ティム・アサートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ティム・アサートン
Tim Atherton
ブリスベン・バンディッツ
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 ニューサウスウェールズ州ケンプシー
生年月日 (1991-09-14) 1991年9月14日(26歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
209 lb =約94.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム オーストラリアの旗 オーストラリア
WBC 2017年

ティモシー・イアン・アサートンTimothy Ian Atherton1991年9月14日 - )は、オーストラリア連邦ニューサウスウェールズ州ケンプシー出身のプロ野球選手(投手)。

経歴[編集]

2010年冬季にオーストラリアン・ベースボールリーグ(ABL)のキャンベラ・キャバルリーでプレーした。ここでは、16試合に登板し、2勝3敗3セーブ、防御率4.67を記録した[1]

ツインズ傘下時代[編集]

2011年5月1日にミネソタ・ツインズとマイナー契約を結び[2]プロ入りを果たした。

同年6月16日に傘下ルーキーリーグのガルフ・コーストリーグ・ツインズへ配属された[3]。ここでは4試合(1試合で先発)登板し、防御率2.25を記録した[2]。8月5日に、傘下アドバンスルーキーリーグのエリザベストン・ツインズへ昇格した[4]。ここでは6試合(4試合で先発)登板し、3勝0敗、防御率1.50を記録した[2]

オフには前年同様にABLのキャンベラ・キャバルリーでプレーした。ここでは、3試合に先発登板し、0勝1敗、防御率9.56を記録した[1]

2012年4月4日に保留選手名簿に登録された[5]。5月25日に、傘下Aベロイト・スナッパーズへ昇格した[2]。9月4日に、DL入りした[2]。最終的に26試合に登板し、1勝2敗、防御率3.10を記録した[2]

オフにはABLのシドニー・ブルーソックスでプレーした。ここでは、9試合(8試合で先発)登板し、2勝1敗、防御率2.44を記録した[1]

2013年は傘下Aシーダーラピッズ・カーネルズでプレーした。31試合(11試合で先発)登板し、8勝5敗2セーブ、防御率2.54を記録した[2]

アスレチックス傘下時代[編集]

2013年12月12日にルール・ファイブ・ドラフトオークランド・アスレチックスへ移籍した[6]

2014年3月2日にニューサウスウェールズ州シドニーで初めてオーストラリアで開催されたMLB開幕戦の前に開催された親善試合である「オーストラリアン・チャレンジ」のオーストラリア代表に選出された[7]

シーズンでは3月31日に傘下アドバンスAストックトン・ポーツへ配属された[8]。4月29日にDL入りした[9]。5月1日にDL入りした[10]。5月10日に、復帰した[10]。7月5日に傘下AAAサクラメント・リバーキャッツへ昇格した[11]。7月7日に傘下アドバンスAストックトンへ降格した[12]。7月8日にDL入りした[12]。8月31日に傘下AAAサクラメントへ昇格した[13]。最終的に傘下アドバンスAストックトンでは、15試合に先発登板し、6勝2敗、防御率5.04を記録した[2]。傘下AAAサクラメントでは1試合に先発登板した[2]

オフには3シーズン振りにABLのキャンベラ・キャバルリーでプレーした。ここでは12試合に先発登板し、6勝2敗、防御率3.56を記録した[1]

2015年4月8日に傘下アドバンスAストックトンへ降格した[14]。ここでは、4試合に先発登板し、防御率1.17を記録した[2]。4月27日に傘下AAミッドランド・ロックハウンズへ昇格した[15]。7月8日にDL入りした[16]。7月15日に復帰した[2]。7月26日にDL入りした[16]。8月31日に復帰した[17]。9月5日にDL入りした[18]

アスレチックス退団後[編集]

2015年オフに肩の手術を行なった影響で、ABLでプレーすることは無かった[19]

2016年6月6日に第28回ハーレムベースボールウィークオーストラリア代表に選出された[20]

2017年2月9日第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)本戦のオーストラリア代表に選出された[21]。3月8日の日本戦に先発登板し、筒香嘉智から奪三振を記録するなど、4回を投げ無失点に抑えていた[22]

10月20日にABLに参加し、ブリスベン・バンディッツでプレーすることになった[19]

選手としての特徴[編集]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

ABL
  • 12 (2011年 - 同年終了)
  • 37 (2012年 - 同年終了)
  • 24 (2014年 - 同年終了)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Tim Atherton stats ABL.com (英語)
  2. ^ a b c d e f g h i j k Tim Atherton stats MiLB.com (英語)
  3. ^ Gulf Coast League Transactions June 2011 MiLB.com (英語)
  4. ^ Appalachian League Transactions August 2011 MiLB.com (英語)
  5. ^ Appalachian League Transactions April 2012 MiLB.com (英語)
  6. ^ A's select RHP Tim Atherton in Triple-A phase of Rule 5 Draft MLB.com Press Release (英語) (2013年12月12日) 2015年9月15日閲覧
  7. ^ AUSTRALIA RELEASES FINAL ROSTER TO FACE DODGERS AND DIAMONDBACKS Baseball Australia (英語) (2014年3月4日) 2015年9月15日閲覧
  8. ^ California League Transactions March 2014 MiLB.com (英語)
  9. ^ California League Transactions April 2014 MiLB.com (英語)
  10. ^ a b California League Transactions May 2014 MiLB.com (英語)
  11. ^ Pacific Coast League Transactions July 2014 MiLB.com (英語)
  12. ^ a b California League Transactions July 2014 MiLB.com (英語)
  13. ^ Pacific Coast League Transactions August 2014 MiLB.com (英語)
  14. ^ California League Transactions April 2015 MiLB.com (英語)
  15. ^ Texas League Transactions April 2015 MiLB.com (英語)
  16. ^ a b Texas League Transactions July 2015 MiLB.com (英語)
  17. ^ Texas League Transactions August 2015 MiLB.com (英語)
  18. ^ Texas League Transactions September 2015 MiLB.com
  19. ^ a b Bandits add national team pitcher ABL.com (英語) (2017年10月20日) 2017年10月22日閲覧
  20. ^ Team Australia squad announced for Honkbal Baseball Australia Southern Thunder (英語) (2016年6月6日) 2016年7月17日閲覧
  21. ^ Australia’s roster finalised for WBC Baseball Australia Southern Thunder (英語) (2017年2月9日) 2017年2月13日閲覧
  22. ^ >Japan vs. Australia Wrapup” (英語). World Baseball Classic (2017年3月8日). 2017年5月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]