デリン・ベタンセス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デリン・ベタンセス
Dellin Betances
ニューヨーク・ヤンキース #68
Dellin Betances 2015.jpg
2015年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市
生年月日 1988年3月23日(28歳)
身長
体重
6' 8" =約203.2 cm
260 lb =約117.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 ドラフト8巡目(全体254位)でニューヨーク・ヤンキースから指名
初出場 2011年9月22日 タンパベイ・レイズ
年俸 $507,500(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デリン・ベタンセスDellin Betances, 1988年3月23日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、MLBニューヨーク・ヤンキースに所属している。

経歴[ソースを編集]

ニューヨークマンハッタンワシントンハイツで生まれる。両親は共にドミニカ共和国からの移民[2]。10歳の時には、ヤンキー・スタジアムデビッド・ウェルズ完全試合を観戦していた[3]

高校卒業後はヴァンダービルト大学への進学が決まっていたが[3]2006年のドラフト8巡目(全体254位)でニューヨーク・ヤンキースに入団。契約金はコミッショナー推奨額を大きく上回り、8巡目の選手としては過去最高となる100万ドルだった[4]

2009年の後半戦に右肘を手術した。

2010年に復帰し、A+級タンパ・ヤンキースで防御率1点台と好投。終盤にはAA級トレントン・サンダーに昇格した。同年オフにはヤンキースの40人ロースターに加えられ[5]、「ベースボール・アメリカ」誌の有望株ランキングにおいて、球団内4位、マイナー全体では43位の評価を受けた[6]

2011年はAA級で21試合、AAA級スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースで4試合に先発し、合計4勝9敗、防御率3.70だった。9月22日タンパベイ・レイズ戦でメジャーデビュー[7]

2012年は開幕をAAA級で迎え、16試合に登板。6月下旬にAA級に降格し、38試合に登板した。

2013年5月10日にメジャー昇格。5月24日に故障者リスト入りしていたイバン・ノバが復帰したため、再びAAA級に降格した。

2014年4月26日ロサンゼルス・エンゼルス戦では同点の5回途中から登板し、2回を1安打無失点に抑え、メジャー初勝利を記録した[8]。前半戦は40試合に登板し、防御率1.46、WHIP0.70、55回1/3で84奪三振と好成績を残し、オールスターゲームに初選出された[9]が、登板機会はなかった[10]。9月14日の対ボルチモア・オリオールズ戦でシーズン130個目の奪三振を記録。マリアノ・リベラが96年に記録したリリーフ投手による奪三振数の球団記録に並んだ。130奪三振に達するまでにリベラは107回2/3を要したのに対し、ベタンセスは87回2/3のみであった。同月17日、対タンパベイ・レイズ戦で2三振を奪い、球団記録を更新した[11]。後半戦も30試合に登板して防御率1.30、WHIP0.78と高水準の活躍を続け、年間を通してリリーフエースとして君臨。基本的にはセットアップマンでありながら、チーム最多の70試合に登板し、その内半数の35試合で4アウト以上を奪うなど、ロングリリーフも頻繁にこなし、非常に貢献度の高い内容を見せた。新人王の投票ではホセ・アブレイユマット・シューメイカーに次いで3位に入った。

2015年は前半戦で41試合に登板し、防御率1.53、WHIP0.83、47イニングで77奪三振と好成績を残した。2年連続でオールスターゲームに選出され、7回裏に初登板を果たし、1イニングを無失点に抑えた。また、球団史上初となる、救援投手として2年連続100奪三振を達成した。最終的にはジャスティン・ウィルソンと並び、チーム最多(リーグ2位)の74試合に登板[12]。防御率1.50・6勝4敗9セーブ・84.0イニングで131の三振を奪い、2年連続で圧倒的なピッチングを見せた。10月6日のヒューストン・アストロズとのワイルドカードゲームポストシーズン初登板を果たしたが、1.2回を投げて1失点、1安打、1四球、4奪三振で、チームも敗れてしまった。

プレースタイル[ソースを編集]

