ジャスティン・マスターソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャスティン・マスターソン
Justin Masterson
ロサンゼルス・ドジャース (マイナー)
Justin Masterson Cleveland.jpg
インディアンス時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ
サリー郡キングストン
生年月日 (1985-03-22) 1985年3月22日(32歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
250 lb =約113.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 MLBドラフト2巡目(全体71位)でボストン・レッドソックスから指名
初出場 2008年4月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジャスティン・ダニエル・マスターソンJustin Daniel Masterson, 1985年3月22日 - )は、ジャマイカキングストン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、MLBピッツバーグ・パイレーツ傘下所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

マスターソンは父親がジャマイカの神学校で働いていた関係でキングストンで生まれた[1]。 数年後にインディアナ州へ転居。その後ビーバークリークにあるビーバークリーク高等学校英語版で捕手として野球選手のキャリアをスタートさせた。ベセル大学英語版では先発投手として活躍し、その後転校したサンディエゴ州立大学では2005年はリリーフ、2006年は先発を務めた[2]

レッドソックス時代[編集]

2006年MLBドラフト2巡目(全体71位)でボストン・レッドソックスから指名され、プロ入り。入団後は先発からリリーフへ転向し、傘下のA-級ローウェル・スピナーズ英語版でプロとしてのキャリアをスタートさせた。この年は3勝1敗・防御率0.85という成績を残し、ベースボールアメリカのショートシーズンオールスター選手に選出された[3]

2007年には先発に復帰。この年は防御率は4点台だったがA級グリーンビル・ドライブ英語版、AA級ポートランド・シードッグスで合計12勝をあげた[4]

2008年の開幕前にはベースボールアメリカの有望株ランキングで64位に選ばれる[5]。開幕はマイナーで迎えたが、4月24日ジョシュ・ベケット松坂大輔とインフルエンザによる先発投手の登板回避が相次いだ為に代役としてメジャー初昇格を果たす[6]。その当日に先発としてメジャーデビューを果たし、6回を投げ2被安打4四球4奪三振1被本塁打1失点という内容だったが勝敗はつかなかった。しかし5月20日、本拠地フェンウェイ・パークでのカンザスシティ・ロイヤルズ戦にて6.1回を3被安打3四球1死球5奪三振1失点という投球を見せ、ついにメジャー初勝利を飾った。

インディアンス時代[編集]

2009年7月31日ビクター・マルティネスとのトレードで、ニック・ハガダンブライアン・プライス (1986年生の投手)英語版、[[:ブライアン・プライス:{{{5}}}|ブライアン・プライス版]])と共にクリーブランド・インディアンスへ移籍した[7]

インディアンス移籍後はローテーションに入り、10試合に先発したが、1勝7敗・防御率4.45と大きく負け越した。

2010年は開幕からローテーションを守り、自身初の規定投球回到達を果たしたが、6勝13敗・防御率4.70とこのシーズンも大きく負け越した。

2011年は飛躍のシーズンとなった。不安定だった制球面で改善が見られ、防御率はリーグ12位の3.21を記録するなど全ての投手成績の項目でキャリアハイの数字を残し、インディアンス投手陣の柱に成長した。

2012年は昨シーズンから一転不振に陥った。ローテーションこそ守り通し、二連連続の200投球回、二桁勝利はクリアしたものの、防御率はキャリアワーストの4.93で、勝ち星(11勝)を上回る15敗を喫した。特に昨シーズンからイニング数は減ったにも関わらず、与四死球は25も増加し、再び制球難に苦しんだシーズンだった。

2013年は一昨年の輝きを取り戻し、キャリアハイの14勝、195奪三振を記録。3完封はリーグ最多タイで、オールスターにも初選出された(出場は無し)。

2014年2月18日にインディアンスと976万2500ドルの1年契約に合意した[8]。 このシーズンは再び不振に陥り、インディアンスでは4勝6敗、防御率5.51だった。

カージナルス時代[編集]

2014年7月30日ジェームズ・ラムジー英語版とのトレードで、セントルイス・カージナルスへ移籍した[9]。 移籍後は成績がさらに悪化し、3勝3敗・防御率7.04だった。シーズン合計では7勝9敗、防御率5.88となり、4シーズンぶりに規定投球回、二桁勝利を逃した。128回2/3の投球回数ながらメジャー2位タイの15死球を与えるなどこのシーズンも制球に苦しんだ。

オフにFAとなった。

レッドソックス復帰[編集]

2014年12月12日に古巣のレッドソックスと1年契約を結んだ[10]

2015年も、昨シーズンに続き調子が上がらず、8月10日DFAとなり[11]、19日に自由契約となった。この年も僅か59回1/3イニングの投球回数ながら、メジャー15位タイの10死球を与えた。9月に右肩の関節鏡視下手術を受けた。

