ビル・ハッチソン (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビル・ハッチソン
Bill Hutchison
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コネチカット州ニューヘイブン
生年月日 1859年12月17日
没年月日 (1926-03-16) 1926年3月16日(66歳没)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1884年6月10日
最終出場 1897年5月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ウィリアム・フォレスト・"ビル"・ハッチソン(William Forrest "Bill" Hutchison[1] ,1859年12月17日 - 1926年3月19日)は、アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブン出身のプロ野球選手投手)。右投げ右打ち。

ニックネームは"Wild Bill"(ワイルド・ビル)。1890年代のシカゴ・コルツ(現カブス)で活躍、1890年から3年連続で最多勝利投手となった。

経歴[編集]

エール大学を卒業後、1884年にユニオン・アソシエーションのカンザスシティ・ユニオンズに加わり、そこで2試合に登板する。その後しばらくメジャーリーグで投げる機会はなく、1889年にシカゴ・ホワイトストッキングス(現カブス)に入団したときは既に29歳になっていた。

1890年にホワイトストッキングスはシカゴ・コルツと改名し、この年からハッチソンはシカゴのエースとして、コルツの全試合の半分以上に登板し、優勝こそなかったもののコルツをリーグ上位に押し上げる活躍をする。1890年は42勝25敗の成績で、この年5月30日のブルックリンとのダブルヘッダーでは2試合とも登板し2勝した記録も残っている。1891年にはシーズン13連勝を含む44勝を記録、次の1892年には75試合に登板し67完投、622回を投げ、36勝36敗で3年続けてナショナルリーグの最多勝利投手となった。

ところが1893年に投手-本塁間の距離が現在と同じ60フィート6インチに改訂されると、ハッチソンは思うように勝ち星を挙げられなくなってしまう。シカゴには1895年まで在籍したが、同年13勝21敗の成績に終わると、翌年セントルイス・ブラウンズで6試合に登板したのを最後に引退した。1926年にカンザスシティで死去。

詳細情報[編集]

投手成績[編集]

数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。























防御率
375 346 3078.0 183 21 163 4 1234 3123 104 1132 10* 122 1228 3.59

獲得タイトル・記録[編集]

  • 最多勝利:3回(1890-1892年)
  • 最多奪三振:1回(1892年)
  • リーグ最多投球回:1890-1892年

打撃成績[編集]

  • 通算成績:244試合、731打数129安打、本塁打2、打点52、打率.176

脚注[編集]

  1. ^ 資料により、"Hutchinson"(ハッチンソン)と表記される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]