2メートルを超える長身から投げおろす速球は、93 - 97マイル(最速100.4マイル、2014年8月2日計測)をコンスタントに計測しながら打者の手元で沈み、長打を浴びにくい。決め球は大きく落ちるスラーブで、2011年までのマイナーでの通算奪三振率は10を超えている。以前は球種がこの2種類のみであり、先発よりもクローザー向きと言われたこともあったが、現在はカッターチェンジアップも投げる[13]ブライアン・キャッシュマンGMは「彼の素材はエース級」と評している[3]

課題は制球力で、四球を連発して自滅するケースが目立つ。マイナーでは球の威力で押し通してきたが、メジャーで成功するためには制球力の向上が必要とされる[13]

鋭く曲がり落ちるスラーブは、ヤンキースで捕手としてボールを受けたブライアン・マッキャンからはカーブ、打者として対戦したピーター・ボージャスからはスライダーPITCHf/xによる判定ではナックルカーブと呼ばれるなど様々な呼称がつけられているが、ベタンセス本人はスラーブと呼んでいる[14]

詳細情報[ソースを編集]

年度別投手成績[ソースを編集]





















































W
H
I
P
2011 NYY 2 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 16 2.2 1 0 6 0 1 2 0 0 2 2 6.75 2.63
2013 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 26 5.0 9 1 2 0 0 10 0 0 6 6 10.80 2.20
2014 70 0 0 0 0 5 0 1 22 1.000 341 90.0 46 4 24 1 4 135 2 1 15 14 1.40 0.78
2015 74 0 0 0 0 6 4 9 28 .600 332 84.0 45 6 40 2 3 131 9 0 17 14 1.50 1.01
通算:4年 152 1 0 0 0 11 4 10 50 .733 715 181.2 101 11 72 3 8 278 11 1 40 36 1.78 0.95
  • 2015年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰[ソースを編集]

背番号[ソースを編集]

  • 68 (2011年、2014年 - )
  • 61 (2013年)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Dellin Betances Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年7月1日閲覧。
  2. ^ Kevin Kernan (2008年11月8日). “Betances On Fast Track To The Majors” (英語). New York Post. 2016年3月24日閲覧。
  3. ^ a b c Andrew Marchand (2011年2月20日). “From Bleacher Creature ... to Bomber?” (英語). ESPN New York. ESPN. 2016年3月24日閲覧。
  4. ^ Danny Wild (2011年3月3日). “Ten Questions with Dellin Betances” (英語). MiLB.com. Minor League Baseball. 2016年3月24日閲覧。
  5. ^ Chad Jennings (2010年11月19日). “Yankees add three to 40-man roster” (英語). The Lohud Yankees Blog. 2016年3月24日閲覧。
  6. ^ 2011 Top 100 Prospects” (英語). Baseball America (2011年2月23日). 2016年3月24日閲覧。
  7. ^ Bryan Hoch (2011年9月23日). “Pair of Yankees hurlers happy debuts in books” (英語). MLB.com. 2016年3月24日閲覧。
  8. ^ John Ryan Murphy, Dellin Betances lead Yankees past Angels”. ESPN (2014年4月26日). 2016年3月24日閲覧。
  9. ^ Andrew Krammer (2014年7月6日). “Jeter, Tanaka, Betances are All-Stars”. ESPN. 2016年3月24日閲覧。
  10. ^ Andrew Marchand (2014年7月15日). “Betances doesn't pitch in All-Star Game”. ESPN. 2016年3月24日閲覧。
  11. ^ Andrew Marchand (2014年9月17日). “Dellin Betances supplants Mo Rivera”. ESPN. 2016年3月24日閲覧。
  12. ^ 2015 New York Yankees Pitching Statistics”. Baseball-Reference.com. Sports Reference LLC. 2016年3月24日閲覧。
  13. ^ a b John Sickels (2011年7月20日). “Prospect of the Day: Dellin Betances, RHP, New York Yankees” (英語). Minor League Ball. Vox Media. 2016年3月24日閲覧。
  14. ^ TEAM REPORT & ALL INDIVIDUAL STATS MLB30球団レポート&全選手個人成績『月刊スラッガー』2014年8月号、日本スポーツ企画出版社、2014年、雑誌15509-8、66頁

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]