ミゲル・オリーボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はオリーボ第二姓(母方の)はペーニャです。
ミゲル・オリーボ
Miguel Olivo
サンフランシスコ・ジャイアンツ(マイナー)
Miguel Olivo on May 10, 2011 (1).jpg
シアトル・マリナーズ時代
(2011年5月10日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 モンテ・クリスティ州ビラ・バスケス
生年月日 (1978-07-15) 1978年7月15日(39歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1996年 アマチュア・フリーエージェントとしてオークランド・アスレチックスと契約
初出場 2002年9月15日 ニューヨーク・ヤンキース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国代表
WBC 2009年
プレミア12 2015年

ミゲル・エドゥアルド・オリーボ・ペーニャMiguel Eduardo Olivo Peña , 1978年7月15日 - )は、ドミニカ共和国モンテ・クリスティ州ビラ・バスケス出身のプロ野球選手捕手)。現在はMLBサンフランシスコ・ジャイアンツ傘下に所属している。

ミゲル・オリボと表記されることもある。

経歴[編集]

プロ入りとアスレチックス傘下時代[編集]

1996年9月30日オークランド・アスレチックスと契約。

1998年はルーキー級アリゾナリーグ・アスレチックスでプロデビュー。46試合に出場し、打率.311・2本塁打・23打点・2盗塁だった。

1999年はA+級モデスト・アスレチックスで73試合に出場し、打率.305・9本塁打・42打点・4盗塁だった。

2000年はA+級モデストとAA級ミッドランド・ロックハウンズでプレー。A+級モデストでは58試合に出場し、打率.282・5本塁打・35打点・5盗塁だった。

ホワイトソックス時代[編集]

2000年12月13日チャド・ブラッドフォードとのトレードシカゴ・ホワイトソックスへ移籍。

2002年3月6日にホワイトソックスと1年契約に合意。3月25日にAAA級シャーロット・ナイツへ異動し、AA級バーミンガム・バロンズで開幕を迎えた。AA級バーミンガムでは93試合に出場。打率.259・14本塁打・55打点・6盗塁の成績を残し、サザンリーグのオールスターチームに選出され、プレーオフMVPも受賞した。9月14日にメジャーへ昇格し[1]9月15日ニューヨーク・ヤンキース戦でメジャーデビュー。9番・捕手として先発起用され、初打席初本塁打を記録した。この年は6試合に出場し、打率.211・1本塁打・5打点だった。

2003年3月3日にホワイトソックスと1年契約に合意[2]。114試合に出場し、打率.237・6本塁打・27打点・6盗塁だった。

2004年3月3日にホワイトソックスと1年契約に合意[3]。46試合に出場し、打率.270・7本塁打・26打点・5盗塁だった。

マリナーズ時代[編集]

2004年6月27日フレディ・ガルシアおよびベン・デービスとのトレードでジェレミー・リード及びマイケル・モースと共にシアトル・マリナーズへ移籍[4]。移籍直後には、当時患っていた腎臓結石の除去手術を受けるため、7月2日に15日間の故障者リスト入りした[5]。手術は無事成功し、7月15日に復帰した[6]。マリナーズでは50試合に出場し、打率.200・6本塁打・14打点・2盗塁だった。

2005年は開幕ロースター入りしたが、5月30日に傘下のAAA級タコマ・レイニアーズへ降格[7]6月28日にメジャーへ再昇格した[8]。54試合に出場し、打率.151・5本塁打・18打点・1盗塁だった。

パドレス時代[編集]

2005年7月31日ミゲル・オヘーダナサネル・マテオとのトレードでサンディエゴ・パドレスへ移籍[9]。移籍後は37試合に出場し、打率.304・4本塁打・16打点・6盗塁だった。オフの12月21日にノンテンダーFAとなった[10]

マーリンズ時代[編集]

2005年12月30日フロリダ・マーリンズと1年契約に合意した[11]

2006年は127試合に出場し、打率.263・16本塁打・58打点・2盗塁だった。

2007年1月16日にマーリンズと1年契約に合意[12]。122試合に出場し、打率.237・16本塁打・60打点・3盗塁だった。三振は前年よりも20個増加し、失策も前年の約2倍増となる12個であった。9月29日ニューヨーク・メッツ戦では乱闘騒ぎを起こし[13]、メジャーリーグ機構から5試合の出場停止を命じられた。オフの12月12日にノンテンダーFAとなった。

