バーリー・グライムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーリー・グライムス
Burleigh Grimes
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ウィスコンシン州
生年月日 1893年8月18日
没年月日 1985年12月6日(満92歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1916年9月10日
最終出場 1934年9月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1964年
選出方法 ベテランズ委員会選出

バーリー・グライムスBurleigh Arland Grimes, 1893年8月18日 - 1985年12月6日)は、1910 - 1930年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは投手ウィスコンシン州エメラルド生まれ。右投げ右打ち。ニックネームは"Ol' Stubblebeard"。これは登板予定日にゲンを担いで『無精ひげ』を生やしていたことに由来する。現役19年で7球団を渡り歩き、通算270勝を挙げた。1920年以降もスピットボールを投げることを認められていた投手の一人。

略歴[編集]

1916年にマイナーのバーミンガムからピッツバーグ・パイレーツに入団。同年メジャーデビューし6試合に登板。翌年の1917年は防御率3.53ながら3勝16敗と大きく負け越し、ケーシー・ステンゲルらとの交換でブルックリンにトレードされた。

ブルックリンに移籍した1918年、グライムスは19勝9敗と好投し先発に定着する。1920年のルール改訂時に引き続きスピットボールの使用が認められたこともあり、1921年には22勝、奪三振136で投手部門の二冠を獲得、1924年までにシーズン20勝を4度達成した。

1926年シーズンでブルックリンを離れてからは、ほぼ毎年のように違うチームで投げていた。1928年にはパイレーツに在籍し自身最多の25勝を上げ2度目の最多勝利投手となったが、翌年のオフにはブレーブスへ移る。更に1930年にはカージナルスへ移りワールドシリーズに2度出場、翌年のカブス在籍時も含め、ワールドシリーズには計4度、3つの違うチームから出場したことになる。1934年にパイレーツで現役を引退、1937年からは2年間ブルックリンの監督も勤めた。

1964年にベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。1985年にウィスコンシン州で永眠。

通算成績[編集]

投手成績[編集]
































W
H
I
P
616 497 4180.0 270 35 212 18 1512 4412 148 1295 97 92 1638 3.53 1.37

獲得タイトル・記録[編集]

打撃成績[編集]

  • 通算成績:632試合、1535打数380安打、本塁打2、打点168、打率.248

監督としての戦績[編集]

















1937 BRO NL 155 62 91 .405 6
1938 151 69 80 .463 7
通算 306 131 171 .434

出典・外部リンク[編集]