アンソニー・レンドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • アンソニー・レンドーン
アンソニー・レンドン
Anthony Rendon
ワシントン・ナショナルズ #6
Anthony Rendon 2017 (34506991176).jpg
2017年5月8日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ヒューストン
生年月日 (1990-06-06) 1990年6月6日(27歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手二塁手
プロ入り 2011年 MLBドラフト1巡目(全体6位)でワシントン・ナショナルズから指名
初出場 2013年4月21日
年俸 $2,800,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

アンソニー・マイケル・レンドンAnthony Michael Rendon, 1990年6月6日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロ野球選手三塁手または二塁手)。右投右打。MLBワシントン・ナショナルズに所属。愛称はアント[2]。代理人はスコット・ボラス

メディアによっては「レンドーン」と表記されることもある。

経歴[編集]

ライス大学では初年度の2009年から打率.388・20本塁打・77打点・OPS1.170を記録。2年目の2010年は打率.394・26本塁打・85打点・OPS1.340と更に成績を伸ばし、全米の大学野球の最優秀選手に贈られる賞であるディック・ハウザー・トロフィー英語版を受賞した[3]。また、この年は日本で開催された第5回世界大学野球選手権大会にアメリカ合衆国代表として参加した[4]

この2年の好成績から、2011年ドラフトでの全体1位指名が確実視されるようになった。しかし、3年目は足首の肩の故障により指名打者での出場を余儀なくされ、打撃成績も大きく落としてしまった。ドラフト前には怪我の完全回復を宣言したが、スカウトの間では不安視する声も根強かった[5]

迎えた2011年6月のMLBドラフトでは、1巡目(全体6位)でワシントン・ナショナルズから指名を受けた。ナショナルズのマイク・リゾ英語版GMは、「まさかこの順位で彼を指名できるとは思っていなかった」と語った[5]8月15日に4年総額720万ドルのメジャー契約で入団に合意した[6]

2013年4月21日にメジャーデビューし、二塁手のレギュラーの座を獲得した。

2014年、引き続き二塁のレギュラーを務めていたが、主砲のライアン・ジマーマンが故障離脱した時に三塁手に移り、そのままレギュラーに入った[7]。153試合に出場し、リーグトップの111得点を記録。三塁の守備では134試合で15失策を喫したが、DRSは + 12を記録。シーズンオフにはシルバースラッガー賞(三塁手部門)を受賞し、MVPでも5位にランクイン[7]した。

2015年は、壁に突き当たった。80試合の出場で打率.264・5本塁打・25打点・1盗塁(2盗塁死)という成績に終わった。

2016年は、三塁に戻り156試合に出場した。打撃面では打率.270・20本塁打・85打点、守備面ではUZR10.6、DRS8という好成績を残し、カムバック賞(MLB[8])を受賞した。

2017年は147試合に出場し、打撃面では打率.301・25本塁打・100打点と自身初の打率3割と出塁率4割を達成、wRC+は142を記録しキャリアハイの数字となった。守備面ではUZR13.6、DRS7を記録した。WARはrWARではリーグ11位の5.9、fWARではリーグトップの6.9を記録した。

人物[編集]

野球メキシコ代表監督エドガー・ゴンザレス曰く、メキシコ代表資格があるらしく、前向きに第4回WBCメキシコ代表入りを検討しているとのこと[9]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 WSH 98 394 351 40 93 23 1 7 139 35 1 1 2 5 31 3 5 69 7 .265 .329 .396 .725
2014 153 683 613 111 176 39 6 21 290 83 17 3 2 5 58 2 5 104 11 .287 .351 .473 .824
2015 80 355 311 43 82 16 0 5 113 25 1 2 0 4 36 0 4 70 8 .264 .344 .363 .707
2016 156 647 567 91 153 38 2 20 255 85 12 6 0 8 65 2 7 117 5 .270 .348 .450 .797
MLB:4年 487 2079 1842 285 504 116 9 53 797 228 31 12 4 22 190 7 21 360 31 .274 .345 .433 .777
  • 2016年度シーズン終了時
  • 太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]


二塁 三塁 遊撃




































2013 82 147 213 9 50 .976 15 7 26 5 4 .868 4 9 2 2 1 .846
2014 28 51 52 0 8 1.000 134 106 235 15 30 .958 -
2015 59 107 137 4 35 .984 28 10 36 0 4 1.000 -
2016 - 155 134 239 9 25 .976 -
通算 169 305 402 13 93 .982 332 257 536 29 63 .965 4 9 2 2 1 .846

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 6(2013年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Anthony Rendon Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年7月8日閲覧。
  2. ^ Explaining Nats Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月22日閲覧
  3. ^ Aaron Fitt (2010年6月16日). “2010 College Player Of The Year”. Baseballamerica.com. 2017年8月19日閲覧。
  4. ^ 2010 USA Baseball Collegiate National Team Roster
  5. ^ a b Sheinin, Dave(2011-06-07). 2011 MLB draft: Nationals pick Anthony Rendon with No. 6 pick in ‘surprise’. The Washington Post(英語). 2011年11月28日閲覧
  6. ^ Ladson, Bill(2011-08-16). Nationals sign first four 2011 Draft picks. nationals.com(英語). 2011年11月26日閲覧
  7. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版2015年、265頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  8. ^ スポーティング・ニュース社での選出はホセ・フェルナンデスマイアミ・マーリンズ
  9. ^ Puig interested in playing for Mexico in Classic The official site of World Baseball Classic (英語) (2016年10月13日) 2016年11月11日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]