ルーク・グレガーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ルーク・グレガーソン
Luke Gregerson
セントルイス・カージナルス #44
Luke Gregerson in 2017.jpg
ヒューストン・アストロズ時代
(2017年7月23日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州パークリッジ英語版
生年月日 (1984-05-14) 1984年5月14日(34歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 ドラフト28巡目(全体856位)でセントルイス・カージナルスから指名
初出場 2009年4月6日 ロサンゼルス・ドジャース
年俸 $5,000,000(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国代表
WBC 2013年2017年
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球

ルーク・グレガーソンLuke Gregerson、本名:ルーカス・ジョン・グレガーソンLucas John "Luke" Gregerson , 1984年5月14日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州パークリッジ出身のプロ野球選手投手)。右投左打。現在はMLBセントルイス・カージナルスに所属している。

経歴[編集]

プロ入りとカージナルス傘下時代[編集]

2006年MLBドラフトセントルイス・カージナルスから28巡目(全体856位)指名され、プロ入り[2]

パドレス時代[編集]

2009年の開幕前にトレードサンディエゴ・パドレスへ移籍した。4月6日ロサンゼルス・ドジャース戦で3番手として登板し、メジャーデビューを果たした[3]

2010年セットアッパーマイク・アダムスクローザーヒース・ベルへの繋ぎとして、歴代最高(当時)の40ホールドを記録した[4]

2011年のアダムス移籍後はセットアッパーとなった。クローザーの離脱時は代役を務めることもあった。

2013年開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)アメリカ合衆国代表に選出された[5]

アスレチックス時代[編集]

2013年12月3日セス・スミスとのトレードでオークランド・アスレチックスに移籍した[6]

2014年1月17日にアスレチックスと506万5000ドルの1年契約に合意した[7][8]。この年は72試合に登板し、3勝3敗1セーブ・22ホールド、防御率は自己ベストの2.12を記録した[3]9月30日カンザスシティ・ロイヤルズとのワイルドカードゲームポストシーズン初登板を果たした。スコア7-4で迎えた8回裏、1アウト、ランナー1、2塁の場面で先発のジョン・レスターのマウンドを引き継いだが、1安打、1四球、1暴投でランナー2人を本塁に返してしまい、チームは延長戦の末に敗れた。オフにFAとなった[2]

アストロズ時代[編集]

2014年12月12日ヒューストン・アストロズと総額1850万ドル+出来高[9]の3年契約を結んだ[10][11]

2015年は抑えで起用され、64試合に投げて通算500登板にあと1試合とリーチを掛けた。防御率は5年ぶりに3.00を超えて3.10だったが、7勝3敗と大きく勝ち越してア・リーグ10位の31セーブを記録した[3]。また、自己ベストの与四球率をマークしたほか、WHIPを5年ぶりに1.00未満にまとめ上げるなど、投球内容は安定していた。10月6日のニューヨーク・ヤンキースとのワイルドカードゲームで登板し、1回無失点、無安打、2奪三振に抑えてポストシーズンでの初セーブを挙げ、ディビジョンシリーズ進出に貢献した。

2016年シーズン1試合目の登板で、通算500試合登板を達成。メジャーデビューから8年連続54試合 (MLBレギュラーシーズン試合数の3分の1) 以上となる59試合に登板したが、それでもキャリア最少だった。防御率3.28・4勝3敗15セーブ・WHIP0.97という成績を残したが、防御率はキャリアで1番高い数値だった。ただ、三振を奪う力が復活し、6シーズンぶりの10.0超となる奪三振率10.5をマークした。またこのシーズンは、対右被OPSが.440だったのに対し、対左被OPSは.746と左打者に痛打されることが多かった。オフの12月28日第4回WBCアメリカ合衆国代表への参加の意思を表明した[12]

2017年開幕前の2月9日に第4回WBCのアメリカ合衆国代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした[13]。主に抑えを務め、4試合で4イニングを無失点、3セーブを記録した。チームも3月22日の決勝プエルトリコ戦に勝利し、初の優勝を果たした[14]

シーズンではチームトップとなる65試合に登板したものの、被本塁打が初めて10を超えるなど安定感を欠いた場面が多く、防御率4.57・WHIP1.34と成績を大きく落とした。一方、奪三振率は2年続けて10.0超と高水準を維持した[3]。11月2日にFAとなった[15]

カージナルス時代[編集]

2017年12月14日セントルイス・カージナルスと2年総額1100万ドルで契約を結んだ[16]。契約には3年目の2020年に600万ドルの条件付き自動行使オプションが含まれている(行使条件は2年目に60試合登板または2年間で130試合登板で自動行使。条件を満たなかった場合は500万ドルの球団側選択オプションに変更となり、破棄された場合は100万ドルを受け取る)。

