ブライアン・コーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブライアン・コーリー
Bryan Corey
Bcorey30.jpg
ボストン・レッドソックス時代(2008年2月24日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カルフォルニア州サウザンドオークス
生年月日 (1973-10-21) 1973年10月21日(43歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1993年 MLBドラフト12巡目
初出場 MLB / 1998年5月13日
NPB / 2004年6月22日
KBO / 2011年4月2日
CPBL / 2011年9月4日
最終出場 MLB / 2008年8月9日
NPB / 2010年9月23日
KBO / 2011年7月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブライアン・スコット・コーリーBryan Scott Corey , 1973年10月21日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サウザンドオークス出身の元プロ野球選手投手)。台湾球界での登録名は、酷力

経歴[編集]

1993年のMLBドラフト12巡目でデトロイト・タイガースに指名されて契約。1998年アリゾナ・ダイヤモンドバックスの創立に伴い同チームに移籍し、同年5月13日の対ミルウォーキー・ブルワーズ戦(バンク・ワン・ボールパーク)でメジャーデビュー。

2004年読売ジャイアンツの中継ぎ陣の不振のため、シーズン途中に投手コーチの香田勲男が急遽渡米して獲得した。当初は抑え候補として期待され、6月22日の対中日ドラゴンズ戦で初登板したが、結局は中継ぎでの登板のみに終わった。21試合に登板したが満足な結果を残すことができず、1年で退団となった。

2006年テキサス・レンジャーズボストン・レッドソックスに在籍して32試合に登板し、防御率3.69の成績を残した。2007年は9月のロースター拡大に伴いメジャー昇格し、9試合の登板ながら防御率1.93と好成績を残した。

しかし2008年は開幕から失点する試合が続き、4月11日にマイク・ティムリンが故障者リストから復帰したのに伴い戦力外となった。4月22日、レッドソックス傘下のAAA級ポータケットとマイナー契約を結んだもののレッドソックスのブルペン事情が苦しいこともあり、4月25日に再びメジャー契約を結び昇格を果たした。だが、4月29日にマイク・ローウェルが故障から復帰したことにより再び戦力外となり、その後5月11日にサンディエゴ・パドレスへトレードされた。パドレスでは同年39試合に登板するものの、防御率6.23と不本意な成績に終わった。

2009年はレンジャーズ傘下のAAA級オクラホマでプレー。シーズン終了後に千葉ロッテマリーンズの入団テストを受け合格した[1]

6年ぶりの日本プロ野球となった2010年は谷間の先発で活躍し、4勝を挙げたが、2011年の契約はされずこの年限りで退団した[2]

2010年12月19日、韓国・ロッテ・ジャイアンツと契約したことが発表された。2011年4月2日のハンファとの開幕戦では開幕投手を務め7回無失点で勝ち投手になった。だがその後は先発でもリリーフでも思うような活躍ができず、シーズン途中の7月9日にロッテ・ジャイアンツから放出された。同年8月31日、台湾・Lamigoモンキーズ に入団した。

2012年は、3月はメキシカンリーグ、4月から9月まではアメリカ独立リーグアトランティックリーグカムデン・リバーシャークスでプレーした。同年限りで現役引退。

プレースタイル・人物[編集]

140km/h台中盤の速球と落差のあるチェンジアップに加え、スライダーカットボールを投げる。

ファンにも非常に紳士的に応じ、人間性も評価されている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]






















































W
H
I
P
1998 ARI 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 20 4.0 6 1 2 0 1 1 0 0 4 4 9.00 2.00
2002 LAD 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 3 1.0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00
2004 巨人 21 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 112 23.0 30 3 10 2 2 17 0 0 18 14 5.48 1.74
2006 TEX 16 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 75 17.1 15 0 8 0 0 13 0 0 5 5 2.60 1.33
BOS 16 0 0 0 0 1 0 0 3 1.000 91 21.2 20 1 7 0 2 15 0 0 11 11 4.57 1.25
'06計 32 0 0 0 0 2 1 0 3 .667 166 39.0 35 1 15 0 2 28 0 0 16 16 3.69 1.28
2007 9 0 0 0 0 1 0 0 1 1.000 32 9.1 6 0 4 0 0 6 0 0 2 2 1.93 1.07
2008 7 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 31 6.0 11 1 3 1 0 4 0 0 7 7 10.50 2.33
SD 39 0 0 0 0 1 3 0 3 .250 167 39.0 42 7 9 3 0 18 2 1 27 27 6.23 1.31
'08計 46 0 0 0 0 1 3 0 4 .250 198 45.0 53 8 12 4 0 22 2 1 34 34 6.80 1.44
2010 ロッテ(M) 14 8 0 0 0 4 4 0 0 .500 194 44.1 48 8 17 0 2 30 0 1 28 24 4.87 1.47
2011 ロッテ(G) 25 - 0 0 0 4 3 3 1 .571 300 72.1 83 8 10 0 4 48 0 0 41 34 4.23 1.29
Lamigo 5 4 0 0 0 2 1 0 0 .667 110 22.2 35 3 5 0 1 15 0 0 16 11 4.37 1.76
MLB:5年 91 0 0 0 0 4 4 0 8 .500 419 98.1 100 10 33 4 3 57 2 1 56 56 5.13 1.35
NPB:2年 35 8 0 0 0 5 5 0 0 .500 306 67.1 78 11 27 2 4 47 0 1 46 38 5.08 1.56
KBO:1年 25 - 0 0 0 4 3 3 1 .571 300 72.1 83 8 10 0 4 48 0 0 41 34 4.23 1.29
CPBL:1年 5 4 0 0 0 2 1 0 0 .667 110 22.2 35 3 5 0 1 15 0 0 16 11 4.37 1.76
  • 2013年度シーズン終了時
  • 表中のロッテ(M)(2010年在籍)は、NPBの千葉ロッテマリーンズ
  • 表中のロッテ(G)(2011年在籍)は、KBOのロッテ・ジャイアンツ

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 49 (1998年、2002年)
  • 97 (2004年)
  • 37 (2006年 - 同年途中)
  • 63 (2006年途中 - 同年終了)
  • 41 (2007年、2011年)
  • 30 (2008年 - 同年途中)
  • 40 (2008年途中 - 同年終了)
  • 33 (2010年)
  • 32 (2011年)

脚注[編集]

  1. ^ ブライアン・コーリー投手の入団について 千葉ロッテマリーンズニュースリリース 2009年12月18日付
  2. ^ コーリー投手、ムニス選手との来季契約について 千葉ロッテマリーンズニュースリリース 2010年11月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]