イアン・ケネディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イアン・ケネディ
Ian Kennedy
カンザスシティ・ロイヤルズ #31
Ian Kennedy on June 4, 2016 (2).jpg
2016年6月14日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ハンティントンビーチ
生年月日 (1984-12-19) 1984年12月19日(32歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 ドラフト1巡目(全体21位)でニューヨーク・ヤンキースから指名
初出場 2007年9月1日
年俸 985万ドル(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

イアン・パトリック・ケネディIan Patrick Kennedy, 1984年12月19日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ハンティントンビーチ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBカンザスシティ・ロイヤルズに所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2003年MLBドラフト14巡目(全体425位)でセントルイス・カージナルスからで指名されるが契約せず南カリフォルニア大学に進学した。

プロ入りとヤンキース時代[編集]

2006年MLBドラフト1巡目(全体21位)でニューヨーク・ヤンキースから指名され、プロ入り。

2007年の開幕はA級タンパ・ヤンキースで迎え、6勝1敗、防御率1.29の成績でAA級トレントン・サンダーに昇格。5勝1敗・防御率2.59の成績を残した。 7月24日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースに昇格し、1勝1敗・防御率2.08。9月1日タンパベイ・デビルレイズ戦で不調のマイク・ムッシーナに代わって先発しメジャーデビューし、7回3失点(自責点1)でメジャー初勝利を挙げた。その後2試合に先発したが、背中の肉離れを起こしマイナーに戻った。

2008年は、先発ローテーションの一角として期待されていたが、不振でマイナー落ち。

2009年は故障で4月から長期欠場し、メジャーでの登板は1試合のみに終わった。

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2009年12月9日、ヤンキース、アリゾナ・ダイヤモンドバックスデトロイト・タイガースによる7選手が絡んだ三角トレードで、ダイヤモンドバックスへ移籍した。背番号は31。

2010年は、先発としてフルシーズンを過ごし、9勝10敗・防御率3.80とブレークの兆しを見せた。

2011年はエースとしての地位を確固たるものにした。21勝でロサンゼルス・ドジャースクレイトン・カーショウと並んでナ・リーグ最多勝に輝き、ダイヤモンドバックスのプレーオフ進出に大きく貢献した。

2013年6月11日のドジャース戦でザック・グレインキーに対して故意死球を与え乱闘に発展、MLBより10試合の出場停止処分を受けた [1]

パドレス時代[編集]

2013年7月31日ジョー・サッチャーマット・スタイツの両投手との交換トレードで、サンディエゴ・パドレスへ移籍した。

2014年1月17日にパドレスと610万ドルの1年契約に合意した[2][3]

2015年1月16日にパドレスと年俸調停を回避し1年契約985万ドルで契約を結んだ[4]。同年11月2日FAとなった[5]

ロイヤルズ時代[編集]

2016年1月29日カンザスシティ・ロイヤルズと5年7000万ドルで契約した[6]。シーズンでは4月9日ミネソタ・ツインズ戦で先発し、6回を無失点に抑えて移籍後初勝利を挙げた[7]。シーズンでは2年ぶりとなる2桁勝利となる11勝を挙げたが、7月が0勝3敗、防御率4.96の一方、8月が3勝0敗、防御率1.96を記録するなど投球に波があり、投球回が200イニングに到達せず防御率も3.68であった。

2017年は30試合に先発したが、5勝13敗・防御率5.38と不振を極めた。

投球スタイル[編集]

スリークォーターから最速95.7mph(約154km/h)、平均91~92mphの速球(フォーシームツーシーム)を中心に、カーブカットボールバルカンチェンジチェンジアップ)を使用する。決め球はチェンジアップ[8][9]

人物[編集]

2007年10月6日に結婚式が予定されていたが、ポストシーズンと日程がぶつかるため結婚式が流れる可能性があった。しかし、ケガのためポストシーズンはロースター入りしなったため、結婚式は予定通り挙げられた。妻アリソンは同じ大学のバスケットボール選手。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 NYY 3 3 0 0 0 1 0 0 0 1.000 77 19.0 13 1 9 0 0 15 0 0 6 4 1.89 1.16
2008 10 9 0 0 0 0 4 0 0 .000 194 39.2 50 5 26 0 1 27 3 0 37 36 8.17 1.92
2009 1 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 6 1.0 0 0 2 0 1 1 0 0 0 0 0.00 2.00
2010 ARI 32 32 0 0 0 9 10 0 0 .474 810 194.0 163 26 70 2 10 168 16 0 87 82 3.80 1.20
2011 33 33 1 1 0 21 4 0 0 .840 900 222.0 186 19 55 0 9 198 11 1 73 71 2.88 1.09
2012 33 33 1 0 0 15 12 0 0 .556 899 208.1 216 28 55 4 14 187 5 4 101 93 4.02 1.30
2013 21 21 0 0 0 3 8 0 0 .273 549 124.0 128 18 48 1 10 108 9 0 79 72 5.23 1.42
SD 10 10 0 0 0 4 2 0 0 .667 245 57.1 52 9 25 0 2 55 1 1 29 27 4.24 1.34
'13計 31 31 0 0 0 7 10 0 0 .412 794 181.1 180 27 73 1 12 163 10 1 108 99 4.91 1.40
2014 33 33 0 0 0 13 13 0 0 .500 846 201.0 189 16 70 4 4 207 11 0 85 81 3.63 1.29
2015 30 30 0 0 0 9 15 0 0 .375 713 168.1 166 31 51 4 7 174 5 1 95 80 4.28 1.30
2016 KC 33 33 0 0 0 11 11 0 0 .500 818 195.2 173 33 66 1 13 184 4 0 81 80 3.68 1.22
2017 30 30 0 0 0 5 13 0 0 .278 655 154.0 143 34 61 2 5 131 4 1 99 92 5.28 1.33
通算:10年 269 267 2 1 0 91 92 0 1 .497 6712 1584.1 1479 220 539 18 76 1455 69 8 772 718 4.08 1.27
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 36 (2007年)
  • 31 (2008年、2010年 - 2013年途中、2016年 - )
  • 38 (2009年)
  • 22 (2013年途中 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ Dバックスのケネディ、乱闘で10試合の出場停止にYAHOOニュース 2013年6月16日閲覧
  2. ^ Padres agree to terms with five players on one-year contracts for 2014 season”. MLB.com Padres Press Release (2014年1月17日). 2014年1月18日閲覧。
  3. ^ Corey Brock (2014年1月17日). “Padres reach deals with Cabrera, Kennedy, Ross”. MLB.com. 2014年1月18日閲覧。
  4. ^ Corey Brock Padres avoid arbitration with seven players MLB.com (2015年1月17日) 2015年1月23日閲覧
  5. ^ Transactions | padres.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2015年11月4日閲覧。
  6. ^ Royals sign Ian Kennedy” (2016年1月29日). 2016年4月14日閲覧。
  7. ^ Kennedy impressive in Royals debut, beats Twins
  8. ^ FanGraphs Pitch FX”. Fangraphs.com. 2016年8月1日閲覧。
  9. ^ Player Card”. Brooks Baseball. Baseball Prospectus. 2016年8月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]