリーグハリスコ・チャロスへ移籍。

1993年2月20日フロリダ・マーリンズと契約。

1994年12月23日FAとなった。

1996年にはメキシカンリーグのメキシコシティ・レッドデビルズでプレー。この年限りで現役生活を終える。

引退後[編集]

1998年にマーリンズ傘下(現:ミルウォーキー・ブルワーズ傘下)のA+級ブレバード・カウンティ・マナティーズでコーチを務めた。

2003年サンディエゴ・パドレス傘下のA+級レイクエルシノア・ストーム英語版で打撃コーチを務める。

2004年からは、A+級レイクエルシノアの監督を務めた。

2006年12月1日、AAA級ポートランド・ビーバーズの監督に内部昇格することが発表された[1]

2007年12月12日2008年シーズンからメジャーの一塁コーチに就任することが発表された[2]

2010年10月18日2011年シーズンからベンチコーチに就任することが発表された[3]

2013年には、第3回WBCメキシコ代表の監督に就任した[4]

2013年11月7日に3年契約でシカゴ・カブスの監督に就任することが発表された[5]が、2014年シーズン終了後にジョー・マドンを監督に招聘のため、1年で解任となった。

2015年11月10日、2016年シーズンよりシカゴ・ホワイトソックスのベンチコーチに就任する事が発表された[6]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 56 (1986年)
  • 1 (1987年 - 1988年)
  • 6 (1993年 - 1994年)
  • 17 (2008年 - 2013年、2016年 - )
  • 16 (2014年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]