トミー・デービス (外野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トミー・デービス
Tommy Davis
Tommy Davis 1958.jpeg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗ニューヨーク州ブルックリン
生年月日 (1939-03-21) 1939年3月21日(80歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 左翼手 (三塁手中堅手)
プロ入り 1956年 アマチュアフリーエージェント
(ブルックリン・ドジャースと契約)
初出場 1959年9月22日
ロサンゼルス・ドジャース
(対セントルイス・カージナルス戦)
最終出場 1976年10月2日
カンザスシティ・ロイヤルズ
(対ミネソタ・ツインズ戦)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トミー・デービス(Herman Thomas "Tommy" Davis:ハーマン・トーマス・デービス、1939年3月21日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン区出身の元プロ野球選手左翼手三塁手中堅手)である。1959年から1976年までMLBでプレイし、ロサンゼルス・ドジャースボルチモア・オリオールズ等で活躍した。

経歴[編集]

ドジャース時代 (1956 - 1966)[編集]

1956年、当時のブルックリン・ドジャースとアマチュアフリーエージェント選手として、契約を結んだ。

1959年、対セントルイス・カージナルス戦で代打としてメジャーデビューを果たした。メジャー初打席は三振に終わった[1]

1960年外野ユーティリティ・プレイヤーとしてメジャーに定着し、110試合に出場して打率.276・11本塁打・44打点・6盗塁という成績を残した。外野の3ポジション以外にサードの守備に就く機会もあった。シーズンオフのルーキー・オブ・ザ・イヤー (NPB新人王に該当) の投票で5位にランクインした (同年の受賞者はフランク・ハワード)[2]

1961年は、サードでの出場が最も多く (59試合) 、次いでレフト (44試合) だった。サードでは13失策守備率.901という守備成績に終わり、不安定な守備だった。打撃面では15本塁打を放ったほか、10盗塁を決めて「10本塁打・10盗塁」を同時に記録した。

1962年は、前半戦終了時点で87試合に出場して打率.353・15本塁打・90打点と打ちまくり[3]ナ・リーグオールスターのメンバーに選出された。同試合には「5番・レフト」でスタメン出場したが、ヒットは出なかった[4]。オールスター明けも調子を維持し、最終的には打率.346・153打点を記録してナ・リーグの二冠 (首位打者打点王) に輝いた。だが、シーズンオフのMVP投票では、リーグ最多の165試合に出場して104盗塁 (ナ・リーグの盗塁王) を決めたチームメイトのモーリー・ウィルス、49本塁打を放ち本塁打王になったウィリー・メイズに敗れ、3位に終わった[5]。なお、この年から本格的に正左翼手に定着し、他のポジションを守る機会は減少していった。

1963年も、前年ほどではないが好調を維持し、2年連続でのナ・リーグオールスターメンバー選出、ナ・リーグの首位打者となった。この年、チームはワールド・シリーズを制し、世界一に輝いた。

1964年は152試合に出場したが打率.275に終わり、過去2年と比べると大幅に成績を落とした。翌1965年は故障の為、僅か17試合の出場に終わった。1966年は100試合に出場し、打率.313と復活の兆しを見せた。シーズンオフの11月29日に、トレードでニューヨーク・メッツに移籍となった[6]

度重なる移籍 (1967 - 1976)[編集]

メッツ加入1年目のシーズン、154試合の出場で打率.302・16本塁打・73打点・9盗塁を記録し、前年の打率.300超えがフロックでない事を証明、見事に復活した格好となった。だが、12月15日に自身2度目のトレード要員となり、シカゴ・ホワイトソックスに放出された[6]

1968年、ホワイトソックスでは132試合に出場したが、打率.268・長打の合計本数が僅か16本に終わり、大きく成績を落とした。同年10月15日エクスパンション・ドラフトの対象となり、新加入チームのシアトル・パイロッツ (現ミルウォーキー・ブルワーズ) に移籍する事になった[6]

以後、トレードや解雇によりチームを転々とし、1967年から1976年の引退までの10年間で9球団に在籍した。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

1963年のデービス
ロサンゼルス・ドジャース
  • 12 (1959 - 1966)
ニューヨーク・メッツ
  • 12 (1967)
シカゴ・ホワイトソックス
  • 10 (1968)
シアトル・パイロッツ
  • 12 (1969)
ヒューストン・アストロズ
  • 10 (1969 - 1970)
オークランド・アスレティックス
  • 42 (1970)
  • 12 (1970 - 1971)
シカゴ・カブス
  • 29 (1970)
  • 24 (1972)
ボルティモア・オリオールズ
  • 36 (1972)
  • 12 (1972 - 1975)
カリフォルニア・エンゼルス
  • 12 (1976)
  • 9 (1976)
カンザスシティ・ロイヤルズ
  • 10 (1976)

