ブラッド・ハーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラッドリー・ハーマン
Brad Harman
メルボルン・エイシズ #14
IMG 8705 Brad Harman.jpg
フィラデルフィア・フィリーズ傘下
AA級レディング・フィリーズ時代
(2008年5月31日)
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 ビクトリア州メルボルン
生年月日 (1985-11-19) 1985年11月19日(32歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 2003年 アマチュアFA
初出場 2008年4月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム オーストラリアの旗 オーストラリア
WBC 2006年2009年2013年2017年

ブラッド・ハーマン(Brad Harman, 1985年11月19日 - )は、オーストラリア連邦ビクトリア州メルボルン出身のプロ野球選手(遊撃手二塁手)。右投右打。現在は、オーストラリアン・ベースボールリーグメルボルン・エイシズに所属している。

経歴[編集]

プロ入りとフィリーズ時代[編集]

2003年3月3日にフィラデルフィア・フィリーズと契約。翌2004年にルーキー級でマイナーリーグデビューし、プロとしてのキャリアを開始した。

2005年、母国オーストラリアにて元プロ球団のニューサウスウェールズ・パトリオッツ英語版と契約し、同年末に国内アマチュアリーグクラクストン・シールドに参加してゴールドグラブ賞とMVPを同時獲得した[1]

2006年開幕前の3月に同年から開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のオーストラリア代表に選出された[2]。オーストラリア期待の有望株として、同大会ではメジャー経験者を押しのけレギュラーとなった。

2007年オフの11月には「日豪親善 野球日本代表最終強化試合」のオーストラリア代表に選出された[3]

2008年4月20日メジャーに昇格し、22日のコロラド・ロッキーズ戦でライアン・マドソン代打としてメジャーデビューを果たした。4月25日のピッツバーグ・パイレーツ戦では初スタメン出場を果たし、初安打・初打点も記録した。しかしその後は打撃が奮わず、この年メジャーでの出場は6試合に留まり大半をマイナーリーグで過ごした。

2009年開幕前の3月に開催された第2回WBCのオーストラリア代表に2大会連続で選出された[4]

シーズンでは8月31日にDFAとなった[5]。その4日後に、第38回IBAFワールドカップへの代表参加の意思を表明をした[6]。11月9日にFAとなった。

2010年5月20日に規則違反でアンチドーピング機関から14ヶ月の出場停止処分を受けた。

ABL時代[編集]

2011年よりオーストラリアン・ベースボールリーグ(ABL)のメルボルン・エイシズでプレーを再開し、同シーズンの本塁打王を獲得した。

2012年に初めてABLオールスターゲームに選出され、オールスターゲームMVPを獲得した[7]

2013年3月に開催された第3回WBCオーストラリア代表に3大会連続で選出された[8]

2014年、3年連続でABLオールスターゲームに選出され、自身2度目のオールスターゲームMVPを獲得した。2度のオールスターMVP受賞はリーグ最多記録である。

2017年2月9日に第4回WBC本戦のオーストラリア代表に選出され[9]、4大会連続4度目の出場を果たした。


詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 PHI 6 11 10 1 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 1 1 .100 .182 .200 .382
MLB:1年 6 11 10 1 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 1 1 .100 .182 .200 .382
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 18 (2008年 - 2017年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Helms Award has a proud, illustrious history(2012年2月18日) theABL.com (英語) 2018年3月3日閲覧
  2. ^ 2006 Tournament Roster[リンク切れ] WBC公式サイト (英語) 2015年3月22日閲覧
  3. ^ 日豪親善 野球日本代表最終強化試合 オーストラリア代表チーム[リンク切れ] 日本野球機構オフィシャルサイト 2015年6月7日閲覧
  4. ^ 2009 Tournament Roster[リンク切れ] WBC公式サイト (英語) 2018年3月3日閲覧
  5. ^ http://www.baltimoresun.com/topic/
  6. ^ ABF Announce 2009 World Cup Team
  7. ^ Harman Primed for All-Star Appearance - The Official Site of the Australian Baseball League 2013年12月07日
  8. ^ 2013 Tournament Roster[リンク切れ] WBC公式サイト (英語) 2015年3月22日閲覧
  9. ^ Australia’s roster finalised for WBC Baseball Australia Southern Thunder (英語) (2017年2月9日) 2017年2月13日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]