ロイヤルズ時代[編集]

2007年12月27日カンザスシティ・ロイヤルズと1年契約(2009年の球団オプション付き)に合意した[14]

2008年は前年の出場停止処分の4試合分が残っていたため、4月5日ミネソタ・ツインズ戦から復帰した。8月3日のホワイトソックス戦では、D・J・カラスコからの死球を発端に乱闘騒ぎを起こし[15]8月5日にメジャーリーグ機構から5試合の出場停止を命じられた[16]。この年は84試合に出場し、打率.263・12本塁打・41打点・7盗塁だった。オフの11月3日にロイヤルズは球団オプションを行使した[17]

2009年開幕前の3月に第2回WBCのドミニカ共和国代表に選出された[18]

シーズンでは114試合に出場し、打率.249・23本塁打(チーム最多)・58打点・5盗塁だった。11月6日にロイヤルズが球団オプションを破棄し[19]、FAとなった。

ロッキーズ時代[編集]

2010年1月4日コロラド・ロッキーズと1年契約(2011年の球団オプション付き)に合意した[20]。112試合に出場し、打率.269・14本塁打・58打点・7盗塁だった。11月4日に後日発表選手とのトレードでトロント・ブルージェイズへ移籍した[21]が、同日に球団オプションを破棄され[22]、FAとなった。

マリナーズ復帰[編集]

2011年1月3日に2年契約で古巣・マリナーズに復帰した[23]。この年は130試合に出場し、打率.224・19本塁打・62打点・6盗塁だった。

2012年は開幕ロースター入りしたが、5月1日に15日間の故障者リスト入りし[24]、5月24日に復帰した[25]。この年は87試合に出場し、打率.222・12本塁打・29打点・3盗塁だった。オフの10月29日にFAとなった。

マーリンズ復帰[編集]

2013年2月1日シンシナティ・レッズとマイナー契約を結んだ[26][27]が、開幕前の3月27日に放出された。3月29日にマーリンズと1年契約を結び[28]、開幕ロースター入りした[29]。マーリンズではジェフ・マシスロブ・ブラントリーが捕手としての起用されたため、33試合の出場にとどまった。6月14日セントルイス・カージナルス戦では出番がないことから試合途中に帰宅。球団は出場機会を増やさず、翌日の6月15日に制限リスト入りさせた[30]7月3日に制限リストを外れてDFAとなり[31]7月5日にFAとなった[32]

ドジャース時代[編集]

2014年1月17日ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結び、傘下のAAA級アルバカーキ・アイソトープスで開幕を迎えた。15試合に出場し、4本塁打18打点、打率.390と活躍。4月30日にドジャースとメジャー契約を結んだ[33]。昇格後は8試合に出場したが、5月14日にAAA級アルバカーキへ降格した。5月20日ソルトレイク・ビーズ戦で同僚のアレックス・ゲレーロとグラウンドで口論し、ダグアウトに戻った際にゲレーロを殴り、耳を噛みちぎったことから[34]、球団はオリーボを出場停止リストに入れた[35]。その後、5月22日に放出された[36]

トロス時代[編集]

2014年6月27日にメキシカンリーグティファナ・トロスに加入した[37]

2015年もティファナ・ブルズでプレー。オフの11月には第1回WBSCプレミア12ドミニカ共和国代表として出場。

ジャイアンツ傘下時代[編集]

2016年1月29日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結ぶ。

プレースタイル[編集]

ポジションは捕手であるが、一塁手としてのプレー経験もある。

守備面では良い面と悪い面を併せ持つ。レンジファクター盗塁阻止率などでは度々リーグの上位にランクしている一方、リーグ最多の捕逸数を4回(2006-2007年、2009-2010年)記録している。