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1959 LAD 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1960 110 374 352 43 97 18 1 11 150 44 6 2 3 4 13 2 2 35 6 .276 .302 .426 .728
1961 132 508 460 60 128 13 2 15 190 58 10 4 9 5 32 4 2 53 16 .278 .325 .413 .738
1962 163 711 665 120 230 27 9 27 356 153 18 6 3 8 33 6 2 65 17 .346 .374 .535 .910
1963 146 597 556 69 181 19 3 16 254 88 15 10 1 7 29 5 4 59 17 .326 .359 .457 .816
1964 152 631 592 70 163 20 5 14 235 86 11 8 1 5 29 6 4 68 14 .275 .311 .397 .708
1965 17 64 60 3 15 1 1 0 18 9 2 1 1 1 2 1 0 4 5 .250 .270 .300 .570
1966 100 330 313 27 98 11 1 3 120 27 3 3 0 1 16 4 0 36 11 .313 .345 .383 .729
1967 NYM 154 621 577 72 174 32 0 16 254 73 9 3 1 5 31 10 7 71 16 .302 .342 .440 .782
1968 CHW 132 482 456 30 122 5 3 8 157 50 4 2 4 6 16 3 0 48 16 .268 .289 .344 .633
1969 SEP 123 492 454 52 123 29 1 6 172 80 19 4 1 5 30 5 4 46 17 .271 .318 .379 .697
HOU 24 88 79 2 19 3 0 1 25 9 1 1 0 0 8 0 1 9 2 .241 .318 .316 .635
'69計 147 580 533 54 142 32 1 7 197 89 20 5 1 5 38 5 5 55 19 .266 .318 .370 .688
1970 57 220 213 24 60 12 2 3 85 30 8 3 0 0 7 1 0 25 3 .282 .305 .399 .704
OAK 66 212 200 17 58 9 1 1 72 27 2 4 2 2 8 1 1 18 4 .290 .318 .360 .678
CHC 11 43 42 4 11 2 0 2 19 8 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .262 .279 .452 .731
'70計 134 475 455 45 129 23 3 6 176 65 10 7 2 2 16 2 1 44 7 .284 .308 .387 .695
1971 OAK 79 238 219 26 71 8 1 3 90 42 7 1 1 3 15 1 0 19 10 .324 .363 .411 .774
1972 CHC 15 28 26 3 7 1 0 0 8 6 0 1 0 0 2 0 0 3 0 .269 .321 .308 .629
BAL 26 88 82 9 21 3 0 0 24 6 2 0 0 0 6 0 0 18 3 .256 .307 .293 .600
'72計 41 116 108 12 28 4 0 0 32 12 2 1 0 0 8 0 0 21 3 .259 .310 .296 .607
1973 137 590 552 53 169 20 3 7 216 89 11 3 3 4 30 3 1 56 15 .306 .341 .391 .732
1974 158 673 626 67 181 20 1 11 236 84 6 2 3 7 34 9 3 49 20 .289 .325 .377 .702
1975 116 488 460 43 130 14 1 6 164 57 2 0 2 3 23 2 0 52 14 .283 .315 .357 .671
1976 CAL 72 237 219 16 58 5 0 3 72 26 0 1 0 2 15 3 1 18 12 .265 .312 .329 .641
KCR 8 20 19 1 5 0 0 0 5 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 .263 .300 .263 .563
'76計 80 257 238 17 63 5 0 3 77 26 0 1 0 2 16 3 1 18 13 .265 .311 .324 .635
通算:18年 1999 7736 7223 811 2121 272 35 153 2922 1052 136 59 35 68 381 66 32 754 219 .294 .329 .405 .733
  • 太字はリーグ1位。

タイトル[編集]

  • 首位打者:2回 (1962年、1963年)
  • 打点王:1回 (1962年)

記録 [編集]

  • オールスター・ゲーム選出:2回 (1962年、1963年)
  • ワールドシリーズ制覇:1回 (1963年)

出典[編集]

  1. ^ September 22, 1959 LAD VS STL - Baseball-Reference.com (英語) .2014年11月18日閲覧。
  2. ^ 1960 Awards Voting - NL Rookie of the Year Voting - Baseball-Reference.com (英語) . 2014年11月18日閲覧。
  3. ^ Tommy Davis 1962 Batting Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2014年11月18日閲覧。
  4. ^ July 10, 1962 All-Star Game Play-By-Play and Box Score - Baseball-Reference.com (英語) . 2014年11月18日閲覧。
  5. ^ 1962 Awards Voting - NL MVP Voting - Baseball-Reference.com (英語) . 2014年11月18日閲覧。
  6. ^ a b c Tommy Davis Statistics and History - Transactions - Baseball-Reference.com (英語) . 2014年11月18日閲覧。

外部リンク[編集]