ブラッド・ピーコック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラッド・ピーコック
Brad Peacock
ヒューストン・アストロズ #41
Brad Peacock 2018 (cropped).jpg
2018年9月30日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州マイアミ
生年月日 (1988-02-02) 1988年2月2日(31歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 ドラフト41巡目でワシントン・ナショナルズから指名
初出場 2011年9月6日
年俸 $490,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブラッド・ピーコックBradley J. "Brad" Peacock , 1988年2月2日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、MLBヒューストン・アストロズに所属。

経歴[編集]

プロ入りとナショナルズ時代[編集]

ワシントン・ナショナルズ時代
(2011年9月17日)

2006年MLBドラフトワシントン・ナショナルズから41巡目で指名を受け入団。

2011年には、「ベースボール・アメリカ」誌の有望株ランキングにおいて、マイナー全体で42位の評価を受けた[2]。同年のオールスター・フューチャーズゲームにも選出された。9月6日、ロサンゼルス・ドジャース戦でメジャーデビューを果たした。14日のニューヨーク・メッツ戦でメジャー初勝利を記録した。

アスレチックス時代[編集]

2011年12月23日にジオ・ゴンザレスとの1対4のトレードで、トム・ミローンデレク・ノリスおよびA.J.コールらと共にオークランド・アスレチックスへ移籍した[3]が、同年はメジャーで登板はしなかった。

アストロズ時代[編集]

2013年2月4日、フェルナンド・ロドリゲスジェド・ラウリーとの2対3のトレードでクリス・カーターマックス・スタッシと共にヒューストン・アストロズに移籍[4]。アストロズでは18試合に登板して、うち14試合が先発としての登板だった。5勝 (6敗) を挙げたものの、防御率5.18に終わり、80イニング程度で15本の本塁打を浴びるなど、不本意な成績だった。

2014年は、層の薄いアストロズで先発ローテーションに入り、28試合に登板 (24試合が先発) 。勝ち星こそ4勝に終わったが、防御率を4.72に改善した。

2015年は4月14日の1試合のみに先発し、5.0回を5安打3失点という内容で敗戦投手になった。

2016年は10試合に登板し、その半数に当たる5試合で先発として投げた。防御率は3.69ながらFIPは5.17であり、勝ち星も2年連続で挙げられずじまいと投球内容はあまり良くなかった。

2017年は開幕当初リリーフとして起用され、シーズン初登板である4月5日マーリンズ戦で3年ぶりの勝ち星を挙げた。5月半ばまでに12試合登板で16.1イニングを2失点と好投し、5月22日タイガース戦から先発として起用されることとなった。結果34試合に登板し(うち先発が21試合)、自身初の二桁勝利となる13勝を挙げ、防御率は3.00、奪三振率も11.0と高水準を記録と、飛躍のシーズンになった。

2018年ゲリット・コールの獲得により先発ローテーションが満たされたことから、年間を通じてリリーフに固定され、61試合に登板(内先発は1試合のみ)。3勝5敗3セーブ・防御率3.46・奪三振率13.3という成績を上げ、リリーフ陣の一角として存在感を示した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 WSH 3 2 0 0 0 2 0 0 0 1.000 48 12.0 7 0 6 0 0 4 1 0 1 1 0.75 1.08
2013 HOU 18 14 0 0 0 5 6 0 2 .455 365 83.1 78 15 37 0 3 77 4 0 51 48 5.18 1.38
2014 28 24 0 0 0 4 9 0 1 .308 589 131.2 136 20 70 4 4 119 6 0 80 69 4.72 1.57
2015 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 22 5.0 5 0 2 0 1 3 0 0 3 3 5.40 1.40
2016 10 5 0 0 0 0 1 0 0 .000 127 31.2 21 6 14 0 0 28 2 0 15 13 3.69 1.11
2017 34 21 0 0 0 13 2 0 0 .867 546 132.0 100 10 57 0 3 161 6 1 46 44 3.00 1.19
2018 61 1 0 0 0 3 5 3 10 .375 272 65.0 56 11 20 0 3 96 5 0 26 25 3.46 1.17
2019 23 15 0 0 0 7 6 0 0 .538 383 91.2 78 15 31 0 5 96 1 1 43 42 4.12 1.19
MLB:8年 178 83 0 0 0 34 30 3 13 .531 2352 552.1 481 77 237 4 19 584 25 2 265 245 3.99 1.30
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2011 WSH 3 1 0 0 0 1.000
2013 HOU 18 4 10 1 0 .933
2014 28 7 7 2 1 .875
2015 1 0 1 0 0 1.000
2016 10 2 2 0 0 1.000
2017 34 6 21 1 1 .964
2018 61 2 3 1 0 .833
2019 23 5 4 2 0 .818
MLB 178 27 48 7 2 .915
  • 2019年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 41 (2011年、2014年 - )
  • 43 (2012年 - 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ Brad Peacock Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2013年4月22日閲覧。
  2. ^ "Midseason Top 50 Prospects List" Baseball America.com(英語). 2011年7月7日閲覧
  3. ^ Ladson, Bill(2011-12-22). Nationals land Gio, send four prospects to A's. MLB.com(英語). 2011年12月23日閲覧
  4. ^ A's acquire Jed Lowrie from Astros

関連項目[編集]

外部リンク[編集]