ホルヘ・ポランコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はパチェコ第二姓(母方の)はポランコです。
ホルヘ・ポランコ
Jorge Polanco
ミネソタ・ツインズ #11
Jorge Polanco (34448794360).jpg
2017年5月22日
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サン・ペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス
生年月日 (1993-07-05) 1993年7月5日(26歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 2009年 アマチュアFA
初出場 2014年6月26日 ロサンゼルス・エンゼルス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ホルヘ・ルイス・パチェコ・ポランコJorge Luis Pacheco Polanco, 1993年7月5日 - )は、ドミニカ共和国サン・ペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス出身のプロ野球選手内野手)。右投両打。MLBミネソタ・ツインズ所属。

愛称はチュロ[1]

経歴[編集]

2009年7月6日にミネソタ・ツインズと契約してプロ入り。

2010年に傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・ツインズでプロデビューし、18試合に出場した。7月からルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ツインズでプレー。34試合に出場して打率.223、1本塁打、12打点、2盗塁を記録した。

2011年はルーキー級ガルフ・コーストリーグでプレーし、51試合に出場して打率.250、1本塁打、16打点、6盗塁を記録した。

2012年アパラチアンリーグのルーキー級エリザベストン・ツインズ英語版でプレーし、51試合に出場して打率.318、5本塁打、27打点、6盗塁を記録した。

2013年はA級シーダーラピッズ・カーネルズでプレーし、115試合に出場して打率.308、5本塁打、78打点、4盗塁を記録した。オフの11月20日にツインズとメジャー契約を結び[2]40人枠入りした。

2014年はA+級フォートマイヤーズ・ミラクルで開幕を迎え、72試合に出場。打率.289、5本塁打、35打点を記録した。6月26日にメジャーへ初昇格し[3]、同日のロサンゼルス・エンゼルス戦でメジャーデビュー。9回裏に代打として出場し、四球だった[4]。6月27日のテキサス・レンジャーズ戦で、9回表にホアキム・ソリアからメジャー初安打となる2点三塁打を放った[5]。主に代打として4試合に出場し、打率は.400だったが、トレバー・プルーフエドゥアルド・ヌニェスが故障から復帰したため、6月30日にA+級フォートマイヤーズへ降格した[6]。メジャーでは5試合だけの出場だったが、記録した2安打はいずれも長打(二塁打と三塁打)だった。

2015年もメジャーでは4試合の出場に留まった。

2016年遊撃手で起用される機会が大幅に増え、69試合に出場。打撃面では打率.282。4本塁打、27打点、4盗塁という成績を残した。

2017年は133試合に出場して打率.256、13本塁打、74打点、13盗塁を記録した。

2018年3月18日に禁止薬物であるスタノゾロールが検出されて薬物検査違反で80試合の出場停止となった[7]

2019年4月5日のフィラデルフィア・フィリーズ戦(シチズンズ・バンク・パーク)で、「2番・遊撃」で先発出場し、初回の第1打席にフィリーズ先発のニック・ピベッタから中越えの三塁打を放つと、3回の第2打席で中前安打。2-6と4点を追う5回には先頭打者として右翼スタンドに飛び込む第1号ソロ本塁打を放ち、そして7回にも先頭打者として打席に立ったポランコは、フィリーズ2番手のアダム・モーガンから左翼線への二塁打を放ち、サイクルヒットを達成した。ツインズではフランチャイズ史上15度目。1961年に本拠地をミネソタに移してからは11度目となった。また、この日ポランコは5打数5安打1打点を記録。1試合5安打はポランコ自身のキャリアでも最多で、サイクルヒットとともに5安打を記録したのは1929年ジョー・クローニン以来、フランチャイズ史上2度目の快挙となった[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 MIN 5 8 6 2 2 1 1 0 5 3 0 0 0 0 2 0 0 2 0 .333 .500 .833 1.333
2015 4 12 10 1 3 0 0 0 3 1 1 0 0 0 2 0 0 1 0 .300 .417 .300 .717
2016 69 270 245 24 69 15 4 4 104 27 4 3 2 3 17 0 3 46 3 .282 .332 .424 .757
2017 133 544 488 60 125 30 3 13 200 74 13 5 7 6 41 1 2 78 7 .256 .313 .410 .723
2018 77 333 302 38 87 18 3 6 129 42 7 7 3 1 25 0 2 62 5 .288 .345 .427 .773
2019 153 704 631 107 186 40 7 22 306 79 4 3 2 7 60 2 4 116 11 .295 .356 .485 .841
MLB:6年 441 1871 1682 232 472 104 18 45 747 226 29 18 14 17 147 3 11 305 26 .281 .339 .444 .783
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁(2B) 三塁(3B) 遊撃(SS)




































2014 MIN - - 4 3 6 0 3 1.000
2015 - - 4 3 12 2 2 .822
2016 5 9 14 1 3 .958 9 2 17 3 2 .864 47 50 128 11 26 .942
2017 - - 130 154 335 18 70 .964
2018 - - 76 90 172 13 42 .953
2019 - - 142 141 343 22 57 .957
MLB 5 9 14 1 3 .958 9 2 17 3 2 .864 403 441 996 66 200 .956
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 11(2014年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Twins Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月30日閲覧
  2. ^ Twins add four players to Major League roster”. MLB.com Twins Press Release (2013年11月20日). 2014年7月17日閲覧。
  3. ^ Twins recall infielder Jorge Polanco”. MLB.com Twins Press Release (2014年6月26日). 2014年7月17日閲覧。
  4. ^ Scores for Jun 26, 2014”. ESPN MLB (2014年6月26日). 2014年7月17日閲覧。
  5. ^ Scores for Jun 27, 2014”. ESPN MLB (2014年6月27日). 2014年7月17日閲覧。
  6. ^ Twins reinstate Plouffe from dl, return Nunez from rehab and reinstate from dl”. MLB.com Twins Press Release (2014年6月30日). 2014年7月17日閲覧。
  7. ^ Daniel Kramer (2018年3月18日). “Polanco suspended 80 games for PEDs” (英語). MLB.com. 2018年3月19日閲覧。
  8. ^ ツインズ、ポランコが今季MLB初サイクル安打 快挙達成&5安打はフランチャイズ史上2人目” (日本語). ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). 2019年6月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]