ワーウィック・サーポルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ウォーウィック・サーポルト
  • ワーウィック・サーポルド
  • ワーウィック・サーポード
ワーウィック・サーポルト
Warwick Saupold
デトロイト・タイガース #53
Warwick Saupold on May 15, 2016.jpg
2016年5月15日
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 西オーストラリア州パース
生年月日 (1990-01-16) 1990年1月16日(27歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ABLパース・ヒートと契約
初出場 MLB / 2016年5月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム オーストラリアの旗 オーストラリア
WBC 2013年2017年予選2017年

ワーウィック・アントニー・サーポルトWarwick Anthony Saupold, 1990年1月16日 - )は、オーストラリア連邦パース出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、MLBデトロイト・タイガースに所属している。

愛称はオージー[1]

経歴[編集]

2010年よりABLパース・ヒートでプレーしていた[要出典]

2011年には2011年のABLオールスターゲームに選出された[2]

タイガース時代[編集]

2012年1月13日デトロイト・タイガースと契約を結んだ[要出典]。この年は傘下のA級ウェストミシガン・ホワイトキャップス英語版でプレーし、28試合(1試合で先発)に登板して2勝1敗・防御率2.79を記録した[3]。その後、A+級レイクランド・フライングタイガース英語版に昇格。7試合(5試合で先発)に登板し、2勝2敗・防御率3.77を記録した[3]

2013年は開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)オーストラリア代表に選出された[4]

シーズンではAA級エリー・シーウルブズでプレーし、この年は22試合に先発登板して7勝6敗・防御率3.28を記録した[3]

2014年もAA級エリーでプレーし、この年は27試合に先発登板して8勝11敗・防御率5.01を記録した[3]

2015年はAA級エリーとAAA級トレド・マッドヘンズでプレーし、2球団合計で29試合(18試合で先発)に登板して6勝8敗1セーブ・防御率4.08の成績を残した[要出典]

2016年1月28日に第4回WBC予選のオーストラリア代表に選出された[5]。同大会でオーストラリアは本戦出場を決めている[6]

シーズンでは開幕をAAA級トレドで迎えた。5月13日にメジャー契約を結んで25人枠入りした[7]。翌14日のボルチモア・オリオールズ戦でメジャーデビューを果たし、15日の同カードではメジャー初勝利を挙げた[要出典]。この年はメジャーで6試合に投げ、防御率7.45・1勝1敗という成績だった[要出典]。マイナーでは、A + 級とAAA級で計20試合に登板し (うち13試合が先発) 、防御率2.25・7勝2敗・WHIP1.21という好成績を残した[要出典]

2017年開幕前の2月9日に第4回WBC本戦のオーストラリア代表に選出された[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 DET 6 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 49 9.2 17 0 3 0 1 10 0 0 8 8 7.45 2.07
MLB:1年 6 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 49 9.2 17 0 3 0 1 10 0 0 8 8 7.45 2.07
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 53 (2016年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Tigers Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月13日閲覧
  2. ^ Bases loaded with Heat for All-Stars The West Australian. (2011年12月9日) 2014年12月14日閲覧
  3. ^ a b c d Baseball Reference (Minor)”. Baseball Reference (Minors) (2012年6月6日). 2014年12月24日閲覧。
  4. ^ Australia at the 2013 World Baseball Classic[リンク切れ]
  5. ^ Team Australia’s Roster Announced for Sydney Qualifier Baseball Australia (英語) (2016年2月28日) 2016年2月16日閲覧
  6. ^ World Baseball Classic - Here we come Baseball Australia (英語) (2016年2月14日) 2017年5月1日閲覧
  7. ^ Jahnke, James (2016年5月13日). “Detroit Tigers call up Australian pitcher, send down Daniel Norris”. Detroit Free Press. 2016年5月16日閲覧。
  8. ^ Australia’s roster finalised for WBC Baseball Australia Southern Thunder (英語) (2017年2月9日) 2017年2月28日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]