ディオーニ・ソリアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディオーニ・ソリアーノ
Dioni Soriano
HC-Dioni-Soriano20100521.jpg
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
生年月日 (1982-12-30) 1982年12月30日(35歳)
身長
体重
188 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年
初出場 NPB / 2010年5月26日
最終出場 NPB / 2011年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
プレミア12 2015年

ディオーニ・ソリアーノDioni Soriano , 1982年12月30日 - )は、ドミニカ共和国出身のプロ野球選手投手)。現在はフリーエージェント

なお、かつて広島に在籍したアルフォンソ・ソリアーノとは無関係である。

来歴[編集]

カープアカデミーで育成を受け、2006年にカープと提携する中国野球リーグ広東レパーズへ派遣されたのち、2007年1月に練習生としてカリダパチェコらと共に来日。2007年4月より四国アイランドリーグにパチェコと共に派遣され、2007年は高知ファイティングドッグス2008年長崎セインツ2009年は前期のみという条件で徳島インディゴソックスに所属し、0勝7敗ながら防御率3.83という成績を残した。アイランドリーグでの通算成績は87試合に登板して7勝18敗。

2009年7月28日広島東洋カープ育成選手契約を締結。その後はファームの先発ローテーションを任された。

2010年5月20日、支配下選手登録[1]。背番号は「125」から「99」に変更。10月1日、対戦相手の阪神タイガースが負ければ、マジック1の中日ドラゴンズが優勝するという試合で先発登板し、初勝利・完封。これにより中日の優勝が決まった。その後のヒーローインタビューでは通訳を伴わずに流暢な日本語を披露した。

2011年は、9月30日の対巨人戦で矢野謙次に満塁本塁打を打たれるなど一軍では振るわず、10月22日、球団から来季の契約を行わない旨が伝えられた。12月2日、自由契約公示された。

2012年統一セブンイレブン・ライオンズと契約したが、一軍出場と二軍出場もなかった。

2013年高陽ワンダーズに所属[2]

2014年10月には母国ドミニカ共和国ウィンターリーグでプレー。12月からはベネズエラのウィンターリーグでプレー。

2015年11月には第1回WBSCプレミア12ドミニカ共和国代表として出場。

プレースタイル[編集]

最速150km/hのストレートスライダーチェンジアップを軸とした変化球を投げる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 広島 10 8 1 1 0 2 3 0 0 .400 199 46.0 45 8 18 1 1 27 3 0 23 22 4.30 1.37
2011 8 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 101 24.2 15 3 10 0 0 12 1 1 11 10 3.65 1.01
通算:2年 18 11 1 1 0 3 4 0 0 .429 300 70.2 60 11 28 1 1 39 4 1 34 32 4.08 1.25

記録[編集]

初記録

独立リーグ(派遣)の成績[編集]

以下の数値は四国アイランドリーグplusウェブサイト掲載の各シーズン選手成績による[3]












































2007 高知 3.43 38 5 4 2 0 0 0 76.0 335 67 5 49 41 1 37 29
2008 長崎 3.57 30 2 7 2 2 0 0 93.1 408 82 3 66 51 4 49 37
2009 徳島 3.83 19 0 7 0 0 0 0 54.0 239 51 4 52 29 0 32 23
通算:3年 3.59 87 7 18 4 2 0 0 223.1 982 200 12 167 121 5 118 89

背番号[編集]

  • 26 (2006年)
  • 99 (2007年 - 2009年途中、2010年途中 - 2012年)
  • 124 (2009年7月28日 - 同年終了)
  • 125 (2010年 - 2010年途中)
  • 76 (2013年 - 2014年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]