打者としては三振が多く、四球を選ぶことが少ない。2009年は126三振に対して19四球であった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 CWS 6 21 19 2 4 1 0 1 8 5 0 0 0 0 2 0 0 5 1 .211 .286 .421 .707
2003 114 346 317 37 75 19 1 6 114 27 6 4 4 2 19 0 4 80 3 .237 .287 .360 .647
2004 46 156 141 21 38 7 2 7 70 26 5 4 4 1 10 1 0 29 2 .270 .316 .496 .812
SEA 50 173 160 25 32 8 2 6 62 14 2 2 0 0 10 1 3 55 2 .200 .260 .388 .648
'04計 96 329 301 46 70 15 4 13 132 40 7 6 4 1 20 2 3 84 4 .233 .286 .439 .725
2005 54 157 152 14 23 4 0 5 42 18 1 1 0 1 4 0 0 49 3 .151 .172 .276 .448
SD 37 124 115 16 35 7 1 4 56 16 6 1 1 1 4 2 3 31 4 .304 .341 .487 .828
'05計 91 281 267 30 58 11 1 9 98 34 7 2 1 2 8 2 3 80 7 .217 .246 .367 .613
2006 FLA 127 452 430 52 113 22 3 16 189 58 2 3 3 3 9 4 7 103 9 .263 .287 .440 .727
2007 122 469 452 43 107 20 4 16 183 60 3 2 0 1 14 2 2 123 13 .237 .262 .405 .667
2008 KC 84 317 306 29 78 22 0 12 136 41 7 0 0 1 7 2 3 82 6 .255 .278 .444 .722
2009 114 416 390 51 97 15 5 23 191 65 5 2 1 1 19 0 5 126 10 .249 .292 .490 .781
2010 COL 112 427 394 55 106 17 6 14 177 58 7 4 2 3 27 5 1 117 6 .269 .315 .449 .765
2011 SEA 130 507 477 54 107 19 1 19 185 62 6 5 1 8 20 2 1 140 7 .224 .253 .388 .641
2012 87 323 315 27 70 14 0 12 120 29 3 6 1 0 7 0 0 85 8 .222 .239 .381 .620
2013 MIA 33 80 74 5 15 2 0 4 29 9 0 0 0 1 5 0 0 23 2 .203 .250 .392 .642
2014 LAD 8 25 23 4 5 0 1 0 7 2 0 0 0 1 1 0 0 12 1 .217 .240 .304 .544
MLB:13年 1124 3993 3765 435 905 177 26 145 1569 490 53 34 17 24 158 19 29 1060 77 .240 .275 .417 .691
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 61 (2002年)
  • 8 (2003年 - 2004年途中、2004年途中 - 2005年途中)
  • 7 (2004年途中 - 同年途中)
  • 14 (2005年途中 - 同年終了)
  • 30 (2006年 - 2007年、2011年 - 2014年)
  • 21 (2008年 - 2010年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jimmy Greenfield (2002年9月14日). “MLBeat: Olivo dressed for success”. MLB.com. 2014年5月1日閲覧。
  2. ^ White Sox announce signings”. MLB.com White Sox Press Release (2003年3月3日). 2014年5月1日閲覧。
  3. ^ White Sox agree to terms with 24 players on 2004 contracts”. MLB.com White Sox Press Release (2004年3月3日). 2014年5月1日閲覧。
  4. ^ Mariners acquire Olivo, Reed and Morse for Garcia and Davis”. MLB.com Mariners Press Release (2004年6月27日). 2014年5月1日閲覧。
  5. ^ Mariners place catcher Miguel Olivo on 15-day disabled list”. MLB.com Mariners Press Release (2004年7月2日). 2014年5月1日閲覧。
  6. ^ Mariners activate C Miguel Olivo from disabled list, select LHP George Sherrill and INF Bucky Jacobsen, designate for assignment 1B John Olerud and C Pat Borders”. MLB.com Mariners Press Release (2004年7月15日). 2014年5月1日閲覧。
  7. ^ Mariners recall catcher Rene Rivera from Double-A San Antonio”. MLB.com Mariners Press Release (2005年5月30日). 2014年5月1日閲覧。
  8. ^ Mariners recall catcher Miguel Olivo from AAA Tacoma”. MLB.com Mariners Press Release (2005年6月28日). 2014年5月1日閲覧。
  9. ^ Padres acquire Olivo from Seattle”. MLB.com Padres Press Release (2005年7月31日). 2014年5月1日閲覧。
  10. ^ Padres non-tender Craig Breslow, Dewon Brazelton and Miguel Olivo”. MLB.com Padres Press Release (2005年12月21日). 2014年5月1日閲覧。
  11. ^ Marlins sign infielder Wes Helms, catcher Miguel Olivo”. MLB.com Marlins Press Release (2005年12月30日). 2014年5月1日閲覧。