パイレーツ傘下時代[編集]

2016年4月15日ピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結んだ。傘下のA+級ブレイデントン・マローダーズ英語版とAAA級インディアナポリス・インディアンスでプレーし、2球団合計で26試合(先発6試合)に登板して3勝2敗・防御率4.85・40奪三振の成績を残した。この年はメジャーでの登板は無く、オフの11月7日にFAとなった[12]

ドジャース傘下時代[編集]

2017年4月4日ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ[12]

投球スタイル[編集]

長身からサイドスローに近いスリークォーターで常時92~93mphのシンカーツーシーム)を投げ、ゴロアウトとフライアウトの比率は4対1と極端なグラウンドボールピッチャーである。スライダーチェンジアップも用いる。インディアンスで共にローテーションを組んだデレク・ロウに似たタイプの投手だとされている[13][14]。シンカーボールを多投する投球スタイルに加えて、コントロールの悪さもあり、2010年から6年連続で二けた死球を与えている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 BOS 36 9 0 0 0 6 5 0 3 .545 365 88.1 68 10 40 3 8 68 1 0 31 31 3.16 1.22
2009 31 6 0 0 0 3 3 0 6 .500 312 72.0 72 7 25 2 6 67 3 0 38 36 4.50 1.35
CLE 11 10 1 0 0 1 7 0 0 .125 256 57.1 56 5 35 1 2 52 2 0 35 29 4.55 1.59
'09計 42 16 1 0 0 4 10 0 6 .286 568 129.1 128 12 60 3 8 119 5 0 73 65 4.52 1.45
2010 34 29 1 1 0 6 13 0 2 .316 802 180.0 197 14 73 4 11 140 12 0 107 94 4.70 1.50
2011 34 33 1 0 0 12 10 0 0 .545 908 216.0 211 11 65 4 11 158 5 0 89 77 3.21 1.28
2012 34 34 1 0 0 11 15 0 0 .423 906 206.1 212 18 88 1 13 159 14 0 122 113 4.93 1.45
2013 32 29 3 3 0 14 10 0 0 .583 803 193.0 156 13 76 0 17 195 8 0 75 74 3.45 1.20
2014 19 19 0 0 0 4 6 0 0 .400 452 98.0 106 6 56 2 11 93 9 0 66 60 5.51 1.65
STL 9 6 0 0 0 3 3 0 0 .500 140 30.2 35 6 13 0 4 23 5 0 24 24 7.04 1.57
'14計 28 25 0 0 0 7 9 0 0 .438 592 128.2 141 12 69 2 15 116 14 0 90 84 5.88 1.63
2015 BOS 18 9 0 0 0 4 2 0 2 .667 273 59.1 68 7 27 0 10 49 7 1 38 37 5.61 1.60
MLB:8年 258 184 7 4 0 64 74 0 13 .464 5217 1201.0 1181 97 498 17 93 1004 66 1 625 575 4.31 1.40
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 63(2008年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ Profile: #21 Justin Masterson”. San Diego State University. 2008年4月24日閲覧。
  2. ^ Justin Masterson - Red Sox pitching prospect, interview by David Laurila aka Cambridge”. Royal Rooters of Redsoxnation.net. 2008年4月24日閲覧。
  3. ^ BaseballAmerica.com: Minors: 2006 Minor League All-Stars”. 2008年4月24日閲覧。
  4. ^ Minor League Report: Justin Masterson Righty looking to live up to expectations after quick rise”. The Official Site of The Boston Red Sox. 2008年4月24日閲覧。
  5. ^ Top 100 Prospects: No. 61-80”. Baseball America. 2008年4月24日閲覧。
  6. ^ New day, new face”. The Official Site of The Boston Red Sox. 2008年4月24日閲覧。
  7. ^ V-Mart to Red Sox details ironed out Indians agree to deal catcher to Boston for three pitchers”. indians.com (2009年7月31日). 2009年8月5日閲覧。
  8. ^ Jordan Bastian (2014年2月18日). “Masterson, Indians avoid arbitration with one-year deal”. MLB.com. 2014年2月19日閲覧。
  9. ^ Cardinals & Indians announce trade; Cards acquire 2013 A.L. All-Star pitcher Justin Masterson”. MLB.com Cardinals Press Release (2014年7月30日). 2014年7月31日閲覧。
  10. ^ Masterson gets one-year, $9.5 million deal from Red Sox
  11. ^ “Red Sox cut RHP Masterson, reacquire 3B Rivero from Mariners”. Associated Press. ESPN.com. (2015年8月9日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=13407370 2015年8月13日閲覧。 
  12. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2017年4月17日閲覧。
  13. ^ Boston Red Sox - It's Show time for Masterson today”. The Boston Globe. 2008年4月24日閲覧。
  14. ^ #35 Justin Masterson”. SoxProspects.com. 2008年4月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]