投球スタイル[編集]

81~85mphスライダーが全投球の約半数を占め、88~91mphのシンカーが約4割を占める。フォーシームチェンジアップも投げるが、頻度は低い[17]グラウンドボールピッチャーであり、特に2015年以降のゴロ率は約60%となっている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 SD 72 0 0 0 0 2 4 1 27 .333 318 75.0 62 3 31 9 3 93 4 0 29 27 3.24 1.24
2010 80 0 0 0 0 4 7 2 40 .364 297 78.1 47 8 18 2 1 89 0 0 30 28 3.22 0.83
2011 61 0 0 0 0 3 3 0 16 .500 241 55.2 57 2 19 3 2 34 2 0 23 17 2.75 1.37
2012 77 0 0 0 0 2 0 9 24 1.000 294 71.2 57 7 21 3 3 72 3 0 19 19 2.39 1.09
2013 73 0 0 0 0 6 8 4 25 .429 268 66.1 49 3 18 2 4 64 1 0 24 20 2.71 1.01
2014 OAK 72 0 0 0 0 5 5 3 22 .500 284 72.1 58 6 15 3 1 59 6 0 20 17 2.12 1.01
2015 HOU 64 0 0 0 0 7 3 31 0 .700 239 61.0 48 5 10 2 2 59 1 0 24 21 3.10 0.95
2016 59 0 0 0 0 4 3 15 15 .571 230 57.2 38 5 18 2 2 67 6 0 23 21 3.28 0.97
2017 65 0 0 0 0 2 3 1 18 .400 263 61.0 62 13 20 4 0 70 5 1 31 31 4.57 1.34
通算:9年 623 0 0 0 0 35 36 66 187 .493 2434 599.0 478 52 170 30 18 607 28 1 223 201 3.02 1.08
  • 2017年度シーズン終了時
  • 太字はリーグ1位

背番号[編集]

  • 57 (2009年 - 2013年)
  • 44 (2014年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Luke Gregerson Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2017年12月15日閲覧。
  2. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2017年12月15日閲覧。
  3. ^ a b c d Basseball-Reference参照。2017年12月15日閲覧。
  4. ^ Gregerson's ride is as retro as he is
  5. ^ Corey Brock (2013年1月17日). “Luke Gregerson among six to represent Friars in World Baseball Classic” (英語). MLB.com. 2017年12月15日閲覧。
  6. ^ A’s acquire RHP Luke Gregerson from Padres for OF Seth Smith” (英語). FOX Sports (2013年12月3日). 2017年12月15日閲覧。
  7. ^ “A's Agree to Terms with Four Players on One-Year Contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Oakland Athletics), (2014年1月17日), http://houston.astros.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20140117&content_id=66789504&vkey=pr_oak&c_id=oak 2017年12月15日閲覧。 
  8. ^ Greg Johns (2014年1月17日). “A's close book on arbitration with all but Reddick” (英語). MLB.com. 2017年12月15日閲覧。
  9. ^ 各年の年俸は、2015年は600万ドル、2016年と2017年は625万ドル。シーズンで45試合・50試合・55試合・57試合に登板するたび、次季の年俸に25万ドルが追加され、最大100万ドルが追加される。また、2015年と2016年の登板数の合計が100試合を超えた場合、2017年シーズンの年俸に50万ドルが追加される。そのため全てクリアした場合、2016年シーズンは725万ドル、2017年シーズンは775万ドルとなり、3年総額2100万ドルとなる。
  10. ^ “Astros sign free agent pitchers Luke Gregerson and Pat Neshek” (プレスリリース), MLB.com (Houston Astros), (2014年12月12日), http://oakland.athletics.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20141212&content_id=103958016&vkey=pr_hou&c_id=hou 2017年12月15日閲覧。 
  11. ^ Brian McTaggart (2014年12月12日). “Astros introduce upgrades to back end of bullpen”. MLB.com. 2017年12月15日閲覧。
  12. ^ Cash Kruth (2016年12月28日). “Sources: Gregerson to pitch for Team USA”. 2017年12月15日閲覧。
  13. ^ USA Baseball Announces 2017 World Baseball Classic Roster Archived 2017年2月12日, at the Wayback Machine. USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (英語) (2017年2月9日) 2017年3月16日閲覧
  14. ^ Doug Miller (2017年3月22日). “American Beauty: USA dominates PR in final” (英語). MLB.com. 2017年12月15日閲覧。
  15. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月30日閲覧
  16. ^ Jenifer Langosch (2017年12月14日). “Cards, Gregerson agree to 2-year deal” (英語). MLB.com. 2017年12月15日閲覧。
  17. ^ Brooks Baseball · Home of the PitchFX Tool - Player Card: Luke Gregerson

関連項目[編集]

外部リンク[編集]