  12. ^ Marlins agree to terms with Miguel Olivo on 2007 contract”. MLB.com Marlins Press Release (2007年1月16日). 2014年5月1日閲覧。
  13. ^ Scores for Sep 29, 2007”. ESPN MLB (2007年9月29日). 2014年5月1日閲覧。
  14. ^ Royals sign catcher Miguel Olivo to one-year deal with mutual option for 2009”. MLB.com Royals Press Release (2007年12月27日). 2014年5月1日閲覧。
  15. ^ Scores for Aug 3, 2008”. ESPN MLB (2008年8月3日). 2014年5月1日閲覧。
  16. ^ Dick Kaegel (2008年8月5日). “Olivo, Greinke, Hillman get suspensions”. MLB.com. 2014年5月1日閲覧。
  17. ^ Royals and Miguel Olivo exercise options for 2009 and add mutual option for 2010”. MLB.com Royals Press Release (2008年11月3日). 2014年5月1日閲覧。
  18. ^ 2009 Tournament Roster[リンク切れ] The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月7日閲覧 [リンク切れ]
  19. ^ Royals decline 2010 options on Crisp, Olivo, and Yabuta”. MLB.com Royals Press Release (2009年11月6日). 2014年5月1日閲覧。
  20. ^ Rockies agree to terms with Miguel Olivo on one-year contract”. MLB.com Rockies Press Release (2010年1月4日). 2014年5月1日閲覧。
  21. ^ Blue Jays acquire Olivo”. MLB.com Blue Jays Press Release (2010年11月4日). 2014年5月1日閲覧。
  22. ^ Blue Jays decline option on Olivo”. MLB.com Blue Jays Press Release (2010年11月4日). 2014年5月1日閲覧。
  23. ^ Mariners sign free agent catcher Miguel Olivo”. MLB.com Mariners Press Release (2011年1月3日). 2014年5月1日閲覧。
  24. ^ Mariners Outfielder Mike Carp recalled from rehab assignment, activated from Disabled List; Catcher Miguel Olivo placed on 15-Day DL”. MLB.com Mariners Press Release (2012年5月1日). 2014年5月1日閲覧。
  25. ^ Mariners activate Olivo from 15-day disabled list; option Wells to Tacoma”. MLB.com Mariners Press Release (2012年5月24日). 2014年5月1日閲覧。
  26. ^ http://www.mlbtraderumors.com/2013/02/reds-sign-miguel-olivo.html Reds Sign Miguel Olivo
  27. ^ http://cincinnati.reds.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20130201&content_id=41335978&vkey=news_cin&c_id=cin Reds sign free agents Parra, Olivo
  28. ^ Cash Kruth (2013年3月29日). “Marlins agree to deal with catcher Olivo”. MLB.com. 2014年5月1日閲覧。
  29. ^ Marlins announce 2013 Opening Day roster”. MLB.com Marlins Press Release (2013年3月31日). 2014年5月1日閲覧。
  30. ^ Joe Morgan (2013年6月15日). “Olivo walks out, placed on restricted list”. MLB.com. 2014年5月1日閲覧。
  31. ^ Joe Morgan (2013年7月3日). “Marlins opt to designate Olivo for assignment”. MLB.com. 2014年5月1日閲覧。
  32. ^ Joe Morgan (2013年7月5日). “Dodgers, Giants make offers for Nolasco”. MLB.com. 2014年5月1日閲覧。
  33. ^ Dodgers select contract of Miguel Olivo from Triple-A Albuquerque”. MLB.com Dodgers Press Release (2014年4月30日). 2014年5月1日閲覧。
  34. ^ Olivo suspended for dugout fracas at Triple-A”. MLB.com (2014年5月21日). 2014年5月22日閲覧。
  35. ^ Miguel Olivo placed on suspended list”. MLB.com Dodgers Press Release (2014年5月21日). 2014年5月22日閲覧。
  36. ^ Dodgers release Miguel Olivo”. MLB.com Dodgers Press Release (2014年5月22日). 2014年5月23日閲覧。
  37. ^ Aaron Gleeman (2014年6月27日). “Ear-biting catcher Miguel Olivo has signed with a new team”. NBC Sports. 2014年8月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]