ヨンダー・アロンソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨンダー・アロンソ
Yonder Alonso
オークランド・アスレチックス #17
Yonder Alonso on May 7, 2016.jpg
2016年5月7日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[1]
出身地 キューバの旗 キューバ
ハバナ
生年月日 1987年4月8日(29歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
250 lb =約113.4 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 2008年 ドラフト1巡目(全体7位)でシンシナティ・レッズから指名
初出場 2010年9月1日
年俸 $2,650,000(2016年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ヨンダー・アロンソYonder Alonso , 1987年4月8日 - )は、キューバ共和国ハバナ出身のプロ野球選手一塁手)。右投左打。MLBオークランド・アスレチックスに所属。

経歴[ソースを編集]

プロ入り前[ソースを編集]

キューバハバナに生まれ、9歳の時に家族でアメリカ合衆国フロリダ州マイアミ移住した[3]

2005年MLBドラフト16巡目(全体495位)でミネソタ・ツインズから指名を受けるが、入団せずにマイアミ大学に進学した。大学では1年目からチームトップの69打点を稼ぐ活躍でカレッジ・ワールドシリーズ進出に貢献し、2年目はアトランティック・コースト・カンファレンスの二冠王に輝いた。

プロ入りとレッズ時代[ソースを編集]

2008年6月のMLBドラフト1巡目(全体7位)でシンシナティ・レッズから指名され、交渉期限直前の8月15日に5年総額455万ドルで入団に合意した[4]

2010年9月1日ミルウォーキー・ブルワーズ戦で、ブランドン・フィリップス代打としてMLB初出場。

2011年は、47試合に出場して打率.330という高打率をマークした。

パドレス時代[ソースを編集]

2011年12月17日マット・レイトスとの1対4のトレードが成立。ブラッド・ボックスバーガーヤズマニ・グランダルエディンソン・ボルケスとともにサンディエゴ・パドレスへ移籍した[5]

2012年はパドレスの正一塁手として155試合に出場し、打率.273・9本塁打・62打点・OPS.741を記録した。

2013年、97試合に出場して自己ベストとなる6盗塁を決めた。

2014年3月3日にパドレスと1年契約に合意した[6]。出場試合数は2年連続で低下し、84試合だった。打率も大きく下げ、不振に陥った。

2015年1月16日にパドレスと年俸調停を回避し1年契約165万ドルで契約を結んだ[7]

アスレチックス時代[ソースを編集]

2015年12月2日ドリュー・ポメランツホセ・トーレス英語版及び後日発表選手[注 1]とのトレードで、マーク・ゼプチンスキーとともにオークランド・アスレチックスへ移籍した[9]

プレースタイル[ソースを編集]

1打席あたりの球数は2012年終了時点の通算で3.62で、MLB平均より少ないが、ストライクゾーン外の球に対するスイング率は通算29.5%とMLB平均より低い[10]。2012年は60以上の四球を選んでいる。

本職は一塁手だが、一塁に 主砲ジョーイ・ボットがいるため、レッズでは左翼手として出場することが多かった。パドレスに移籍した2012年は155試合中144試合で一塁手として出場した。

一塁手としては優秀な守備力の持ち主で、デビュー以降DRSUZR共マイナスになったことがなく、2013~2015のDRS合計は+25に達する。 一方で、長打率が4年連続4割を下回るなど、一塁手としては長打力に欠ける。

詳細情報[ソースを編集]

年度別打撃成績[ソースを編集]

















































O
P
S
2010 CIN 22 29 29 2 6 2 0 0 8 3 0 0 0 0 0 0 0 10 1 .207 .207 .276 .483
2011 47 98 88 9 29 4 0 5 48 15 0 0 0 0 10 0 0 21 2 .330 .398 .545 .943
2012 SD 155 619 549 47 150 39 0 9 216 62 3 0 1 4 62 9 3 101 14 .273 .348 .393 .741
2013 97 375 334 34 94 11 0 6 123 45 6 0 0 7 32 5 2 47 9 .281 .341 .368 .710
2014 84 288 267 27 64 19 1 7 106 27 6 1 0 3 17 1 1 36 8 .240 .285 .397 .682
2015 103 402 354 50 100 18 1 5 135 31 2 5 0 3 42 3 3 48 13 .282 .361 .381 .742
通算:6年 508 1811 1621 169 443 93 2 32 636 183 17 6 1 17 163 18 9 263 47 .273 .340 .392 .732
  • 2015年度シーズン終了時点

背番号[ソースを編集]

  • 77 (2010年 - 同年途中)
  • 23 (2010年途中 - 2015年)
  • 17 (2016年 - )

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 12月10日に同日シアトル・マリナーズからウェイバー公示により獲得したジャバリ・ブラッシュと発表されている[8]

出典[ソースを編集]

  1. ^ COLLEGE BASEBALL: Alonso a familiar face in Va.” (英語). The Daily Progress. 2011年11月22日閲覧。
  2. ^ Yonder Alonso Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月28日閲覧。
  3. ^ Roots run deep” (英語). ESPN.com. 2013年3月30日閲覧。
  4. ^ Joe Kay (2008年8月16日). “Reds sign top draft pick 1B Yonder Alonso” (英語). Associated Press. USATODAY. http://www.usatoday.com/sports/baseball/2008-08-15-2708179481_x.htm 2015年12月3日閲覧。 
  5. ^ Reds land Latos in five-player deal with Padres” (英語). MLB.com (2011年12月17日). 2015年12月3日閲覧。
  6. ^ “Padres agree to terms with 22 players on 2014 contracts” (英語). Padres Press Release. MLB.com. (2014年3月3日). http://m.padres.mlb.com/news/article/68636574 2015年3月4日閲覧。 
  7. ^ Corey Brock (2015年1月17日). “Padres avoid arbitration with seven players” (英語). MLB.com. 2015年12月3日閲覧。
  8. ^ Jeremy F. Koo (2015年12月10日). “Oakland A's lose 2B Colin Walsh to Brewers in Rule 5 Draft, sending Jabari Blash to Padres” (英語). Athletics Nation / SB Nations. Vox Media. 2016年3月16日閲覧。
  9. ^ Jane Lee (2015年12月2日). “A's acquire Alonso, Rzepczynski from SD” (英語). MLB.com. 2015年12月3日閲覧。
  10. ^ Yonder Alonso » Statistics » Batting” (英語). Fangraphs Baseball. 2015年12月3日閲覧。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]