ダニエル・ハドソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニエル・ハドソン
Daniel Hudson
ピッツバーグ・パイレーツ #41
Daniel Hudson on March 11, 2016.jpg
ダイヤモンドバックス時代(2016年3月11日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 バージニア州リンチバーグ
生年月日 (1987-03-09) 1987年3月9日(30歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト5巡目(全体150位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名
初出場 2009年9月4日
年俸 $504,000(2012年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダニエル・クレイボーン・ハドソンDaniel Claiborne Hudson, 1987年3月9日 - )は、アメリカ合衆国バージニア州リンチバーグ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBピッツバーグ・パイレーツに所属。

経歴[編集]

プロ入りとホワイトソックス時代[編集]

2008年MLBドラフト5巡目(全体150位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名され、プロ入り。同年、傘下のパイオニアリーグのルーキー級のグレートフォールズ・ボイジャーズ英語版でプロデビューを果たした。2009年はマイナーでA級からAAA級の4つの階級に在籍し、14勝5敗・防御率2.32を記録し、MiLB最優秀先発投手に選出された[2]。同年9月3日にはメジャーデビューを果たした。

2010年は7月にジェイク・ピービーが右肩負傷で故障者リスト入りしたため、メジャー昇格を果たした[3]

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2010年7月30日エドウィン・ジャクソンとのトレードで、デビッド・ホルムバーグと共にアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した[4]。移籍後は7勝1敗・防御率1.69と目覚ましい成長を遂げた。

2011年イアン・ケネディに次ぐ先発2番手として16勝を挙げ、ダイヤモンドバックスの地区優勝に大きく貢献した。また、打撃でも打率.277・1本塁打・14打点でシルバースラッガー賞に選出された。

2012年7月9日トミー・ジョン手術をしたためシーズンを終了した。

2013年は前年の手術の影響で開幕から故障者リスト入りした。6月18日に二度目のトミー・ジョン手術を行い、2013年シーズンを全休した。12月2日FAとなり、12月13日にダイヤモンドバックスとマイナー契約で再契約した[5]

2014年3月30日にダイヤモンドバックスとメジャー契約を結んだ[6]。同日に前年の手術の影響で、15日間の故障者リスト入りした。9月3日のサンディエゴ・パドレス戦で2年ぶりのメジャー復帰を果たした。

2015年からはリリーフとして復活した。

2016年11月3日にFAとなった。

パイレーツ時代[編集]

2016年12月19日ピッツバーグ・パイレーツと2年1100万ドルで契約を結んだ。契約には、交代完了に応じた出来高払いが設定された[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 CWS 6 2 0 0 0 1 1 0 0 .500 82 18.2 16 3 9 0 1 14 1 0 9 7 3.38 1.34
2010 3 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 71 15.2 17 1 11 0 0 14 2 0 11 11 6.32 1.79
ARI 11 11 0 0 0 7 1 0 0 .875 301 79.2 51 7 16 1 4 70 3 0 15 15 1.69 0.84
'10計 14 14 0 0 0 8 2 0 0 .800 372 95.1 68 8 27 1 4 84 5 0 26 26 2.45 1.00
2011 33 33 3 0 0 16 12 0 0 .571 921 222.0 217 17 50 1 8 169 4 1 98 86 3.49 1.20
2012 9 9 0 0 0 3 2 0 0 .600 202 45.1 62 9 12 0 0 37 2 0 37 37 7.35 1.63
2014 3 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 13 2.2 4 0 0 0 0 2 0 0 4 4 13.50 1.50
2015 64 1 0 0 0 4 3 4 20 .571 290 67.2 64 7 25 2 0 71 5 0 34 29 3.86 1.32
2016 70 0 0 0 0 3 2 5 17 .600 268 60.1 65 6 22 3 4 58 5 0 40 35 5.22 1.44
通算:7年 199 59 3 0 0 35 23 9 37 .603 2148 512.0 496 50 145 7 17 435 22 1 248 224 3.94 1.25
  • 2016年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰[編集]

背番号[編集]

  • 54(2009年)
  • 41(2010年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Daniel Hudson Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2013年1月14日閲覧。
  2. ^ Mayo, Jonathan (2009年12月31日). “Hudson stormed way to Majors, MiLBY” (英語). MLB.com. 2010年9月20日閲覧。
  3. ^ Padilla, Doug (2010年7月10日). “Hudson replacing Peavy in Sox rotation” (英語). ESPN.com. 2010年9月20日閲覧。
  4. ^ 「編集部選定 2010年夏の20大トレード!」 『月刊スラッガー』2010年10月号、日本スポーツ企画出版社、2010年、雑誌15509-10、54頁。
  5. ^ Daniel Hudson gets minor league deal ESPN MLB
  6. ^ D-backs announce 2014 Opening Day roster”. MLB.com D-backs Press Release (2014年3月30日). 2014年3月31日閲覧。
  7. ^ “パイレーツ、救援右腕D.ハドソンを2年13億円で獲得へ”. iSM(Yahoo!JAPAN). (2016年12月20日). オリジナル2017年1月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170103094302/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000210-ism-base 2017年1月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]