エバン・ガティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • エバン・ギャティス
エバン・ガティス
Evan Gattis
Evan Gattis on October 8, 2015.jpg
アストロズ時代(2015年10月8日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ダラス
生年月日 (1986-08-18) 1986年8月18日(32歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手左翼手指名打者一塁手
プロ入り 2010年 MLBドラフト23巡目(全体704位)でアトランタ・ブレーブスから指名
初出場 2013年4月3日 フィラデルフィア・フィリーズ
年俸 $490,000[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェームズ・エバン・ガティスJames Evan Gattis, 1986年8月18日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のプロ野球選手捕手左翼手)。右投右打。現在は、フリーエージェント(FA)。愛称はブルBull[2]

メディアによっては「ギャティス」とも表記される。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

6歳から野球を始める。少年時代は大のテキサス・レンジャーズファンだった[3]

高校時代に活躍し、テキサスA&M大学が入学に動いたが、期待への重圧からアルコールマリファナに手を出し、進学も諦めている[4]。その後、母親が更生施設に30日間入れた。退院後は、オクラホマ州にあるセミノール州立大学英語版に進学する。ここで、野球をするもを怪我して辞めてしまう。

セミノール州立大学中退後、長い放浪生活が始まる。まず、ダラスでバレットパーキングをする[5]。その後、コロラド州ボルダーにいる兄妹の家にしばらく泊まる。ここでは、スキーリフトの係などをやっていた。その7ヶ月後に、ダラスに帰郷する。

2010年に野球を復帰する事を決意。義理の兄弟がテキサス・オブ・ザ・パージアン・ベイシン大学英語版で野球をしており、そこのコーチがエバンの高校時代をよく知る人物だった。そのコネで大学に入り、野球を復帰した。

ブレーブス時代[編集]

2010年のMLBドラフト23巡目(全体704位)でアトランタ・ブレーブスから指名され、プロ入り。1年目は傘下のアパラチアンリーグのルーキー級ダンビル・ブレーブス英語版でプロデビュー。35試合に出場して打率.288、4本塁打を記録した。

2011年5月にA級ローム・ブレーブス英語版に昇格した。

2012年は開幕をA+級リンチバーグ・ヒルキャッツで迎え、21試合で打率.385・9本塁打・29打点を記録し、4月中にAA級ミシシッピ・ブレーブスへ昇格した。オフにベネズエラウィンターリーグに参加。53試合に出場して打率.303、16本塁打、長打率.595を記録した。ここで、"El Oso Blanco"というあだ名が付けられた。これは、スペイン語でシロクマを意味する。

2013年は開幕前にブライアン・マッキャンが負傷したため、初めて開幕ロースター入りを果たした。4月3日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で、メジャーデビューを果たす。第2打席でロイ・ハラデイからメジャー初本塁打を放った[6]。4月は、打率.250・6本塁打・16打点・長打率.566・塁打43を記録し、4月のルーキー・オブ・ザ・マンスを受賞した。5月になるとマッキャンが復帰したが、故障者リスト入りしているジェイソン・ヘイワードに変わって左翼手を守るなどして、出場機会を得ている。5月も好調を維持し、打率.303、出塁率.362、長打率.683を記録し、2か月連続でルーキー・オブ・ザ・マンスを受賞した。しかし6月19日に故障者リスト入りした。9月3日に復帰し、8日のフィリーズ戦では飛距離486フィート (148 m)級のホームランを放った。これは、シチズンズ・バンク・パークで最長飛距離である[7][8]。この年は105試合に出場して打率.243、21本塁打、65打点を記録し、ナショナルリーグ新人王の投票では7位であった。

2014年2月25日にブレーブスと1年契約に合意した[9]。この年はマッキャンがニューヨーク・ヤンキースへ移籍したため、開幕から正捕手として起用された。6月30日には椎間板ヘルニアで15日間の故障者リスト入りした[10]、7月21日に復帰[11]。この年は108試合に出場して打率.263、22本塁打、52打点を記録した。

アストロズ時代[編集]

2015年1月14日にマイク・フォルテネービッチリオ・ルイーズアンドリュー・サーマン英語版とのトレードで、ジェームズ・ホイトと共にヒューストン・アストロズへ移籍した[12]。アストロズではDHのレギュラーの座を手中に収め、自己最多の153試合でプレーして規定打席に達した。打率は.246ながら、自己最多且つチームトップの27本塁打を放ったほか、アメリカンリーグ3位タイの11三塁打も記録した。

