トム・ブライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トム・ブライス
Tom Brice
AVGドラッシ・ブルノ
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 南オーストラリア州ウッドビル
生年月日 1981年8月24日(33歳)
身長
体重
196 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2002年 MLBドラフト24巡目
初出場 CPBL / 2006年6月13日
最終出場 CPBL / 2006年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム オーストラリアの旗オーストラリア
五輪 2004年
WBC 2006年
オリンピック
男子 野球
2004 野球

トム・ブライスThomas Robert "Tom" Brice, 1981年8月24日 - )は、オーストラリア南オーストラリア州ウッドビル出身のプロ野球選手外野手)。

日豪親善 野球日本代表最終強化試合」では、「トム・ブライズ」と表記された[1]。台湾球界での登録名は「湯姆」。

経歴[編集]

2002年MLBドラフトにて、シカゴ・ホワイトソックスから24巡目で指名され入団。同年から2005年まで傘下のマイナーチームでプレー。一塁手として出場することもあった。

2004年に、アテネオリンピックにおける野球競技でオーストラリア代表に選出された。

2006年開幕前の3月に、この年から開催される事となったワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のオーストラリア代表に選出された[2]。 同年は、独立リーグであるアメリカン・アソシエーションセントポール・セインツでプレーした後、台湾野球リーグである中華職業棒球大聯盟誠泰コブラズに入団した。同年は、投手として1試合出場経験があり、146kmを記録した(1 2/3イニング、防御率21.60)。

2007年は、日本の独立リーグである四国・九州アイランドリーグ香川オリーブガイナーズに入団した。

同年は19試合に出場した。

オフの11月には、「日豪親善 野球日本代表最終強化試合」のオーストラリア代表に選出された[1]

2008年は、4月に5試合に出場したが、腰痛で体調を崩して6月に帰国。療養に当たっていたが、9月4日付で「コンディションが回復せず、今シーズンの出場が難しい」との理由で本人の希望により退団した。

2010年冬季には、同年から開始した母国の野球リーグであるオーストラリアン・ベースボールリーグアデレード・バイトに入団した。

2011年は、オランダの野球リーグであるフーフトクラッセDOORネプチューンズに入団しら。同年限りで、退団した。オフの11月には、前年同様にアデレード・バイトでプレーした。

2013年は、チェコ共和国の野球リーグであるチェコ・エクストラリーガAVGドラッシ・ブルノに入団した。同年限りで、退団した。

2014年オフに、2シーズン振りにアデレード・バイドでプレーした。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 誠泰 60 249 222 21 63 10 1 5 90 29 6 5 0 2 17 1 7 39 6 .284 .353 .405 .758
CPBL:1年 60 249 222 21 63 10 1 5 90 29 6 5 0 2 17 1 7 39 6 .284 .353 .405 .758

背番号[編集]

  • 38 (2006年)
  • 21 (2007年 - 2008年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日豪親善 野球日本代表最終強化試合 オーストラリア代表チーム 日本野球機構オフィシャルサイト 2015年6月12日閲覧
  2. ^ 2006 Tournament Roster WBC公式サイト 英語 2015年6月12日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]