クリス・ウッドウォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・ウッドウォード
Chris Woodward
ロサンゼルス・ドジャース コーチ #45
Chris Woodward.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス郡コビーナ英語版
生年月日 (1976-06-27) 1976年6月27日(41歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1994年 ドラフト54巡目(全体1438位)でトロント・ブルージェイズから指名
初出場 1999年6月7日
最終出場 2011年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

クリストファー・マイケル・ウッドウォードChristopher Michael "Woody" Woodward1976年6月27日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡コビーナ英語版出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。現在は、MLBロサンゼルス・ドジャースで三塁コーチを務める。

経歴[編集]

1994年MLBドラフトトロント・ブルージェイズから54巡目(全体1438位)指名され、翌年の5月に契約してプロ入り。1999年6月7日にメジャーデビュー。

2002年フェリペ・ロペスとの併用で90試合に出場し、自己最多となる13本塁打をマークし、翌年以降への期待を抱かせた。

2003年は自己最多の104試合に出場するも、軒並み成績が下降してしまった。

2004年はベテラン内野手のクリス・ゴメスとの併用で、64試合の出場にとどまった。

2005年ニューヨーク・メッツへ移籍。2006年まで在籍し、主に控えとしてプレーした。

2006年オフにアトランタ・ブレーブスFA移籍するも、2007年は打率.199と不振に陥りオフにシアトル・マリナーズトレードされた。

2008年はメジャー出場がなかった。

2009年6月に正三塁手だったエイドリアン・ベルトレーや正遊撃手のユニエスキー・ベタンコートの離脱に伴い、2年ぶりにメジャー昇格した。 同年8月7日ウェーバーボストン・レッドソックスに移籍。

2011年まで現役を続けた。

2012年11月には、第3回WBC予選のニュージーランド代表のコーチを務めた。

2014年シーズンよりマリナーズの内野コーチを務め、シーズン途中から一塁コーチに転任した。

2015年7月6日に、第4回WBC予選のニュージーランド代表監督を務める事が発表された[1]

2016年からロサンゼルス・ドジャースの三塁コーチに就任した。

選手としての特徴[編集]

現役時代は意外性の打撃と複数のポジションをこなせる器用さが魅力だった。

ポジションは主に遊撃手で、内野ならどこでもこなすことができる。メッツ移籍後に外野も守り始めた。

ブルージェイズ時代の2002年に、90試合の出場で13本塁打を記録したように意外性がある。あまり四球を選ばないので出塁率が低い。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績 (MLB)[編集]

















































O
P
S
1999 TOR 14 29 26 1 6 1 0 0 7 2 0 0 0 1 2 0 0 6 1 .231 .276 .269 .545
2000 37 115 104 16 19 7 0 3 35 14 1 0 1 0 10 3 0 28 1 .183 .254 .337 .591
2001 37 66 63 9 12 3 2 2 25 5 0 1 2 0 1 0 0 14 1 .190 .203 .397 .600
2002 90 350 312 48 86 13 4 13 146 45 3 0 1 8 26 0 3 72 8 .276 .330 .468 .797
2003 104 386 349 49 91 22 2 7 138 45 1 2 0 6 28 0 3 72 6 .261 .316 .395 .711
2004 69 232 213 21 50 13 4 1 74 24 1 2 2 2 14 0 1 46 3 .235 .283 .347 .630
2005 NYM 81 192 173 16 49 10 0 3 68 18 0 0 2 2 13 0 2 46 2 .283 .337 .393 .730
2006 83 253 222 25 48 10 1 3 69 25 1 1 4 3 23 2 1 55 2 .216 .289 .311 .600
2007 ATL 92 151 136 16 27 6 1 1 38 8 1 0 4 1 10 1 0 29 3 .199 .252 .279 .531
2009 SEA 20 74 67 7 16 1 0 0 17 5 1 0 1 1 5 0 0 15 1 .239 .288 .254 .541
BOS 13 16 12 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 2 4 0 .083 .313 .083 .396
'09計 33 90 79 7 17 1 0 0 18 5 1 0 1 1 7 0 2 19 1 .215 .292 .228 .520
2010 SEA 8 22 19 0 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 3 0 0 9 0 .158 .273 .211 .483
2011 TOR 11 10 10 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
通算:12年 659 1896 1706 211 408 87 14 33 622 191 9 6 17 24 137 6 12 400 28 .239 .296 .365 .661
  • 2008年は試合出場なし。

背番号[編集]

  • 31 (1999年 - 2000年)
  • 5 (2001年 - 2004年、2007年)
  • 4 (2005年 - 2006年)
  • 6 (2009年 - 同年途中、2010年)
  • 3 (2009年途中 - 同年途中)
  • 30 (2009年途中 - 同年)
  • 25 (2011年、2014年)
  • 28 (2015年)
  • 45 (2016年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Team NZ WBC Coaching Staff Named Baseball New Zealand (英語) (2015年7月6日) 2015年8月20日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]