2016年も指名打者のレギュラーで起用されたが、本職の捕手として起用される機会も増えた。128試合に出場し、打撃面では打率.251、32本塁打、72打点という成績を記録した。MLB4年目で通算100本塁打に達したほか、初めて30本塁打を超えた事もあって長打率は.500を超えた。また、メジャー初盗塁も決めた。

2017年は8月に脳震盪で故障者リスト入り[13]した影響もあり、84試合の出場に留まった。

2018年は128試合に出場して打率.226、25本塁打、78打点を記録した。捕手の守備に就いたのは2試合だけだった。オフの10月29日にFAとなった[14]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 ATL 105 382 354 44 86 21 0 21 170 65 0 0 0 3 21 4 4 81 10 .243 .291 .480 .771
2014 108 401 369 41 97 17 1 22 182 52 0 0 0 2 22 3 8 97 9 .263 .317 .493 .810
2015 HOU 153 604 566 66 139 20 11 27 262 88 0 1 0 5 30 3 3 119 13 .246 .285 .463 .748
2016 128 499 447 58 112 19 0 32 227 72 2 1 0 5 43 6 4 127 12 .251 .319 .508 .826
2017 84 325 300 41 79 22 0 12 137 55 0 1 0 3 18 0 4 50 10 .263 .311 .457 .767
2018 128 451 407 49 92 17 0 25 184 78 1 0 0 8 33 2 3 101 13 .226 .284 .452 .736
MLB:6年 706 2662 2443 299 605 116 12 139 1162 410 3 3 0 26 167 18 26 575 67 .248 .300 .476 .775
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



捕手(C) 一塁(1B) 左翼(LF)












































2013 ATL 42 379 26 2 0 .993 2 16 8 .333 4 34 0 1 2 .971 48 63 3 4 1 .943
2014 93 723 49 5 2 .994 5 53 13 .197 - -
2015 HOU - - 11 5 0 1 0 .833
2016 55 448 34 2 4 .996 5 15 13 .464 - -
2017 49 473 14 9 2 .982 4 35 4 .103 1 2 0 0 0 1.000 -
2018 2 2 0 0 0 1.000 0 0 0 .--- - -
MLB 241 1925 123 18 8 .991 16 119 38 .242 5 36 0 1 2 .973 59 68 3 5 1 .934
  • 2018年度シーズン終了時

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 24(2013年 - 2014年)
  • 11(2015年 - 2018年)

脚注[編集]

  1. ^ Evan Gattis Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2013年12月2日閲覧。
  2. ^ Astros Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月2日閲覧
  3. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、236頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  4. ^ Braves slugger Gattis has a story. Man, does he ever
  5. ^ Gattis came a long way on amazing journey
  6. ^ Grateful Gattis homers in big league debut
  7. ^ Watch: Evan Gattis hits longest home run of 2013 season | The Strike Zone - SI.com”. Mlb.si.com (2013年9月9日). 2013年9月20日閲覧。
  8. ^ Pure power: Evan Gattis crushes the longest home run of 2013 | MLB.com”. Wapc.mlb.com. 2013年9月20日閲覧。
  9. ^ Atlanta Braves agree to terms with 19 players”. MLB.com Braves Press Release (2014年2月25日). 2014年2月26日閲覧。
  10. ^ Mark Bowman, Joe Morgan (2014年6月30日). “Gattis lands on DL with bulging thoracic disk”. MLB.com. 2015年1月15日閲覧。
  11. ^ Mark Bowman, Joe Morgan (2014年7月21日). “Gattis gets right back in the action off disabled list”. MLB.com. 2015年1月15日閲覧。
  12. ^ Astros acquire Evan Gattis from Braves in five-player deal”. MLB.com Astros Press Release (2015年1月14日). 2015年1月15日閲覧。
  13. ^ “アストロズ・ギャティス、スイングが当たりDL入り”. 日刊スポーツ. (2017年8月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/1868076.html 2018年10月29日閲覧。 
  14. ^ Chandler Rome (2018年10月30日). “Six Astros officially become free agents” (英語). The Houston Chronicle. 2019年2月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]